〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「マキシム」(福原)

by CROW氏


 皆様、はじめまして。非会員のCROWと申します。

 私はお風呂を主戦場としておりましたが、10年程前から暫くの間、風俗を引退しておりました。しかし、それまでに培ってきた風俗魂はそう簡単には死にません(笑)あの快感が忘れられず、復帰することにしました。その復帰戦をレポさせていただきたく思います。初めての投稿ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

 で、久々の風俗は、やはりお風呂で…ということで、いろいろと調査をします。しかし、さすがに10年のブランクは長い。当時存在していたお店の半分以上は既に無くなっているか、店名が変わっています。勿論当時のオキニもいない。そんな中、現役時代から気になっていたものの、結局逝くことのなかったこのお店に決めました。

店名:神戸マキシム
電話:078−576−8126
URL:http://www.kobemaxim.com/(pc)
URL:http://www.kobemaxim.com/i/index2.php(mobile)
費用:¥35,000 - ¥4000(イベント割引) = ¥31,000

 移り変わりの激しい福原で、20年以上営業している老舗のひとつ。生き残っているのは、それなりの理由があるからだろうということ、そして、調査した中で、一番気になる嬢が在籍していたことが、主な選択理由です。

 予約手続き〜入店まで
 この店は、会員なら1週間前から、非会員なら前日から予約可能です。こちらは非会員なので、前日の朝に電話、そして、お目当ての嬢の予約も、無事完了です。後は当日の朝と、予約時間の1時間前に確認の電話が必要となります。

 当日、朝に一度確認の電話を入れ、予定通り出勤ですと伝えられます。そして、予約一時間前に再度確認電話を入れると、申し訳なさそうに、「案内の時間が30分程遅れる」とのこと。こちらは時間に余裕があるので、問題なし。そちらで待たせてもらえるかと聞くと、「その方がこちらも安心しますので、どうぞ、どうぞ」と言われますが、何が安心なのだか(笑)
 ちなみに、ボーイの対応は丁寧であり、こちらの質問にも的確に答えてくれますし、不快な点はありません。

 入店
 入り口の階段を上っていくと、若いボーイが店から出てきて、ご予約の方でしょうかと聞かれます。はいと答え、店内に導かれると、他のボーイ共々「いらっしゃいませ!」とやけに元気な挨拶で迎えてくれます。そして、カウンターにいる年配のボーイに名前を告げると、案内時間が遅れたことを詫びてきます。こういうちょっとした一言がいいですね。そして、合言葉を言ってイベント料金を支払い、待合室に案内されます。

 待合室
 入った瞬間、「これこれ!」と、ワクワクしました。1人掛けソファが二つ並び、左右に3列、計12人は収納出来る部屋の雰囲気は、これぞソープ!といわんばかりの重厚な雰囲気。そして、店内にはクラシックぽい音楽が流れ、雑誌類は週刊誌、風俗誌、新聞などが揃っており、多少の待ちには耐えれるかと。
 ボーイが、お茶とおしぼりを持ってきて、まだ時間があるから、何かお飲み物を…と聞いてきます。で、コーラなんぞお願いし、アルバムを眺めながら待つこと30分。ボーイの「お待たせしました」という言葉と共に、告げられていた時間通りのご案内です。

 ご対面
 ボーイに導かれ、待合室前方から部屋を出ると、目の前には嬢がエレベーターのドアを開けながら待っていました。ボーイの、三つ指立てて「いってらっしゃいませ!」という言葉をバックに、エレベーターに乗ります。扉が閉まり、「はじめまして」という言葉と共に、軽いキス&ハグで迎えてくれ、そして、腕を組んできて部屋まで導いてくれます。

 嬢
 対面した瞬間…
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!
と、心の中で叫んでいました(笑)顔、スタイル共にパネマジ度ゼロ。凄く美人なのだが、声がやけに可愛くおっとりした喋り方に萌えますw 愛想もいいし、いい匂いもするしで、嗚呼、ありがとう、風俗の神様と拝んでしまいました(笑)

 部屋
 入室してまず思ったこと…でけぇ風呂!部屋は標準だと思うのだが、浴室がやけにデカイです。それを除けば、清潔感もあるし、狭くも無く、標準的に作りかと。ただ、隣の声が聞こえちゃうんですよね。それがちょっとどうかな…と。プレイ中の声なら、多少は萌えるんですけどねw

 プレイ
 入室して、ソファに座るよう促されます。嬢は雑談をしながら、ドレスをセルフで脱ぎます。下着姿となった嬢が私の前に座り、「ブラのフック外して♪」と、逆アシストを要求してきます。ちょっと震えた手(笑)で無事フックを外すと、今度はこちらをフルアシストで脱がせにかかります。その際、「先にマットにする?それともベッド?」と聞かれ、何となくマットと答えます。で、パンツ一枚になった私に、嬢からの激しいキスで開戦となります。その後、美乳をモミモミしながら嬢の全身リップを堪能していたら、パンツの上から相棒を弄び、その後、まさかの…。

 即○です(///∇///)

 予想外の攻めにこちらは受身になってしまいます。耳元で嬢が「ベッド行こ♪」とお誘いしてきて、そのまま誘導されます。最初の質問はなんだったの?と、軽く我に返りますが、もうそんなことはどうでもいいw
 ベッドでは、改めて激しいキスを交えながらのリップ攻撃から、ネットリ優しいフェラーリで、快感に導いてくれます。ロクジュウキュウでこちらもようやく攻めに入ると、無臭で綺麗なアソコがじんわりとしてきて、遠慮がちの吐息が漏れてきます。
 その後、攻守交替で攻めに転じ、キス魔の私の激しいキスにも応じてくれつつ、こちらの全身リップ攻撃で喘ぎ声もだんだんと激しくなってきます。そして、○れてという合図とともに、騎乗位→座位→バック→正常位で、キスをしながらのフィニッシュです。

 続いてマットです。でっかいお風呂に浸かっている間、嬢は準備を進めます。その後、混浴は無しでマットに導かれ、嬢のテクニックを堪能します。
 マットに関しては、特別これ!っていうテクは無いものの、強弱をつけた攻めはなかなか気持ちいいし、ア○ル舐めもしっかりこなしていました。
 続いて,騎乗位でワッセワッセとするのですが逝く気配がなく、正常位に変更。美形の彼女の顔がエロく悶える姿と、可愛らしい喘ぎ声に興奮度が増し、またまた激しいキスをしながらの2回目の発射です。その後、身体を流してくれながら、足のマッサージをしてくれたのですが、これがまた気持ちいい。こういうちょっとしたサービスに、思わず顔が綻んでしまうのです。

 この時点で結構時間は迫っていたのですが、「焦らなくていいよ」と言ってくれ、ドリンクを出してくれます。タバコを一服している間に、嬢はドレスに着替え、その後フルアシストで服を着させてくれます。その間も、嬢はキスを忘れません。そして,名刺と一緒にガムと、自分が吸っている同じ銘柄のタバコを二箱頂きました。最初から最後までいたせりつくせりです。

 この店は、嬢が店の入り口まで見送ってくれるみたいです。僕のかばんを持ってくれ、エレベーター内でお別れのキス。これが何とも名残惜しい(´;ω;`)そして、腕を組みながら入り口まで案内され、そこで嬢は「ありがとうございました」と、三つ指立ててのお礼をしてくれてバイバイです。その際、ボーイも一緒にお見送りなのが、妙に恥ずかしいというか、なんというか…(汗)
 外に出た瞬間、ボーイの一人からインタビューを受けます。どうも、ここは上がり部屋がないみたいですね。そこで、会員になりたいんだけどと伝えると、改めて待合室に導かれました(笑)

 それでは、評価させていただきます。

店:★★★★☆
 老舗ながらも古さを感じず、待ち合い室、トイレ、部屋、全て綺麗にしていました。

部屋:★★★★☆
 風呂がデカイが、部屋自体は標準的かと。ただ、隣の声が聞こえるのはちょっと。

ボーイ:★★★★☆
 丁寧でハキハキと話しますし、愛想もいい。聞かれたことは、しっかりと答えてくれます。

嬢:★★★★★
 いきなりのオキニ候補です\(^o^)/ルックス、スタイル、性格、全てが満点。プレイは恋人系で、テクニシャンではないものの、身も心も癒されました。

 このお店は中級店だけど、高級店に負けないサービスを心掛けていると、嬢が言っていました。高級店には数回行ったことがあるのですが、確かに負けるに劣らないと思いました。基本に忠実なソープといった感じです。最近はSM系やイメプレを導入したりなど、ソープもバラエティ豊かになった感がありますが、やはりオーソドックスなスタイルは安心感があります。おかげで気持ちよい時間を過ごすことが出来ましたし、他にも何人か気になる嬢がいるので、また突撃したいと思います。やっぱソープはええねぇ〜(笑)

 以上、拙い文章で申し訳ございませんでした。このレポが、少しでも皆様のお役にたててば…と、願っておりますm(__)m

 (H26.06.10)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ○麻呂氏(H19.02.25), 黒髭氏(H21.10.30), ぼくのもの氏(H22.12.13), オオカジ氏(H24.04.11) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜