〜©日本ピンサロ研究会〜

ピンサロ「マイライフ」(大宮)

by 日村京介氏


お店:My life(マイライフ)
(現 メモリー
業種:ピンサロ
HP:http://oomiya-mylife.com/
調査費用:30分5000円

 こんばんわ、ヒムラックこと日村京介です。
 大宮のピンサロでなかなかの好結果だったので、帰ろうと思いましたが、もう1件見つけちゃったんです・・・。
 元々「にゅーJANJAN」だった場所が変わってました。
 ここは、当会のレポートでもB専な方しか満足してない場所です。
 伝説の「オカメムーミン」は存在するのかと思いながら、スマホでHPを確認すると、「オカメムーミン」は誰なのか分かりませんが、女の子の写真は「センターポジション」の女の子が並んでました。

 詳しく調べると、「にゅーJANJAN」のHPは無く、「センターポジション」のHPは機能してないので、現在大宮のピンサロは先程行った「ラブメイト」と「My life」の2件だけか・・・と思いました。
 この2店舗が共に9月1日オープンとHPで書いてあるので、何かの大人の事情が絡んだ結果となった訳ですかね・・・。
 そんな事を考えていると、1日で大宮ピンサロ完全制覇が出来てしまうという、変な責任感が芽生えて入店です(笑)

「ひとり思い入れに酔えば心むなしすぎて FAR AWAY・・・♪」

 ボウイ氏の対応はまずまずで、女の子のレベルは大塚並みにしんどそうだったので、指名料を支払うのもアレなので、フリー上等です!!
 料金を支払い店内へ移動です。
 奥の方のシートへ通されて待っていると、すぐに女の子がやって来ました!!スレンダーな30代半ば〜後半のお姉さんでした。この細身なスタイルで伝説の「オカメムーミン」では無かったので一安心です。

 女の子に下半身のみ裸のピンサロスタイルになるように言われ、アンダーレスになると、簡単に拭かれて女の子は対照的にトップレスになりました(笑)
 スレンダーで推定Bカップのおっぱいは全く張りも無く、なかなかの年代物でした・・・。

「やけにさえない日だz ブルージーNIGHT・・・♪」

 軽くキスをしてプレイボウイです!!
「KISS ME その唇・・・逃がさない」
小鳥さんチュッチュで簡単にキスが終わり、そのままフェラチオです!!

「夢を振り返れば はるかかなた 戻り道さえありゃしない・・・♪」

 フェラチオが上手ではありませんが、何とか勃起に成功して、女の子は自分のペースでフェラチオをするのでした。
 こちらからの攻めですが、おっぱいは張りが無い、貧乳の為、皮を触っている感覚があり、触れる事に飽きてしまいました。。。
 今度は女の子の尻を触ろうとして、背中から尻に向かって、手を伸ばしますが、背中に汗をかいてたので断念・・・。ベイビーを触れられるような態勢にならないので、「あっちのほうはインテリジェンス」なのかは不明です。
 仕方なく、日村からの攻めは諦め、目を閉じて瞑想の時間に入ります!!

「THIS MOMENT THIS MOMENT THIS MOMENT・・・♪」

 この後、食事を某喫茶店か某ラーメン屋か某カレー屋で取ろうと考え始めたら、ますます迷ってしまいました・・・orz
 その間、女の子はフェラチオをしてましたが、テクニック不足で発射まで至らないと考えていると、ますますどん底へハマって行きます(笑)

「THIS MOMENT THIS MOMENT THIS MOMENT MOMENT MOMENT・・・♪」

 残り時間が少ないのか、女の子は先っぽだけをぺろぺろして、手コキを開始です!!時間が迫るとピンサロ嬢が良くやるアレです!!
 手コキでイキそうになり、その旨を伝えると、高速手コキです!!女の子は発射と同時に口の中に入れて、無事に口内発射完了です!!
 よくあるピンサロ嬢の動きに万国共通を感じながら、処理をしてもらってお別れとなりました。

 THANKS.

 今回はサービス地雷ポイント対象外とさせていただきます。

 では今回の評価は

<女の子容姿>★★
 30代半ば〜後半の主婦っぽい子でした。
<女の子性格>★★
 あまり会話が無い子でした。
<女の子スタイル>★★
 スレンダーでしたが張りがありませんでした。
<サービス内容>★★
 なんとか発射となりました。
<設備>★★
 大塚のようでした。
<ボウイ氏>★★★
 特に問題はありませんでした。
<CP>★★
 今回の5000円は高く感じました。大塚、巣鴨の3000円ピンサロのようでした。
<総合>★★
 店内には見た目が良さそうな女の子も居ましたので女の子次第で結果が変わりそうなお店ですね。今回の内容だとこの評価が妥当かと思います。

 東日本本部長 日村京介 (H29.10.13)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜