〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「PREMIUM CLUB」(那覇)

by とも氏


〇利用時データ
【レポaz354
【業種】ソープランド
【店名】PREMIUM CLUB(プレミアムクラブ)
【場所】沖縄県那覇市辻2-19-20
【電話】 098-953-6408
【営業時間】8:00-24:00
【HP】http://hptop.jp/premiumclub/
【選択コース】80分
【支払い料金】¥27,000
【調査日】2018年5月夕方

〇評価
【お店に関して】
 那覇市辻におけるソープランドの大衆店。嬢によるが濃厚なサービスコースも用意している。

【スタッフ】
 来店前に電話で問い合わせたが非常に丁寧な対応、また利用時も特に問題は無く、普通に丁寧な接客だった。

【女性】
 20代中盤と思われるウチナー嬢で容姿ともに私好みで、おわん型のバストも魅力的だった。しかし私が好む恋人プレイでは無く、サバサバした内容で、脱衣もセルフだったので満足度はいまいちかな。

【部屋】
 ベッド幅はプレイに支障が無い程度で、浴室もマッ〇が置けるほどの広さ。しかし浴槽は浅く、混浴プレイは楽しめない。

【満足度】
 かわいいウチナー嬢と対戦できたことに感謝。

【分料金】
 27,000円÷80分=337円/分

〇那覇合同調査参加まで
※長いので興味の無い方は飛ばして読んでください
 ある日の事、日ピン研会員の中で私が初めてお会いした会員である勝太郎さんよりとある案内が届きました。
「那覇で初めての合同調査を行います」

 沖縄県では過去に幾度もプチ合同調査や懇親会は行われているが、今回は初めての正式合同調査になる。大事なことなので三回言おう、初めての合同調査、初めての合同調査、そう初めての合同調査なのだ。

 しかし、その日は仕事の予定。でも逝きたい・・・いや行きたい、参加したい・・・。そう考えた私は,会社の人に頼み込み休みを代わってもらうなど調整を行い参加を表明。残念ながら調整は調査日だけだったため、日帰りでの参加となってしまった。でも、参加できただけでもよしとしよう。

〇そして当日
 羽田空港に7:00、私と同じ紅組修行僧であるcassisさんと待ち合わせをしました。cassisさんは緑色だが私は黒光りなので、その威力を発揮しcassisさんをDPラウンジへご招待。おにぎりやパンを食べながらビールで乾杯し、酔っぱらったまま搭乗します。

 予定より若干遅れたものの那覇空港には無事に到着。到着ロビーへ向かうとお久しぶりのミニクロさんと合流。そして、もう間もなくあの方が到着ということで,お手製の「めんそ〜れ おきなわ 歓迎 総務部長」のポップを掲げ出待ちしていると,我が会の総務部長、こちらもお久しぶりの風船工場長さんとがやってきて、4人はそのままタクシーに乗り込み集合場所のステーキハウス88辻本店へと向かいます。
※歓迎ポップ 風船さんは喜んでいただけたのか・・・とても心配です(笑)

〇ステーキハウス88で昼食
 入店するとすでに参加者の方々が昼食を取り終えていたようで,入れ替わるように私たちが着席し、ステーキを堪能して店を後にします。ちなみにサーロインステーキを食べました。

〇大人の修学旅行
 今回の合同調査の目的の一つが「辺野古視察」。
 もちろん希望者のみの視察であるが、私も参加を表明し現地へと向かいます。
 多くは語らりませんが、実際にこの目で現状を見れて本当に良かっと思います。テレビから映し出されるものと実際に目で見たものでは違いますからね。とくになんとかタイムスとか・・・。

 それはそうと辺野古へ向かう途中に立ち寄ったサービスエリアで,日村さんがベリンダさんをスマホで撮影していました。直接は恥ずかったのか、ソフトクリームを撮るふりをして何枚も・・・(笑)そんなに好きなら「抱かせてくださいと言えば?」と言おうかと思いましたが「ともさんを地雷店に・・・」と常日頃呟いている日村さんですから,何をされるかわからないので黙っていました。

 また車中ではゆうすけメンバーが隣でした。なぜメンバーなのか・・・、それは主務である勝太郎さんの会務報告を見ていただけたらと思いますが、とにかくメンバーなのである。たぶん、年末の人事異動では「大阪支部長」から「メンバー」という役職になるのではと少し期待をしております(笑)
 ちなみにメンバーとは流派が同じなのですが、「師匠を首に・・・」とか言っていたような気が(笑)

〇こっから本題
 辻に戻ってきた我々はホテルにチェックインする者、そのまま調査へ向かう者と様々です。私はというと当初、YESグループ店舗の調査を考えておりました。
 何故YESなのか・・・、YESと言えば某クリニックであります。その院長先生のTwitterを見るようになり、その考えにある程度共感しているからなのかもしれません。なので、「那覇でもYES!」と参加表明時から調査店を発していたのですが,一斉に「NO!」と言われ、あみだくじで突入店を決められてしまい、今回の突入店になった次第です。

 さて、そのまま辻に残った面々、当日はそこそこ暑く、みなのどが渇いておりました。
 呼び込みのお兄ちゃんや情報屋のおばちゃんに「喫茶店はどこ?」と尋ねるも答えは「NO!」この辻には喫茶店が無いようですね。
 仕方が無いのでそのまま歩き回り、ちらほらと面々は突入していき、私もそろそろということで入店することにしました。

〇入店
 店前に呼び込みのスタッフがいたので予約していた旨を伝えると店内に入り、入口でスリッパに履き替え、待合室へと案内されました。
 待合室は横長で、2〜人かけのソファが4脚並べており、前面壁にはテレビ、風俗案内雑誌や漫画本が少々置いてありました。
 ソファに座るとグラスにてさんぴん茶を持ってきてくれ、予約とお相手嬢の確認をし、前述の料金を支払い、そしてトイレを拝借,トイレは昔の学校や役所にあるようなもので、設備は古いものでした。
 トイレを出た私は案内時間までさんぴん茶を飲みながら待つことにします。

〇案内
 どのくらい待ったかわかりませんが、ようやく案内となりました。
「2階に女の子がおりますので・・・」とスタッフが言うので階段を上っていくと,そこにはうちなー顔のかわいらしい女の子がおり、「こちらです」と部屋へ案内されました。

〇まずは雑談
 ベッドに座り、挨拶そして雑談をします。
 部屋は薄暗く、ベッドはプレイに支障が無い程度に広くセミダブルくらいかな。浴室はマッ〇がおけるほどの広さでした。

 さて、今回のお相手嬢・・・Lちゃんとしましょう。
 うちなー顔の小柄で普通体型よりちょっと痩せている感じの子ですね。会話もまずまずなので、プレイが楽しみかな・・・ってこの時は思いました。

〇お風呂
 Lちゃんから「お風呂に入ろっか、服はこのかごに入れてね」とかごを渡されました。「は・・・い」と答えましたが、脱がしてはくれないのね。これで今日の満足度は低いものになるなと確信をしました。
 でも、Lちゃんの裸は良かった、今からあのおわん型のおっぱいを弄れるのかと思うと興奮する私がいました(笑)

 セルフ脱衣で浴室へ、身体を丁寧に洗ってもらい、
 浴槽へ・・・、しかし浅い・・・しかもLちゃんは入ってこない・・・(涙)一人でお風呂に入りながら歯磨きをし、マッ〇の準備をするLちゃんを見つめていました。

〇マッ〇
 マッ〇は下手でした。
 基本的なプレイの後に防具服着用でちょっと一緒になり終了しました。

〇ベッド
 ベッドへ移行し、まずは先手を取らせてもらいます。
 キスをしておっぱい揉み揉みして、クンニ&指入れで逝ってもらいます。そして、本格的攻めていこうかと思った瞬間、「じゃ、交代ね」と言われ攻守交替。
 仰向けに寝転んだ私に覆いかぶさりキス、乳首舐め、フェラへと移行しふたたび防具服着用で騎乗◯◯。座位→正常位へと体位を変えていきとりあえずフィニッシュしますが、あまり余韻を楽しませてもらえず、ここでも若干不満が残ります。

 残り時間もわずかのようなので、シャワーで汚れを落とし身支度を整え,部屋を出る前に抱きしめてキス、別れ間際にもう一度キスをしてLちゃんとお別れし、スタッフに見送られ店をあとにしました。

〇感想
 スタッフの対応は問題なく、特に電話対応はばっちりでした。お相手のLちゃんも容姿共に私好みで良かったのですが、プレイ内容がサバサバしたもので、私が好むようなものではなかったのが残念。ソープ嬢にありがちな決まった流れを淡々とこなす、主導型といった感じです。それが無ければ裏を返しに沖縄へ・・・だったんですけどね。

〇その後
 店を後にすると、なんとヤンさんが出待ちしてくれていました。
 ヤンさんと話をしながら旭橋駅に向かい、ヤンさんとお別れ。日帰り弾丸ツアーの私はモノレールに乗り込み空港へ向かい,ラウンジで出されているパンとスープを夕食代わりに食べ機上の人となりました。

〇最後に
 那覇合同調査に参加されました皆さん、その節は大変お世話になりました。日帰り弾丸、中座する失礼をしてしまいましたが,とても楽しいひと時を過ごすことができました。

 特に初めましてのオレンジさんや不死鳥さん、弥生庁長官さんとお会いできたのが何よりうれしかったです。ノスさんとはタイミングが合わずお会いできませんでしたが、会にいればいつかはお会いできると思います。

 最後に主務を務められた勝太郎さん、そして会長には心より御礼を申し上げます。
 それでは、また・・・。

 会長付属調査隊長 とも (H30.06.16)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜