〜©日本ピンサロ研究会〜

業務報告「黒川洋介氏還暦祝賀会報告」

by 勝太郎氏


 当会の重鎮である黒川洋介氏が、このたび還暦を迎えまして、有志でお祝いをしましたので報告致します。

 黒川洋介さんは、1本目のレポートが、平成17年11月6日掲載ですので、入会13年目になります。大阪支部を皮切りに研究部長、事務局長を歴任され、現在は運営諮問委員長という要職に就かれています。
 レポートは、5月末現在で167本投稿され、風俗店の調査レポートの他、研究部長時代には数多くの研究ノートを上梓されております。
 某保険会社が”理想の上司ランキング”をアンケートでやっていますが、黒川さんは、当会のまさに理想の上司であります。自然に「黒川さんの還暦祝いをしましょう」という機運が高まり、この宴席となった次第です。

 今回、日村京介東日本本部長から委嘱されまして、東京新橋の地で祝いの席を設けさせていただきました。
 当日は、梅雨の真っ只中でありましたが、お祝いの日に相応しく好天に恵まれ、平日ながら多くの会員さんが駆けつけてくださいました。懇親会場となった居酒屋は、まさかの地雷店で、1杯目目の飲み物が揃ったのが開始30分後。皆さんのイライラ(私が一番イライラかも)がピークに達したところで、やっと乾杯。酔わないうちにという要望により、黒川洋介氏さんからご挨拶がありました。
 その後、歓談、記念品贈呈という流れとなり、プレゼンターは総務部長が務められ、最後にKEN会長の挨拶で散会となりました。
 なお、日ピン恒例の胴上げは黒川さんに怪我をさせてはいけないので中止したことを付記しておきます。

 参加された皆さんから、黒川洋介さんにお祝いの言葉をいただいております。皆さんの思いを正確に伝えるため、修正を入れず、原文のママ、いただいた順に紹介します。

■らっきょ星人氏(千葉事務所長)
『黒川委員長。この度は誠におめでとうございます。これから始まる第二の人生、楽しく・気持ち良くお過ごしください。今度、一緒に調査しましょう。』

■風船工場長氏(総務部長)
『還暦、誠におめでとうございます。まだまだお元気なご様子、拝見いたしております。これからも、黒川さんの背中を見続けて逝きたいと思っております。当会なので、ここで終わんないっスよ(笑)。じじい代表として、黒川さんのご奮闘を皆さんもご期待していますので、老体にムチ打って下さい。老人虐待のようで酷いですね。サーセン。でも、私の期待の証です。』

■ライスシャワー氏(調査部別室長)
『還暦おめでとうございます。て言ってよろしいんでしょうか?現代社会では、まだまだ通過点の年齢ですので、これからの人生を頑張って下さい。また事務局長としても風俗ライフをお楽しみ下さいませ』

■えせ男爵氏(研究部長)
『還暦お祝い申し上げます。かつては人生50年ともいわれましたが、ヒトは生物学的には120年くらいまで生きられるように設計されているといわれています。これからもますます充実した風俗ライフをお送りいただき、後進のお手本となっていただければ幸いです。』

■ばーじる氏(神奈川東機動調査隊長)
『秦野で颯爽とピンサロに向かう後ろ姿が忘れられません。私もあんな風になりたい!!これからもダンディでいて下さい。』

■cassis氏(対ボッタ襲撃調査隊統括隊員兼錦糸町事務所長)
『この度は還暦を迎えられましたことを心よりお祝い申し上げます。自分が当会のメンバーとして活動していけるきっかけを作っていただいたのが黒川さんでした。5年程前、まだ当会に馴染めていない自分でしたが、新橋の懇親会の席で黒川さんとぴんてーぷさんにお誘い頂き、初めてのプチ合同(堀之内)に参加し、楽しい時間を過ごした事を今でも鮮明に覚えております。これからもお体を大切に、日ピン研の頼れるお兄さんとして、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。』

■naoto氏(東京西支部長)
『ただただ尊敬するばかりです。自身が節目の歳まで遊び続けられるのか、イヤそれ以上に健康な肉体を維持できるのか、心配でなりません。黒川さんを目指して、精進していく所存です。』

■秋空合氏(東京北機動調査隊先任隊員)
『この度は還暦おめでとうございます。この日がお会いするのが2度目になりますが、前回はお話できなかったので、今後も生涯現役でよろしくお願いします。』

■ぴんてーぷ氏(デルタフォース隊長)
『還暦おめでとうございます!新しい門出を祝し、ぜひ一人でもデリヘルを調査できるよう願っております。もしまだ一人が怖いのなら近所のよしみで一緒にお付き合い致しますので、レポを書くのは忘れずに(笑)』

■日村京介氏(東日本本部長)
『黒川さん還暦おめでとうございます。いつも優しく、研究について、様々な知識を教えて頂きありがとうございます。現在は風俗HPも進化しましたが、初期の黒川さんのレポートの評価に、HPの質という項目が存在した事が、目の付けどころが凄いと思ってました。今後も長く、生涯現役で活動して下さい。とても還暦の方には見えません(笑)』

■KEN氏(日本ピンサロ研究会会長)
『人生百年』

■ワンセブン氏(東京地区調査隊長)
『生誕60周年おめでとうございます。今後も重鎮として会の牽引と御指導を宜しくお願い致します。』

■勝太郎(調査部)
 黒川さん、還暦おめでとうございます。黒川さんとは、2008年の西日本本部御用納式で初めてお会いしました。その時は30名を超える参加者の一人で、お話する機会が無く、その翌年、私が夏の九州遠征をした時に九州三人衆(黒川さん、sinさん、ででんさん)で迎撃していただいたことが黒川さんとの出会いでありました。その後、私が仙台にいた時に出張で来られて二人で飲んだり、私が東京勤務になってからは、五反田等で特にお会いする回数が増えました。冒頭で述べたように、”理想の上司”という表現がぴったりなお方です。そんな黒川さんですが、デリヘルは苦手なようで選んだ店を風船さんや私にダメ出しされたり、ホテヘルの受付所に一人で行けなかったりなど、お茶目なところも魅力です。
 主務の特権で長々と書きましたが、ここから贈る言葉です。
『還暦は人生の一つの区切りとして、これからの人生をどう生きるか考える時期だと思います。近年は雇用延長などで会社では65歳くらいまで働けますが、日ピンに定年はありません。お身体に気をつけていただき、これからも日ピンの理想の上司でいてください。』

 最後に、皆さんの温かいお言葉を受けまして、黒川洋介さんから、これからの人生の抱負のお言葉をいただいておりますので紹介します。

■黒川洋介氏(運営諮問委員長)
『このたびは、私の還暦に際し、勝太郎さんには祝いの会を開催頂き感謝致します。みなさまにはご多忙中のところご出席賜わり、過分なるお心遣いに御礼申し上げます。
 私も人生の節目の60周年を迎えることができました。この歳で一人の男として性風俗で遊んでいけるのも、ひとえに皆さまと一緒に活動でき、会員の方々の風俗に対する篤い想いを身に浴びているおかげと感謝の念に堪えません。なお、還暦は干支が1週して赤ちゃんに還ると言います。それにちなんだ内祝いを選ばせて頂きました。
 日本ピンサロ研究会も20周年を迎えられ、今後ますますご発展されるかと思います。いつまで勃つのか分かりませんが、これからも地道に発射して体験報告して参る所存です。今後も変わらず一緒に遊んで頂ければ、これに勝る喜びはありません。
 よろしくお願いします。そして誠にありがとうございました。』

 なお、皆さんからカンパをいただきまして、黒川さんに記念品をお渡ししました。還暦祝いといえば、「赤いずきん」や「赤いちゃんちゃんこ」が一般的ですが、もらっても実用的でありません。当会的に「赤いコンドーム」も考えましたが、1ダースもらっても生きてる間に(サーセン!)使い切れるか不安でしたので、「赤いパンツ」を贈らせていただきました。還暦土俵入り(調査)の際に”勝負パンツ”として使っていただければ幸いです。また、漏らしてしまった時の替えに黒川さんに因んで黒いパンツもセットで贈らせていただきました。

 以上をもちまして、黒川洋介氏還暦祝いの報告とさせていただきます。
 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。地域性等を考慮して広くお声がけしたつもりですが、案内が行かなかった方、日程が合わなかった方には大変失礼しました。心よりお詫び申し上げます。

 調査部長 勝太郎 (H30.06.20)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜