〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「WELCOME」(西川口)

by 日村京介氏


お店:WELCOME(ウェルカム)
業種:ホテヘル
HP:http://www.welcome-nk.com/
調査費用:45分8000円

 こんばんわ、ヒムラックこと日村京介です。

 西川口で以前から気になるお店がありました。風俗密集エリアでも駅から一番遠い場所(ソープランド白夜の隣、東横INNの向かい側)にあり、以前,そこを通ると過激な発言をするボウイ氏が声をかけてきましたが、HPすら見つからないお店でした。
 店名で検索をかけると、HPを発見したので、電話をかけると、このお店で間違いは無さそうです。

 休日に西川口へ車を走らせ、コインパーキングに車を駐車して、お店に向かいます。
 お店に到着して、ボウイ氏に写真を見せて貰うと、年齢も20代から40代と凄い事になってます(汗)料金もフリーだと40分8000との事で、初回という事で、お試し的なそのコースを選びます!!
 料金を支払い近隣のホテルにチャックウィルソンして、女の子を待ちます。

 20分程度待って、女の子が到着して、ドアを開けてご対MENです!!
 ドアを開けると、中肉中背のおばちゃんが立ってましたorz

「あきれちまうz まるきりタイフーン・・・♪」

 その、おばちゃん氏を部屋に入れると時間もあまり無いので「シャワーに行くよ」と言われ、お互い裸になります。
 おばちゃん氏の体は重力には逆らえず、全体的に垂れていて、推定Cカップのおっぱいも、張りがありません・・・。シャワーを浴びてコロンを叩きます!!簡単に主要部分だけ洗って、部屋に戻りました。。。

 部屋に戻ると、時間の問題や好みの問題等があり、当然こちらからは攻める事は無く、目を閉じて仰向けで寝ます。
 日村が寝ると、おばちゃん氏は日村の上に乗って「キスして良いですか?」と聞いてきたので「ダメです・・・」と答えました。
 そのまま、おばちゃん氏は日村の乳首をペロっと舐めながら、手コキで勃起させようとします。。。

「心も体もバラ売りしてさ・・・♪」

 なんとか半勃起まで成長すると、Gを被せてフェラチオです!!安いからゴムフェラなんだと思いながら、おばちゃん氏のプレイを見ていると、おばちゃん氏はいきなり騎乗位ではじまりました!!おばちゃん氏に身を任せます!!

「ずっとそんなじゃいつかはくるz しっぺ返し ・・・♪」

 ある程度、硬度が上がって来たところで、おばちゃん氏から攻守交替を告げられて、正常位の態勢に変わります!!当然、目を閉じ、石原さ○みさんを妄想しながら、頑張る日村です!!時折、体に触れると現実に戻されるので、触れずに腰を振って、何とか発射させて頂きました!!
 すると、おばちゃん氏は「シャワー行こう」と言って再び簡単に洗って貰い、洋服を着てお別れとなりました。
 プレイ時間は30分程度で若干の時短でしたorz

 THANKS.

 レポートでは分かりにくい、サービス地雷ポイント!!
 サービス地雷ポイント(各10ポイント)

@シャワー前の脱衣がセルフだった。
・セルフでした。
Aプレイ前のシャワーでの洗体(部分のみ、うがい無し、一人で洗った等)
・部分のみの洗浄でした。
Bプレイ前のシャワー後の体拭きがセルフだった。
・セルフでした。
C基本プレイの拒否。
・何が基本プレイか分かりませんでした。
D攻めて痛いか言われた。
・問題ありませんでした。
E女の子の体臭(口、性器、ワキガ等)
・問題ありませんでした。
Fプレイ後のシャワーでの洗体(部分のみ、うがい無し、一人で洗った等)
・部分のみの洗浄でした。
Gプレイ後のシャワー後の体拭きがセルフだった。
・セルフでした。
H時短(飽きての逆時短も含む)
・若干の時短でした。
I部屋を出る際に靴が揃ってなかった。
・揃ってませんでした。
※点数が高い程、サービス地雷だった可能性あり!逆に点数が低い程、良嬢、良店だった可能性大!!
<サービス地雷ポイント>
@+A+B+C+F+G+H+I=80ポイント
<サービス地雷度総評>
 短時間で良かったと思いました。

 では今回の評価は

<女の子容姿>★
 40歳位の近所のおばちゃんって感じでした。
<女の子性格>★
 性格がハッキリしてて凄かった。
<女の子スタイル>★
 重力には勝てなかった・・・。
<サービス内容>★
 ちょんの間のようでした。
<設備>★★
 近所の安いホテルでした。
<ボウイ氏>★★
 会話は問題ありませんでした。
<CP>★
 安いとは思いましたが、40分8000円なら箱ヘルの選択もあると思いました。
<総合>★
 ただ抜くだけならありかも知れませんが、ホテルまで行ってと考えると無しだと思います。

 東日本本部長 日村京介 (H29.04.13)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜