〜©日本ピンサロ研究会〜

ピンサロ「LEG AFTER NEXT」(鹿児島)

by 古賀氏


 皆様こんばんは。福岡の古賀でございます。
 中洲のyesグループに突撃した後に,カレーを食べた後は南下してみました。
 そんなこんなで夕方前に天文館に到着、チェックインしたら直ぐに行動開始です。
 前回訪問時に開いていなかった店舗の店頭までいってみると看板が出ています。少しネーミングに変更が。これはチャンスと即入店致しました。
 以下、突入店舗で御座います。

店名:LEG AFTER NEXT
(現 LEG AFTER HEAVENS)
業種:ピンサロ
住所:鹿児島県鹿児島市山之口町8-26細山田ビル 2F
TEL:099-219-2858
HP:https://legafternext.wixsite.com/leg-next/
金額:30分5k
日時:7月下旬

 ビルの2階、前回は固く閉ざされた扉でしたが,今回は普通に扉は開き入店。若い地元の男性店員氏のお出迎えです。やる気は,暑さのせいなのかあまり感じられないのですが、言葉遣いは丁寧です。
 写真指名をお願いするとこの時間は1人しかいないんで,5kで大丈夫とのこと、かなり正直です。
 料金を支払うと10分ぐらい待ちありますとのことで了承し、とっちらかったバーカウンター風待合室兼受付の空間で時を待つことに。トイレを途中お借りしましたが,天文館界隈の他のピンサロと大差ありません。鹿児島訪問時の私の過去の体験が良いだけに、この分だと嬢もたぶん大丈夫だろうと根拠の無い自身は何故かありました。
 時間通りに前客の初老の方が『良かったぁ』と一声言われて退店され、程なくして最奥のソファーシートにご案内です。

 プレイルームは以前訪問したエンジェル、ナチュラルと同様の作りで,嬢が言うには風営法でソファーベッドの高さが決まってるんだとか。そうそう、既に嬢がソファーベッドにスタンバってました。おじぃちゃんとは別の場所であって欲しいと少しや思いましたが『断固たる決意』で臨むことにしました。

 薄暗い空間の中、嬢のスペックをチェックします。ルックスは少しボディに油断がある模様ですが、ゆるふわ系でフェイスはいたって普通ですが,南国漂う話口調で癒し効果抜群、いつものごとくツボに入ります。
 少し横に座ってトークですが,嬢からしたら私の喋り方が珍しいのか、それはお互い様でしょとのトークで和みます。

 ころあい見てkを試みるとDKで応えてくれ、これを皮切りにプレイスタートです。
 DKから嬢のLip攻撃のスタート、これは即の展開なのか?前客はおじぃちゃんだったよね確か?と若干の不安と期待が混在したカオスな時間でしたが、○首なめをしながらおしぼりで私の本丸をふきふき。あなた、お顔とは裏腹に手慣れてますやん!と思いながらスムーズに嬢のお口がロックオン、Fのスタートですが『左手はそえるだけ』の基本に忠実な深めのストロークに早くもテンションMAXに追いやられます。このままあきらめては早くも『そこで試合終了ですよ?』との言葉が頭をよぎりましたので,私の申し出で『○○○○がやり(し)たいです』と主張すると、ゆるふわな嬢の豊満な部分を堪能させて頂き、最後はパイ○りされながらお口にフィニッシュ。しかも最後まで吸いだすやつで,今回も南国の地、鹿児島で悶絶させられました。あなたかなりやりますやん!

 以下、僭越ながら評価で御座います。

店舗 2 ★★☆☆☆
 受付兼待合スペースは整理整頓したらそれなりの空間になると思いますが、そんなことは要らんお世話なのかもです。天文館界隈のピンサロに似た感じです。

店員 2 ★★☆☆☆
 待ちの間は携帯ゲームをしていてやる気は無いものの,受け応えは敬語で丁寧。店番をしてるって感じで何か憎めない方でした(笑)。

嬢 4 ★★★★☆
 おそらく20代後半の方で《モデル・スリム・普通・ちょいポチャ・ポチャ》の中で言うならちょいポチャ、色白巨乳さんでした。南国トークで癒し効果抜群、母性を感じました。プレイも奉仕というか全てを包み込んでくれるかのごとく、かなり満足でした。

総合 4 ★★★★☆
 数時間前に発砲していたにもかかわらず、嬢のテクニックと相性なのか、かなりあっさりフィニッシュ。5kでしたがかなりの満足度でした。

 退店後は少し休もうとホテルに帰還。うとうとしてしまい案の定、寝おちをかまして起きれば22時…。明日のデリの予約を済ませ,再び天文館を徘徊。天文館ど真ん中に○923が進出する模様で開店準備を進められておりました。
 天文館の中心スポットとしてはもってこいの目立つ場所だなと思いながら,定番ラーメン店でお腹を満たし、この日は素直にホテルに戻りました。

 以上、長文且つ駄文、失礼致しました。

 九州北支部長 古賀 (H30.08.15)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜