〜©日本ピンサロ研究会〜

業務報告「川越懇親会報告」

by KEN氏


 こんばんは,ソニー"KEN"クロケットです。
 今回は,川越で催行されました懇親会の会務報告です。

 なぜに川越?かと言いますと,圏央道が開通し,北関東各地と神奈川,東京西部からのアクセスが格段に良くなり,栃木,群馬や東京多摩地区は何度となく行かせて頂きましたが,埼玉県南部は素取りするだけだったので,一度行ってみようと思っていた事,それと,日村さんが孤軍奮闘して埼玉の調査を実施していたため,その援護射撃?と言う意味も含めて,開催させて頂きました。

 川越は店舗型が壊滅し,デリもあまり多くないようで,正直ってあまり参加は見込めないと思っておりましたが,二桁の参加を頂きました。この場を借りまして,御礼申し上げます。また,思いのほか埼玉支部の皆様にご参加して頂きました。
 今回気が付きましたが,川越は池袋,新宿,大宮と鉄道が直結しており,池袋は35分,大宮は20分ちょい程度,自動車は関越道を少し行くと圏央道とつながっており,意外に交通の便がいい事です。ただ,風船さんが2時間以上掛かったと仰っていましたが,千葉方面や神奈川東部(当会でいうところの神奈川東支部所管地域)については,どのような手段を使っても,相応に時間がかかり,宇都宮や甲府などから来るより,時間がかかるかもしれません。

 今回ご参加いただいたのは,遠い昔「伝説」の非会員として名を馳せていましたが,会員となり伝説でなくなってしまった,フェルメールさん,地元会員で会員歴はかなり古く,非常に濃い人生を歩んでおられるSWEETYさん,最近他の趣味に忙しいようで,あまりお見掛けしませんでしたが,印度の水タバコのようなものを吸っていたミタオアさん,自分たちの人生が如何に幸せかを身をもって示してくれる,数日間限定の隻眼の男,しいさん(敬称略),フェルさんと飲みたかったので電車で来た!と豪語するnaotoさん(多分車なら電車の1/4の時間で来れます),幽霊会員から亡霊会員に格上げになりそうな,酒がめっきり弱くなった,はなぢさん,北朝鮮の不穏な動きに対応すべく,某地で対物狙撃銃を打ちまくって密かに軍事訓練を積んできた日村京介さん,最近なんだかコンビを組んでいるんじゃないか?と思われる,勝太郎さんと風船工場長さん,そしてわたくしの以上10名です。

 という事で,わたくしは当日12時過ぎに拙宅を出発,さすがに圏央道効果で,事故渋滞があったにも関わらず,1時間20分で到着しました。昔関越道経由で3時間以上かかったのが嘘のようです。時間はまだチェックイン前ですので,本川越駅のペペなる商業施設の模型屋に伺い,ちょっと買い物をして丁度チェックイン時間になったので,ホテルへ。ちなみに,勝太郎さんと風船さんも同じ宿だったのですが,安い!と言う事でよく見ないで予約したら,チェックインが17時からのプランだったようです。皆様もお気を付けください。
 わたくしは自宅出発前に,すでに2件予約済み,取り敢えず,宴席前に1件調査いたしました。
 その後,同じ宿の勝太郎さん,風船さんとわたくしの部屋で合流し,勝太郎さんがわたくしの部屋でマーキング行為を行っておりました(まるで犬のように,わたくしの部屋に来ると,大抵小便をしていくのです)。その後くしゃみが止まらないとか,屁がでそうだとか,どうでもいい話しをして,時間となったので,宴会場に移動しました。
 宴会はフェルさんを中心として,宴席をしたわけですが,途中,日村さんが何やら棒付きキャンディを取り出して「舐めちゃだめですよ!」と言いながら,皆に配り始めています。舐めちゃいけないキャンディなんて寄こすんじゃない!と思ってよく見たら,キャンディの部分がコンドームになっております。これには一同唖然,さらにはカメさんのキーホルダーも配り始め,気が利くんだか利かないんだか,やはりよくわからない日村さんです。
 宴席の最中,フェルさんから,なんで川越事務所で所沢事務所ではないのか?と言う質問を頂きました。これには,SWEETYさんなど地元会員も同様の見解のようで,川越より所沢のほうが都市としての規模が大きかった(現在は拮抗しているよう)ようで,違和感を感じておられたようです。
 わたくし,幼い頃に時刻表を眺めるのが趣味でした。問題は,その時刻表が交通公社(現JTB)のもので,当時は国鉄がメインであり,私鉄は端っこにちょっと載っているだけ,地図も国鉄中心のやや歪な形になっていたのです。地理はそれで覚えたようなものなので,わたくしの脳内地図はいまだに少し歪んでおります。その地図で国鉄は黒の太線,私鉄は青の細い線で表示されおり,駅も国鉄の駅の方が大きく表示されていました。そんなものを見続けていたため,国鉄の駅がある=大きい都市,私鉄の駅しかない=小さい都市と子供の頃に刷り込みが出来てしまっていました。川越は国鉄(現JR)の駅があるが,所沢は西武しかない,そのため,川越の方が偉い(大きい)と思い込んでいたのであります。
 これが当会の埼玉県西部は,所沢事務所ではなく,川越事務所が存在する理由であります。
 そんなこんなで宴席も終わり,フェルさんを送ろうと思ったら,二次会に行くとの事,わたくしと勝太郎さんはホテルに戻りました。その後フェルさんに電話してみると。。。明らかに酔っ払っています。記憶するところ,フェルさんがあんな酔っ払っているのをはじめてのような気がします。楽しんでいただけたようで,幹事としても胸をなでおろしました。
 結構な時間まで皆さん飲まれていたようで,その後,はなぢさんが終電で帰宅したと思ったら,日付が変わったころに宇都宮で宿泊場所をさがしていたそうです。さらには風船さんからメールがあり,しいさんが忘れ物をして帰ってしまったとの事,翌日その忘れ物を風船さんから受け取り,しいさんに渡しましたが,なんでこんな大きなものを忘れんだ。。。と言うような大きなリックでした。かなり酔っていたようですね。
 そんな愉快な二次会をしり目に,わたくしと勝太郎さんは調査を実施,その後風船さんもホテルに戻って,土曜の夜中と言う御茶引き嬢しか残っていないのではないかと言う過酷な状況で,フリーでデリを調査したようです。さすがです。
 別の宿に泊まっておりました,日村さんは,実戦を想定した炎天下での射撃訓練で,思いのほか日焼けしてしまい,皮膚がボロボロのため調査を断念すると言うハプニングもございました(ただし,宴席前にピンサロを調査したそうです)。

 翌日は,同宿の風船さん,勝太郎さんと昼食,街中を歩いていると「満洲」と言う餃子屋さんに,勝太郎さんがニタニタしながら激しく反応しているので,ここで昼食を摂る事に決定,なんでも埼玉では有名な餃子屋さんらしいです。味はまぁまぁですが,安くてボリュームがありました。
 昼食が終わって,散会,自動車で帰宅して,わたくしの川越懇親会の全日程が終了した次第です。

 参加された皆様,お忙しいところ,ありがとうございました。
 個人的には,1件目が良かったので,再訪したいところです。その時はフェルさんをはじめ,埼玉支部の皆様と,是非一杯お願いしたいところです。

 日本ピンサロ研究会 会長 KEN (H29.04.28)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜