〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「ニューヨーカー」(すすきの)

by フェルメール氏


 こんばんは、フェルメールでございます。

 “ すすきの ”正式な地名ではありませんが、札幌市中央区の南五条西四丁目を中心とした半径わずか数百メートル、この極限られたエリアに一夜限りの夢を求めて、そして安さと若さに惹かれて全国の風俗フリークな野郎達が集まってくるそうです。
 小生も群馬、栃木に並ぶ主戦場と位置付けて参戦してから早4度目の札幌入りとなります。今回はJALマイレージ会員専用ツアー http://www.jal.co.jp/tours/index_dom.html を利用しました。ログイン後、往復の便を選択→ホテルを選択→座席指定→カード決済、そして事前にWebチェックインしてセキュリティーゲート・搭乗口でタッチ&ゴーすればマックでテリヤキバーガーセット無料(
uiC×マクドナルドキャンペーン・5/31まで)と便利な時代になったものです。
 気になるツアー料金ですが、飛行機は安心の?ワンワールドメンバー日本航空(往復の正規料金61,400円)、宿泊は道内一の格式を誇る札幌グランドホテル(朝食付シングル2泊分の正規料金40,760円)、オーロラタウンのお店で使用出来るチケット(500円)、これに空港でのお土産10%割引券が4枚付いて31,700円(税込)です。

 2月某日、羽田を離陸して快適なフライトを〜と書きたいところですが、今冬最大の低気圧の影響で北海道方面の便は始発から全便欠航です。しかし、日頃の行いが良いのが幸いして小生が予約していた521便は2時間30分の遅延で出発するそうです。通常90分のフライトですが新千歳空港のキャパの関係で青森県上空をナント6回も旋回、ついでに苫小牧沖を3回旋回して到着したのが出発から4時間後・・・。それでも欠航した便の客が全員キャンセル待ちで羽田難民化していたことを考えれば恵まれた方なのでしょう。
 札幌まではJRですが、こちらもそーとー酷い状況です。通常36分で到着するところを約3倍の100分かけて札幌駅に到着です。羽田にいたのが朝9時で札幌の現在時刻は夜の8時って、いったい?
 何所かに行くという気力が失せましたが、とりあえず腹ごしらえと思い駅ビル(エスタ)の10階にあるラーメン共和国へ向かいます。ここは道内の人気ラーメン店が熱いバトルを繰り広げている札幌の新名所です。小生は釧路の『塩屋ゆうじろう』という店で時鮭ラーメン(900円)を食べた後、ホテルにチェックインします。

 気のせいかもしれませんが、最近、北海道のレポが増えたような気がします。札幌、いや北海道はまだまだ未開の地、未レポの原野が広がっていると思います。せっかくの札幌です、1軒くらいは新しいお店と思いながらシャワーを浴びます。

 性風俗への飽くなき探求心とでも申しましょうか、フライトでクタクタになりながらも開拓使精神で大通りから地下街に入り、ロビンソンで地上に出て道劇ビル前の客引きを避してすすきの市場に向かいます。実はこの市場の裏手に怪しいソープランドがひっそりと2軒並んでいます。右側のお店『エアーポケット』は以前開墾していますので今回は勇気を出して左側のお店を開拓します。

 Sapporo 2008 Vol.1 〜 すすきの開拓使 〜

■店名 ニューヨーカー(日ピン研初登場)
■業種 ソープランド
■案内 HPなし
■住所 南6条西4丁目 すすきの市場裏通り
■電話 011-512-5554
■時間 9:00〜24:00
■料金 50分10,500円 70分13,500円 90分18,500円 指名料1,000円
■特典 フリー限定オールコース10分延長サービス!(除く金土日祝祭日イベント時)

客「今日は忙しい?」
店「大丈夫ですよ。」
客「写真とかは見れるの?」
店「この奥にあります、どうぞ。」

 受付の女将は小生を待合室に招き入れると「地元の子ばかりなので顔は隠してますがサービスは間違いないですよ。」と案内可能な3名の女性を指差します。在籍10数名分の写真、ポラ、雑誌の切り抜きが額にコーディネートされています。小生は待ち時間の一番少ない◎◎◎さんを選び、「指名料かかるんだよね。」と言うと「いいですよ。」とオマケしてもらい代金10,500円を支払います。
 待合室は4畳ほどの空間に3人掛けベンチシートが3列と各種風俗誌、映りの悪いテレビ、その上に事前に知人かどうかチェック用のカメラが置いてあります。5分程待ったでしょうか、女将が正面のカーテンより現れ、「こちらへどうぞ。」と紹介してもらった女性とは、、、

 ま、マキコ?

 江角さん(仮名)は開口一番「螺旋階段どうぞ。」と3階まで上ります。途中、トイレの有無の確認がありましたがパスして奥の部屋に入ります。各部屋の扉には何故かオレンジ色のタオルが吊るされています。一旦入室した江角さんは外にあるスイッチで部屋の灯りを少し暗くします。小生はコートを預けた後、お互いセルフで脱ぎます。

 チラ見します。あの江角さんのプロポーションには遠く及びませんが(笑)。

 小生は独りで浴槽に浸かり、氷点下14度という非日常的な世界で冷えきった身体を温めます。この浴槽の広さでは混浴は望めなさそうです。スポンジでゴシゴシと身体を洗ってもらい再度浴槽へ、50分コースはマットがありませんので歯磨きしてタオルで拭いたらベットに戻ります。江角さんは後片付けを済ましてササっと入浴してベットへ。部屋の面積はかなり広いのですがベットと浴槽はかなり狭いです。
 寝転がるといきなりのフェラスタートです。手コキはありませんが可もなく不可もなくの中レベル。その後、上下交代してキス、G着、ローションを塗ってもらいノーマルでスタートしますが江角さん側はローション不足でフィニッシュまでは長い道程です。のべつ幕なしに頑張ってフィニッシュ。そのままのスタイルで余韻を楽しみます。
 処理後は軽いイチャイチャで過ごし、浴槽に浸かって汗を流して拭いてもらいます。ここでドリンクサービスがあり、頂戴した何とか天然水(銘柄は失念)が最高に美味しい!雑談しながら身支度を整え部屋を後にします。螺旋階段を降りると女将が一礼してお見送りです。江角さんは正座をしてお見送りです。

 今回の『ニューヨーカー』ですが、店員、姫ともに接客態度等は良好です。気になる時短も無いようです。ハード面では場末のソープといった感は否めませんが、とりあえず怪しいお店というイメージは払拭出来ましたことを報告いたします。

 今夜はぐっすり眠れそうです。小生は足早にホテルに戻ります。では、おやすみなさい。

 次回予告 Sapporo 2008 Vol.2 〜 リメンバー ロス疑惑 〜

 (H20.03.06)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜