〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「沼津ハンパじゃない東京」(沼津)

by S氏


 Sです。

 ご無沙汰しております。別に、結婚した訳でも、被弾したわけでもなく、書くのをサボっておりました。
 単に定番デリや定番ソープの定番嬢を、ぐるぐると回していただけではなく、いろいろ地方にも行きましたが、自身の既レポだったので、書くことがなかったということにして置いてください。
 ただ、いったん書くのを止めると、いつもの悪い癖の、まぁいっかぁ!この次で・・で、今にいたります。

 さてそんな中。新規オープンした若姫デリが、久しぶりには○く○デリだったので、今回書こうと。

 電話すると、男性が出ます。丁寧に対応していただき、指名にて発注します。最長時間を言うと、総額での案内もあり、電話対応は問題ありませんでした。ちなみに、店名もきちんと名乗っていたことを付け加えます。
 ってことで今回はコチラです。

レポートNO.306
調査日 10月の平日
場所 沼津
業種 デリバリーヘルス
店名 沼津ハンパじゃない東京
HP http://www.hanpa-tokyo.jp/
携帯 http://www.hanpa-tokyo.jp/i/
電話 055−923−7270
調査費用 21,000円/75M 指名料と交通費と各種割引込み 別途ホテル代

 詳細はお手数ですが、HPをご覧ください。

 入室の連絡から15Mほどで到着。概ね問題ないかと。当該デリは、所謂進出組みの上、嬢も当然、他所からの出稼ぎ嬢が基本のようですので、顔確認等はありません。今回の姫も、関西方面からの出稼ぎ嬢でしたので、玄関にてご対面しますが、顔出し嬢で面影はありますが、アサヒる度-30%といったところでしょうか。
 顔はいいとして、ちょい前後と横におおきいなぁ・・総合判定Bの下ってことで、テンション下がり気味に・・

 今回は選びませんでしたが、AV嬢なら、また違った結果かもしれません。この辺は小生の好みってことで。また、入室後にいきなり、総額を要求されますが、相手見てから時間を決めると言ったのに。
 見た目や波長が合わないときは、最短時間にするのかどうか、それを決めるのは、お客の都合。お店に言われる筋合いはありません。ちなみに、最長予定時間の90Mだと、27Kになります。高!

 ここは所謂高級店なのか、単なる高額店なのか。その調査が主目的ですが、後者のニオイがします。
 AV嬢にしても、フードル嬢にしても、所謂都落ちの稼げない嬢が、出稼ぎに来ていると思っていましたが、案の定。お子図解生とのことなので、そういうことでしょう。この姫限定かもしれませんが。

 なので今回は、厳しいと判断し、今回の時間に変更しました。総額を支払いますが、お子図解とホ代を入れたら、40〜50Kになりますが、あなたにそれほどの価値があるように思えないので、今回もなしで。

 すぐにお風呂に誘われ、きちんと洗っていただきます。イソジンがあり、衛生観念はあるようです。
 混浴して温まったら出て、セルフで拭いてベッドへ。小生にやる気がないので、マグロ宣言し、攻めてもらいますが、Kなしですか。両T首を一舐めづつしたらFに。手が8割の、だめだめFです。なんとかしようと、攻めに転じると、あら意外。受けの方がいいようで。電マも投入し、飛んでもらいます。

 ちなみに。無料OPの目隠しや手錠、出してません。イラマも出来ないとの事。なんじゃそりゃ・・仕方が無いので、攻め倒した後、再度交代します。AVに集中しますが、不発にて終了。
 そのことを詫びるでもなく、もう少し頑張ろうという気もなく、タイマー代わりのコールがなるや否や、お風呂に誘われます。やる気ないんかい!

 事後処理してもらい、温まったら出て、セルフで拭いたら着替え、とっととお帰りいただきます。

 それでは評価です。0〜5です。

店舗 − デリなので。
店員 4 言葉遣いなどの対応は問題ないです。


ビジュアル 2 悪くは無いです。笑顔はいいかと。
スタイル 2 どこがW50台なんでしょうか。写真との比較では顔に面影がある程度です。
サービス 2 性格はいい子そうですがお子図解性ってのは。円光上がりってことでしょう。
姫総合 2 次は当然無いです。金額の価値はありませんでした。

CP 1 無駄に高いだけの高額店なので。意味わかんないです。
総合評価 1 稼げ無い嬢の吹き溜まりでしょうか。都落ちなんてしょせんこんなもんでしょう。

 当該デリについては、再調査する価値もない、ダメなデリと思いますので、お勧めしません。久しぶりに、無駄に高いだけの、中身の無いだめだめでしたので、つい長くなってしまいました。

 相変わらず中身の無いレポですが以上です。長文、駄・乱文失礼しました。

 静岡支部長 S (H24.10.23)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜