〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「デコポン」(曙町)

by アローゼン氏


 アローゼンです。今回は横浜GIGSのレポートです。

 当日は仕事があったので懇親会だけ出席する予定でしたが、思った以上に早く終わったため、早い時間に現地に着きました。
 喫茶店で事前調査組と合流し、練り歩きに参加させていただきます。Marverickさんに乗っかって鉄板店にさっさと入った,ロックじゃない主務に突っ込みを入れるおじいちゃんは何とダブルヘッダーです!曙町と福富町を合わせて103回目の訪問だとか…嘘です(笑)。cassisさんはひいきの“灰かぶり”系の会員証を準備し、未レポ店に突入します。

 ノープランの私は皆さんの突入を見送った後、再び曙町に戻ります。いい加減、暑さにやられてきたので、喫茶店からほど近いこちらの店に入りました。

〈店名〉デコポン
〈業種〉ホテヘル
〈時間・価格〉50分・12k(フリー・イベント価格)+ホテル代
〈HP〉http://www.dekopon.tv/

 私にはお馴染みの“水晶系”です(笑)。「結局、安牌じゃないか!」という突っ込みは軽くスルーします。「某人妻店は常連ですが、若嬢店は初めてだからいいんです!」と、ご近所の先輩ばりに開き直ります。ボウイは一人だけで人妻店に比べると寂しい感じで、出勤嬢も少なめです。普段なら確実に指名しますが、元々ノープランなのでフリーにします。ボウイもイベント適用を勧めてくれました。

 待合室で過ごすこと数分、店の外で嬢とごたいめ〜ん!は、華子さん?数年前の多岐川華子さんによく似ています。
 多岐川さん(仮名)はやや素っ気ない感じで接してきます。まあ、こんな汚いおじさんは嫌でしょうけど、もう少し笑顔がほしいですね。気を取り直し、目の前にある●装ラブホに入り、先に料金を支払います。

 時間があまりないので、互いにセルフで脱衣し、シャワーをします。体洗いはやや適当ですが、別に問題ありません。
 ベッドに入り、多岐川さんに先に攻めてもらいます。あれ?いきなりFから?「ピンサロじゃないんだから、一通りリップくらいはしてよ」と突っ込みたくなります。攻めは素人レベルなので期待できそうにありません。
 こうなれば亜郎舐めと亜郎中指の出番です。多岐川さんは初めはマグロ気味で、亜郎中指に「痛い」と言いますが、じっくり舐め回すと反応が好くなってきます。頃合いを見計らって再び亜郎中指を投入します。その後は亜郎コラボで攻めまくり、ばっちり捕鯨しました。

 仕上げは純正素股です。初めは“手股”でしたが、自然に手をどけてくれました。そのまま勢いで…と一瞬だけ頭によぎりましたが、ここは我慢我慢(笑)。あくまで紳士のふりをして無事にはっしゃおうらいしました。初めは素っ気ない態度だった多岐川さんでしたが、紳士に徹したお陰か、ピロートークではいろいろ話をしてくれました。詳細は書けませんが、素っ気ない印象だったのは特殊な事情があるためでした。

 シャワーと着替えを済ませ、一緒に外に出ます。すっかり打ち解けたようで、多岐川さんは笑顔で見送ってくれました。

 それでは寸評です。

〈店・店員〉6/10
・近くにある系列の人妻店がビルを丸ごと使っているのに比べると、受付は少しみすぼらしい印象。ボウイの対応はなかなか良かった。
〈ホテル〉4/10
・典型的な偽●ラブホなので、レンタルルーム並の必要最小限の設備しかない。ホテヘル以外では使いようがないが、まあまあ綺麗だったのが救い。
〈嬢〉7/10
・かわいらしい顔立ちと細身のスタイルは良かった。もう少し接客やプレイを覚えると指名を返せるようになると思う。
〈価格〉7/10
・イベントを利用するとかなり割安になる。通常価格でも箱店舗より安いのでCPはなかなか良い。

 ノープランでしたが、普通に当たりを引けました。他の地域は微妙ですが、曙町に限れば水晶系は安定感があるのように思います

 懇親会ではおいしい料理に舌鼓を打ちましたが、とにかく量が多くて大変でした(笑)。今回は主務の日村さんをはじめ、参加された皆さま、どうもありがとうございました。

 長くなりましたが、ご精読ありがとうございました。

 会長付属調査隊 東部方面調査隊長 アローゼン (H27.08.03)

トップページへ
調査部から補足事項
本店舗は他に, KEN氏(H16.01.25), ケリー氏(H16.09.16), 伊勢屋氏(H20.06.27), T・ロシツキー氏(H21.09.28), くぼっち氏(H24.04.27), リーマン28号氏(H24.09.22), rodeoflip氏(H24.10.09), 使徒氏(H25.09.25), キング氏(H26.08.19), ゴロ氏(H26.09.27)(H26.12.29), たいらの漬盛氏(H27.03.28) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜