〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「鎌倉御殿フラワー」(小名浜)

by 黒川洋介氏


 こんにちは。初めての小名浜です。
 勝太郎さんと風船工場長さんが企画された水戸・いわきの旅が無ければ、同じお風呂でもハワイ○ンズではなく、小名浜のソープに来ることはなかったと思います。きっかけを作ってくれたお二人には、あらためて感謝いたします。
 当日の午前中は、日村さんの車に乗せてもらい、水戸の台風被害地を経由しておすすめのスタミナラーメンのお店に案内頂き、お店奥のテーブル席を独占してランチ。その後、会長と日村さんとは、水戸駅でお別れして、3名でお昼の特急でいわきを目指しました。

 一週間ぐらい前から、何処に行くか、かのレジェンド「フェルメールでございます」氏のレポートを参考にしながら、お店のホームページを眺めていました。すると、風船の絵文字に×が付いている女の子のプロフィールが並んでいるお店があります。風船工場長さんが出禁になっていると感動したのはココだけの話です。
 意味が思いっきり分かり易いので、行ってみたいとお二人にお願いしたところ、小名浜に直行を快諾。泉駅で下車して、タクシーで小名浜ソープ街を目指します。
 タクシーを降りたら勝太郎さんの案内でお店に向かいます。行くまでは、ソープ店が並んでいる風景を想像していたのですが、イオンモールが直ぐ側にある住宅街の中に、お店は点在しておりました。

報告対象
・日時:2019年11月上旬
・業種:ソープランド
・店名:鎌倉御殿フラワー
オフィシャルサイト
 風船マークについてはこちらのサイトの女の子一覧です。
・電話:0246-52-1232
・時間:60分
・支払:入浴料8,000円+サービス料10,000円

遊んだ結果 ★が得点

【お店】★★★☆☆
 老朽化して廃墟一歩手前の風情のあるビルの1階にお店がありました。
 お店まで案内してもらい、玄関入って右側の窓口で女の子を写真指名で決めるまで見守ってくれたお二人とは、ここでお別れです。
 待合室に案内されると、同士がお一人居ました。それほど待つこと無く呼ばれて、廊下の先で女の子とご対面です。どうやら写真は奇跡の一枚だったようです。女芸人のオ○リナに似ています。
 奥にお風呂場が広く置かれた部屋です。経年劣化は如何ともしがたいですが、それなりに綺麗に維持されているようです。よく思うのですが、大衆価格のソープ店のベットはどうしてシングル幅でしかも短いのでしょうか。ほとんど重なっているので、幅は狭くても良いのかも知れませんが。お風呂場はマットが余裕で敷ける広さが確保されています。

【女の子オキニ度】★★☆☆☆
 セルフで服を脱いで駕籠に入れます。身体をちゃっちゃと洗ってもらったら、湯船に浸かって彼女も入って来ましたが混浴しただけです。
 渡されたバスタオルで身体を拭いて、ベットプレイの開始です。ちなみに、60分では、ベットかマットかのどちらかしかできないので選んで下さいと、服脱ぐ際に宣言されたので、ベットをお願いしていました。
 プレイ自体は、私のテクニック不足と女の子の気怠げな雰囲気で盛り上がりに欠けたので、体験レポなのに省略させてもらいます。ただ、防具を使わずに自然体だったので、彼女のやる気の無さには関係なく、気持ちが良かったことはご報告致します。
 飲み物をもらって一息ついた後、ささっと身体を洗ってもらったら、時間が少し余っていたので話をしてから部屋を出て、バイバイとなりました。

【総評】★★★☆☆ moderate
 個人的には、小名浜は、なかなか遠征できる場所ではありません。でも、この価格帯で、自然体のプレイ可能な女の子を指名できるお店があること考えると、いわき市に行く機会があれば、スケジュールを調整して、デリヘル呼ぶか訪れるかの選択肢に入れても損は無いと思います。

 この後、いわき・ら・ら・みゅうでお土産を買って、勝太郎さんと風船工場長さんといわき駅までバスで移動して、懇親会。楽しい時間をありがとうございました。次に行く機会が訪れるかは分かりませんが、有名な海鮮丼を食べてみたいと思います。
 以上、乱文で申し訳ありませんが報告致します。
 Satisfaction depends upon ourselves.

 運営諮問委員長 黒川洋介 (R02.01.05)
トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, KY氏(H31.01.03) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜