〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「Aneje 池袋店」(池袋)

by ひゃくさん氏


 日ピン研ご覧の皆さまご機嫌よう、神奈川県在住のひゃくさん(103)と申します。
 ちょっとだけ早上がりができた平日の夕刻、出張先から直帰して向ったのは池袋。
 私の備忘録も兼ね逝ったら投稿の精神で提出させて頂きます。暫時お付き合い頂ければ幸甚でございます。
 という事で、本日のお店は此方

店名:ANEJE〜アネージュ池袋店〜
業種:人妻ホテヘル
電話:03-5927-1537
料金:9k、50m ホテル2k
HP:http://www.ik-aneje.biz/
スマホ:http://smart.ik-aneje.biz/
調査時期:1月下旬 夕刻に19

 相変わらず長時間労働が続いており、心も身体も疲弊しきっている時、都内出張ですが直帰できるタイミングがありました。スマホ開いてメルマガチェック、CP重視の人妻店か、疲労を癒す人妻店か、まぁ落ち着いた方を求めてとりあえず池袋に移動です。

 まずはCP重視のいつもの人妻店へ、カウンターで写真を見てもピンときません。お礼を言って退出。今度は癒しを求めて当該店へ、場所はサイトでもわかりやすく説明されておりますがちょっと距離があります。

 店舗の入口扉は解放されており、店員は2名、1名は同志を接客中でもう一方に初めての旨伝えます。
 椅子に座ってコースなどの説明を始めるとすぐ電話に応答、店舗案内で暫く放置、終話後の接遇開始もすぐ電話に応答、1度ならずも2度までも...これはいけません。目前の客放置にも程があります。沸点の低いきょ…なら、咥えタバコで悪態ついて店舗を後にしたとこでしょう。JJIの私は我慢できましたが。(?_?#)嘘です。もう少しでした。
 もう1人の店員氏の接客が終り、担当が変わります。イベントを申告し上記費用を支払、フリーにて発注です。店員氏に安価なホテルを予約いただき、店舗を後にします。
 1分程でホテルに到着、料金を支払いチェックインしますが、部屋は狭くて、ベッドマットは型崩れ甚だしいボロい作りです。値段相応でしょうか。

 店舗連絡後にいつものルーチン、嗽・手洗い・歯磨きです。準備万端整えた頃扉がノックされ、扉を開けて嬢を迎え入れます。
 挨拶の後、店舗に電話、最低限の受答えで完了。早速いつものDKをしてみますと、しっかり受けてくれます。服の上からですが胸への愛撫も気持ちよさそうです。しかし、直ぐに我に返った嬢はシャワー利用を言ってきます。ちょっと残念でしたがそれに従い、お互いセルフで脱衣しシャワーに移動します。
 シャワーではしっかり洗っていただきイソ嗽とグリンス洗浄もあり衛生面でも問題ありません。ほぼ一緒に上ってセルフで吹上げ、ベットに移動します。
 ベットでは当方先攻で攻め込みます。T房、T首を優しく愛撫するとお互いさっきの欲情が蘇ってきます。そっと下腹部に手をやるとあっちの方はインテリジェンスになってます。胸から下腹部に舌を移動し92です。陰核は未発達で小さく皮を纏ってますが,感度はいいです。舌と指で陰核とGを優しくですがしっかりと攻込み昇天を迎えます。ぴくぴく逝く感じの所作に小職も高揚してきます。
 攻守交替、DKから一気に下腹部への攻撃です。フェラは上手く、私の弱点を直ぐに発見するところは流石です。弱点を攻撃され敢え無く発砲を向かえ、早い!と怒られました。

 僭越ではございますが、小職なりの評価とさせていただきます。

評価
・料金 ★★★☆☆
 このクラスの若嬢にこの価格でお相手いただけるとはCP高しと言えるでしょう。

・店員 ★★★☆☆
 繁盛店なのか知りませんが、来客中の接客を放置したまま、電話応対をするなど言語道断。


・ルックス ★★★★☆
 年齢相応、華奢で色白、肌は綺麗でした。Vゾーンのお手入れもしっかりできており、清潔感ありです。サイトサイズに偽りありませんが、微乳はいいのですが、ぽっこりお腹の幼児体系は残念。

・テクニック★★★☆☆
 NG無く、敏感な対応に小職の心は満たされました。未発達な陰核および、ホール中の感度は良く楽しめました。また、攻めでは早々に小職の弱点を見つけるところは天性の何かがあるように思いました。

〜総評〜
 初めはお仕事系の若嬢かと思い負け戦を覚悟したのですが、満足することができました。こんな嬢が直ぐいけるなんて、さすが池袋...懐が深い。勝ち戦の時の独り飲みは最高です。

 以上、拙いレポで申し訳ございません。
 最後までご精読いただきありがとうございました。

 神奈川西支部長 ひゃくさん (H29.02.25)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ぴんてーぷ氏(H26.12.22), 日村京介氏(H28.01.23)(H28.03.28), naoto氏(H28.06.06) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜