〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「快楽出勤Z」(鶯谷)

by 日村京介氏


お店:快楽出勤Z
業種:デリヘル
HP:http://kairaku-s.com/
調査費用:90分26000円+5000円(○○料金)

 こんばんわ、ヒムラックこと日村京介です。
 鶯谷で新年会がありました!!その際のレポート1/2となります。

 去年から初めた東京23区完全制覇も併せての調査となります。
「KYOUSUKE HIMURA 23 DISTRICTS IN TOKYO COMPLETE GIGS」
第12弾は台東区編となりました!!

 当日は数件電話で問い合わせましたが、あまり対応が良いお店がありませんでした。そんな中、ごく普通な対応をしてくれた「快楽出勤Z」で遊ぶ事にしました。料金もお正月料金で2000円引きとお得感もあり発注しました。
 女の子もすぐに案内は1名なので指名料もかからず、90分でも23000円と言う事で女の子を待ちます。

 女の子が30分程度で到着との事なので、ホテルの部屋で待つ事にします。丁度、30分で部屋のドアをノックする音がありました!!
 ドアを開けると、最近見なくなったお笑い芸人の北陽の伊藤さ○りさんに似た、可愛いのか可愛くないのか良く分からない感じの女の子が立ってました!!
 部屋に入れ、挨拶をすると感じの良い明るい性格の女の子でした!!

 料金の確認をしますが、HP記載の料金とは違い26000円+5000円(○○料金)との事・・・。良く分からない料金設定でしたが、総額を支払います!!プチボッタなのか正規料金なのか、日村は初めてだった為、支払いを済ませます!!

「運命は NO WAY OUT 繰り返すだけ・・・」

 お互いセルフサービスで服を脱いで、風呂場へ行きます!!ちょっと幼児体型でしたが、パイパンな女の子でした!!
 女の子とシャワーを浴びてコロンを叩き部屋に戻ってプレイボウイです!!

「運命は NO WAY OUT 切り拓くのさ・・・」

 日村先攻で攻め込みます!!
「KISS ME その唇・・・逃がさない」
 キスの反応も良く、感じやすい子のようでそのまま推定Cカップの綺麗な色の乳首を舐めてからの吸ってみます!!乳首も感じるようで、スタートからおぢさん頑張っちゃいます(笑)

「俺が俺の救世主(セイビア) ・・・」

 パイパンベイビーを触れると、毛がチクチクして痛いです(痛)素股されたら大変なベイビーですが、今回は鶯谷なので問題ありません!!
 そのまま、指でクリトリスをクリクリします!!クリトリスも敏感なようなので、あっちのほうの確認作業に入ります!!中指だけ滑り込ませると・・・「あっちのほうはインテリジェンス」となっておりました!!すると、女の子が「私も舐めたい」と言うので攻守交代とします。
 今度は日村が下になり寝ると、再びキスからREプレイボウイです!!
「KISS ME その唇・・・逃がさない」
女の子主導のキスもなかなかで、厚めの唇でチュッチュされます。全身を舐められて、フェラチオも上手です!!

「弾けるのさ BANG THE BEAT」

そのまま騎乗位ランデブーです。美乳を下から揉みまくり、下から日村も突き上げます!!女の子の声が大きすぎて、隣の部屋に聞こえちゃうかというスリリングな展開で今度はバックの態勢にチェンジです!!
 下半身は太いので、尻が大きくて思いっきり叩いてみます!!なかなかのM属性なのか「気持ち良い」を連呼します!!最後は正常位ランデブーで「お腹に出して」と言われたので、お腹に発射したつもりが、勢い良く顔射となってしまいました(笑)

 少し時間が余ったので、会話をして、一緒にシャワーを浴びてお別れしました。

 過去のティラミス☆彡氏のレポートを読むと、北陽の虻ちゃん似の方とプレイしたようで、このお店は女芸人似のお店なのかと思う日村でした(笑)

 THANKS.

 では今回の評価は

<女の子容姿>★★
 顔は可愛い系だと思います。HPの写真も本人です。
<女の子性格>★★
 料金設定がしっかりして無いせいか、女の子もあやふやな対応でした。
<女の子スタイル>★★
 上半身は細いのに下半身は太かった。
<サービス内容>★★★
 ホテル代を別途で総額で考えると、物足りない感はあります。
<設備>★★
 ビジネスホテルです。
<ボウイ氏>★★
 料金の説明が無かったので、HPの料金とは明らかに違いました。
<総合>★★
 女の子次第の料金かもしれませんが、総額で高いです。あと1万円安ければ、再訪はあるかもしれません。

 東日本本部長補佐 日村京介 (H28.01.30)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 勝太郎氏(H26.02.20), ティラミス☆彡氏(H26.07.25) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜