〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「チアガール」(大宮)

by 中島豊氏


 熊谷にお風呂は1店しかないので、お風呂に入りたい時は北銀に出没している中島です。


店名  :チアガール
業種  :ソープランド
場所  :大宮(北銀座)
交通  :大宮駅東口 北行で徒歩10分ぐらい
HP  :http://cg.saikou.net/
入会金 :なし
総額  :80分/¥20k
調査時期:3月上旬、午後6時頃
 まずは埼玉・大宮の紹介から。
 大宮には、南銀座(通称:南銀)と呼ばれる歓楽街と、北銀座(通称:北銀)と呼ばれるソープ街があります。
 大宮駅東口から南行してすぐに有る南銀は、パチンコ店や飲み屋さんなどが軒を並べ、ストリップ劇場やキャバレーが点在し、人通りも多く大変な賑わいです。
 一方北銀は、大宮駅東口から北行して商店街が続いた橋の先に有り、商店街は人通りも多いのですが、やがて大栄橋手前から急激に人通りが少なくなって、北銀にたどり着く頃には閑散としております。

 その北銀へのアプローチルートは、駅からは大きく二通り有ります。
 駅から大栄橋を潜ってそのまま北行し、「桃仙郷」「不夜城」「多恋人」「桃山」へと続く線路側ルートと、大栄橋を潜ったら右折してコンビニ(サンクス)から北行し、「ミラクルガール(ヘルス)」「チアガール」「らぶゲッチュ〜(ヘルス)」「古城」「ニュー姫」へと続く中山道側ルートです。
 線路側ルートと中山道側ルートに挟まれた地帯に、ソープ17店、ヘルス3店が密集しているのが大宮・北銀です。

 さてその日の中島は、中山道側ルートを徒歩で散策しており、やがて見えてきた「チアガール」に何気なく入ってしまったのです。しかしそこには、誰もいません。あれれ?中島が「こんにちは」と大声を上げると、奥から店員さん登場!気の弱そうなおっちゃんが現れました。

 「写真を見てください」と出てきた5枚の写真を眺めます。「よかったら、これから出勤予定の娘のも見てください」と、さらに5枚の写真を見せて貰います。若いのから熟女、細いのから太いのまでラインナップは充実してるんじゃないでしょうか。可もなく不可もなくですが。
 決めかねているとおっちゃんが1枚の写真を勧めてきます。「この娘どうですか?でかいですよ」と、胸の前で球を描きます。「じゃ、この娘で」と簡単に決めてしまい、待合室に通されました。

 ここで改めて回りを見渡します。建物自体がそうなように、待合室もトイレも残念ながら相当年季を感じます。

 5分程でご案内の時間となり、階段下でコンパニオンとご対面!おっちゃんのお勧め通り「でけー」の一言です。見た目は30代ですが、スタイルは外人さんバリですね。デブまで行かないのに、胸にサッカーボール並の物を仕込んでいるとは、感動。

 階段を上がり通されたお部屋は4畳づつといった感じで広さは充分です。
 お風呂にお湯が溜まるまでの間、ブラの上からさわらせて貰いながらおっぱい談義です。相当重たいです。重たいが故の苦労話などを聞かせて貰いながら感触を楽しみました。即即がないのが残念ですね。

 この乳に充分責められたいので、ベットをパスしてマットだけをお願いして浴場へ移動。プレイの時間のほとんどでおっぱい責めを堪能して、上がりとなりました。

 <総評>
 格安店ですし、特筆する物はなかったです。建家は相当年季が入ってます。
 最近改装したAQUAや男爵(外壁?)を除けば大宮ソープ全体で言えることですが、年季は何処のお店でも感じます。仕方ないですね。新しければ良いってモンではないのですから。店員さん(おっちゃん)の気さくさはいいですね。

 埼玉支部 熊谷事務所長 中島豊 (H17.03.27)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜