〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「千葉角海老」(栄町)

by 黒川洋介氏



 こんにちは。千葉栄町で執り行われた合同調査レポートです。
 それなりに長く所属している割には、活動が関西地区・九州地区中心だったので、関東で行われる公式合同調査にはずいぶん前の御用納め以来の参加で、実質は初めてと言って良いかもしれません。レポートでしかその存在をうかがい知ることが出来なかった東日本本部の会員の方々にもお目に掛かることができ、有意義な一日でした。

 調査に参加したメンバーの約半分が予約済という、九州での合同調査では考えられない、さすが東日本本部は仕事の出来る男達の集まりです。何も考えずに主務任せで見て歩きで決めちゃおうと言うお気楽参加者の一人として、栄町に繰り出したのですが、とにかく暑い。真夏日です。汗が滲み出てきます。

 栄町にはソープ店が36軒あるようです。普通は合同調査の醍醐味でもある、みんなでゾロゾロと見て歩き(写真見学)を楽しむところなのですが、中洲や熊本のように軒を連ねる様にお店が密集しておらず、広く点在しているため、暑くてとても見て歩きが出来る状況ではありませんでした。と言うことで皆さんと別れて、合同調査時点で未レポの一つであった今回のお店にサッサと入ることにしました。
 未レポではありますが、有名な巨大ソープグループの1店舗です。

調査対象
・調査日時:2012年7月下旬
・業種:ソープ
・店名:千葉角海老
PCページ
・電話:043-222-2776
・場所:千葉県千葉市中央区栄町12-4
・時間:60分
・支払:15,000円(写真指名料込)
・割引:無し

調査結果 ★が得点

お店のコンセプト
 見当たらない

受付・待合室
 何故か敬礼している主務のGONちゃんに見送られて、路地を入ったビル側面に作られた玄関を入ると声を掛けられました。写真見学が出来るか聞くと、直ぐ行ける姫として2枚の写真がカウンターに並べられます。他にいないか聞くと、15分の待ちでと写真を1枚出し(直前にスマートフォンでチェックしたランキングに入っている姫だった)薦められ、他のお店に行くつもりも無かったので、その姫に決定。
 その場で総額を払って、2階の待合室に案内されました。玄関から階段、廊下、そして待合室と和風建築基準とでも言うのでしょうか、幅や天井高が小振りな作りになっています。2階の廊下には、花魁浮世絵の団扇が飾ってあります。
 暖簾をくぐって入った待合室は、ソファーが3列置かれ、細々と飾り付けがされた古さ(アンティーク)を演出した部屋になっています。壁には、花魁の浮世絵や、写真がまだ一般的で無かった頃に撮られたとおぼしき吉原の花魁とお店のモノクロ写真が飾られています。在籍嬢の写真も貼られています。なんか、色々と歴史を感じさせる展示物で溢れていました。
 お茶とお絞りを頂いて、待つこと10分ぐらい。店員に促されて廊下に出て、階段側の暖簾をくぐったところで姫と対面です。

プレイ内容
 階段を登るように言われ、後ろを付いてくる姫の誘導で部屋に入ります。ベットが置いてある部分は、木造風の作りになっています。 腰掛けて、挨拶の後、服を脱がせてくれます。裸になったところで、彼女は背中をこちらに向けて「脱がせて。。」
 彼女の背中は結構広くたくましい感じで、あまり色気を感じませんでした。彼女は、全裸になったところで、私の太ももに跨がってきて、耳をなぶった後にキッスしてきました。「おっ即即なのか?」と思ったら、2秒ほどでキッスは終わりお風呂に導かれました。
 スケベいすに腰掛けて全身を洗ってもらった後に、軽い接触程度のボディ洗いを受け、湯船に浸かって歯磨き、混浴で潜望鏡を3秒ほど受けて、マットの準備が出来るのを待ちます。
 ショートカットされたマットプレイですが、それなりに気持ちよく感じてきました。が、彼女は、素又で擦りつけるようにして私の愚息を起立させたところで「元気に起ったね」と言いながら指でつついて「ベットに行きましょう」と一言。

 (えっ。。。。。つつかれたこいつの立場は? ここってマットヘルス??)

 ローションを洗い流したら、湯船に浸かって待つように促されます。マットの片付けが終わると、彼女は冷蔵庫から冷え冷えのタオルを取り出してきて、私の顔に被せてタオルの上からゆっくりと目の周りを押さえるようにマッサージしてくれました。
 丁寧に拭いてもらい、ベットに腰掛けた所で、飲み物を頂きました。
 ここまでの流れで想像がつくように、ベットプレイもキッスから乳首舐めを経てフェラ、アナル舐めから69までの一連のプレイは流れるように進むのですが、全てがそよ風が通り過ぎていくような感覚で、あまり盛り上がりませんでした。
 69で目にした彼女のあそこには、たっぷりとジェルが塗ってあり舐める気になりませんでしたので、指入れだけで気分を奮い立たせました。
 プレイ後は、角海老グループについての話を仕入れてお別れとなりました。1階まで見送ってもらい、玄関を出るところで、店員からお土産を貰いました。

お土産
 角海老グループは、帰りにお土産がもらえるそうです。
 帰り際に渡された袋の中には、「角海老刻印の櫛」「角海老刻印のキッチンはさみ」「角海老ボクシングジム刻印の発光ダイオードでカラフルに光る団扇」「角海老花魁浮世絵手ぬぐい」「虫除け消臭ポッド」「チャッカマン」と盛りだくさんなお土産が入っていました。また、待合室には持ち帰れる角海老刻印のライターがあります。このライターは、ミニスカート生足の女性の腰から下の部分になっており、ミニスカートの色には5色あるそうです。
 お店の名前が刻印されているお土産は持って帰れないので、会長のジュラルミン製アタッシュケースにこっそりと入れてあげました。いまごろ、思わぬ千葉合同の記念品に感涙していることと思います。

姫 :★★★☆☆
 30代後半でしょうか。顔は一流ですが、首から下はちょっと残念な感じでした。全体的に大柄でたくましさを感じるぼっちゃり体型です。
性技:★★☆☆☆
 完全にお仕事系ですが、キッスにしろフェラにしろ一つ一つのプレイが短くて、ねっとりとした攻めがなく、とりあえずサービスを全部こなしてますとの印象を受けるプレイでした。マットで最後の行為に及ばなかったのがよくわかりません。
接客:★★★★☆
 冷蔵庫で冷やしたタオルを使ったり、ベットに腰掛けている私の前を横切る際には、前を失礼しますと断りを入れたり、端々で教育指導レベルの高さを感じさせますが、なんか事務的で心がこもっていないのが丸わかりです。

設備:★★★★☆
 ベット周りは経年劣化で古くなっているのかアンティークな演出なのかは判りませんが、お風呂は必要十分に広く綺麗に作り込まれています。
値段:★★★★☆
 お得な料金になると思いますが、姫次第かと・・・
店員:★★★☆☆
 特に可も無く不可も無く

総評:★★★☆☆ moderate
 勝太郎さんが言っていましたが、良くも悪くも無難店。サイズ表記にしてもパネルの写真にしても大幅には加工されていない様なので、ジックリと攻略すれば自分に合った良い姫に巡り会えるのではないかと思います。もしかしたら、サービス面では金太郎飴的な姫ばかりで面白味に欠ける部分があるのかも知れませんが、姫の教育がしっかりとされており、一定以上のサービスレベルが維持できているのが巨大ソープグループを形成できる強みであると言えるのではないかと考えます。

調査その後
 主務のGONちゃんチョイスの懇親会のお店では、千葉特産のイワシ料理を満喫することが出来ました。それに、イワナの燻製が丸ごと入った骨酒は殊の外美味でした。
 懇親会から参加された会員の方とはあまり話が出来ませんでしたが、初めて合同調査に参加された方も2名おられました。古株の会員が次々とレポートの鬼籍に入る中、頼もしくもあり楽しみでもあります。余興では会長の新たなSSDマシンの高速体感デモンストレーションもあり、賑やかで楽しい宴会となりました。

 懇親会終了後、8名の会員がはなぢさんのキャバクラの価格交渉に巻き込まれてしまいました。通りを練り歩きながら「8名入るんだからイイ条件出してよ」と交渉するはなぢさん。次々と呼び込みの兄ちゃんが、光に吸い寄せられる蛾の様に集まってきて、交渉に加わります。
 でも、酔っ払っているはなぢさんとは、交渉がまとまりません。見かねたGONちゃんが割って入って事態の収集を図ります。結局、6番目の兄ちゃんが勝ち残ってお店に案内されることに。。。って、はなぢさんは、大陸系キャバクラのお姉さんに付いていこうとしています。首根っこ捕まえて引きずって行きました。
 バイバァ〜イとキャバ嬢8名に見送られてお店を出ると、既に、はなぢさんが次のお店の交渉をしていました。2名離脱して、6名になった我々は次のキャバクラに。。。って、はなぢさんは、目の前を通り過ぎた呼び込みやってるキャバ嬢について行こうとしています。羽交い締めにして。。。
 こうして日本キャバクラ研究会合同調査の夜は更けていきましたとさ。

 参加されたみなさま、楽しいひとときをありがとうございました。また、どこかでお目にかかれることを楽しみにしております。主務のGONちゃんお疲れ様でした。噂では、待ち合わせ場所の確認や懇親会場の確保の為に、事前の現地視察も行われたとか。その際には、影の主務も居たそうですね。兎にも角にも幹事役の神髄を見せて頂きました。感謝です。

 以上、一部に演出もあり乱文で申し訳ありませんが報告いたします。
 It's a Report for the Rest of Us.

 研究部長 黒川洋介 (H24.08.06)
トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜