〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「秋葉原コスプレ学園in西川口」(西川口)

by アローゼン氏


 アローゼンです。今回は東日本御用納のレポートです。

 今年の東日本御用納は埼玉支部で執り行われることになりました。
 埼玉県はいわゆる「廃娼県」の一つで、戦前から赤線(遊郭街)が存在しない建前になっています。実際は「特飲街(特殊飲食店街)」と呼ばれる小料理屋が集まる場所があり、赤線の代替をしていました。大宮にある風俗街の「北銀座」は元・特飲街です。一方、西川口にはそのような特飲街はありませんでしたが、高度経済成長期を支えた、鋳物を中心とする川口の工場労働者の遊び場として発展しました。さらには近くに戸田競艇と川口オートがあり、「飲む・打つ・買う」で栄えました。特に「買う」では、俗に言う「NK流」と呼ばれるサービスを行う違法風俗店が多く営業しており、全国的に知られていました。しかし、10年ほど前に一斉摘発が行われ、違法風俗店は姿を消しました。

 「NK流」を知らないまま風俗遊び始めた私にとって、西川口での練り歩きと調査は特別な意味があります。今回は西川口での調査を「西川口浩探検隊」と勝手に名付けています。そう、あの伝説の探検バラエティ「川口浩探検隊シリーズ」をパクりました(笑)。もちろん主題歌は嘉門達夫さんの「ゆけ!ゆけ!川口浩!!」です。さて、どんな新人類が待ち受けているのでしょうか。

 前置きが長くなりましたが、今回突入したジャングル…じゃなかったお店はこちらです。

〈店名〉秋葉原コスプレ学園in西川口
〈業種〉イメクラ(箱ヘルス)
〈時間・価格〉60分・18k(新人割引)
〈HP〉
 http://nishikawaguchi-cos.jp/(パソコン)
 http://smn.nishikawaguchi-cos.jp/(スマホ)

 こちらは未レポ店で、後で調べてみたら「白いぽっちゃりさん」の系列でした。初めは別の未レポ店を狙っていましたが、パネルが厳しいので撤退しました。勝太郎さん、風船さん、へたれでサーセン!
 地元に詳しい紺屋高尾さんが「見たことがないので、未レポ店ですね」とカメラマンや照明さんばりにアシストしてくれたのに乗っかり、洞くつのように狭い入口に入ります。受付にはボウイが4人もいて圧迫感が凄まじいです。もちろん待合室はなく、受付前に丸椅子が2脚あるだけです。
 システムなどの説明は丁寧です。写メのパネルしかない新人類…じゃなかった素人新人がいたので、頭の上から襲ってくるヘビを避けるかのごとくパネマジを避けたい私は迷わず指名します。しかし、指名をした後にボウイからとんでもない一言が出ます。事情により詳細は書けませんが、ピラニアに噛まれた気分です。

 少しテンションが下がったものの、気を取り直します。準備ができたとのことで、未開のジャングル…ではなくカーテンを開けて新人類とごたいめ〜ん。おっ、小柄なリアル炉利嬢です。大阪で炉利耐性が身に付いているので、もう緊張はしません(笑)。
 ウナギの寝床のような細長い廊下に小さな部屋がいくつかあります。嬢は写メより少し化粧が濃いですが素人そのもので、少し緊張しているようです。「写真よりかわいい」・「タレントみたい」と誉めると「そんなことないですよ〜」と言いながら笑顔を見せてくれます。少し緊張がほぐれたようです。
 少し話をしてから、一緒にシャワー室に入ります。予想通り、ロリポイントは高めです。ぎこちない手つきで体を洗い、うがい用のコップを渡してくれる姿におじさんは思わず微笑ましくなります。

 ベッドに入り、期待はしないものの先に攻めてもらいます。おっ、いきなりのフレンチキスです。「どこが感じるのですか?」と訊いてきたので、亜郎スイッチを指します。すると思い切り攻めてきます。思わずアロ吉が反応してしまいます。「そんな攻め、どこで覚えたの?」と思わず訊いてしまいそうになります。これで俄然張り切った私は全力で亜郎舐めを繰り出します。「こんなに舐めまくってキモい」と思われようが構いません。「キモくたっていいじゃないか。にんげんだもの」と相●みつを先生ばりに言い聞かせ、ジャングル並みに手入れがされていないお●この毛をかき分け、ク●をこれでもかと舐めます。嬢の反応が予想以上に好いので、亜郎中指も投入します。ちなみに、今回は事情により亜郎中指はなぞるだけにしています。

 亜郎コラボで攻めまくった後は、純正素股を始めます。嬢は純正素股は不馴れなようで、体の位置がいまいちしっくりきません。それでも擦り方や体の使い方を教えながらじっくりと擦ります。最後は正常位ではっしゃおうらい。小ぶりなおぱーいまで飛びました。事後処理はもちろん私がします。最近になって、ようやく炉利に優しくできるようになりました(笑)。
 ピロートークでキモくなかったか、それとなく訊いてみましたが、満面の笑顔で「すごく気持ち良かった」と答えてくれました。プライベートでもこんなに舐められたことはないそうです。どうも最近の草食系の若い子は淡白みたいです。
 体を洗ってもらい、着替えを済ませて廊下の先まで送ってくれます。お別れのキスもフレンチというおまけ付きでした。

 先に寸評します。

〈店・店員〉7/10
・店は受付・部屋ともにとにかく狭い。待合室もないので「待つ」という概念は存在しないかもしれない。
・ボウイの説明は分かりやすいが、大事な情報は先に出してほしい。
〈嬢〉8/10
・炉利かつ素人なので期待していなかったが、良い意味で裏切られた。特殊な事情がなければ裏を返したいレベル。
〈価格〉6/10
・界隈の箱ヘルでは標準的な価格設定。ただ、本指名もパネル指名も同じ指名料なのは微妙。
〈ロリポイント〉70点
・@+A+B+D+E+G+I
※ロリポイント=@当然TEEN+A童顔+B体が細くて華奢(スレンダー)+C黒髪+D色白+E微乳+F微尻+G素人っぽさ+Hパイパン+I子供っぽい性格・性質 の総合ポイントです。上記10項目をクリアした嬢が100点。

 今回は「西川口浩探検隊」らしい不思議な体験をしました。もちろん「やらせ」は一切ありません(笑)。「NK流」のジャングルは今は廃墟ですが、往時の繁栄を想像しながら箱店舗に足を運ぶのも乙だと思います。ちなみに、ミニクロさんは私のことを本気で羨ましがっていました(笑)。

 その後、西川口調査組は大宮に向かい、懇親会に臨みます。おんつぁんさんにハプニングはあったものの、1次会・2次会とも楽しく過ごせました。今年の公式行事はこれで終了しましたが、まだヌき納めには早いので、本家の川口浩探検隊ばりに調査したいと思います(笑)。

 今回は、御用納を企画していただいたフェルメールさん、サポートしていただいた関東の皆さま、遠方から足を運んでいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。

 会長付属調査隊 東部方面調査隊長 アローゼン (H28.01.07)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜