〜©日本ピンサロ研究会〜

業務報告「立川合同調査報告」

by GON氏


 みなさん、こんにちは!東日本本部長@GONです。
 今回は立川で執り行われました合同調査の会務報告です。

 東京西管轄で合同調査を行おうと思ったのですが、合同調査を行うパイを考えると、立川ぐらいか・・・と考え、久々の立川での開催です。
 当日はランチ部隊も編成し、ランチを食した後に皆で立川風俗を巡回しますが・・・あれ?立川ってこんなもんだったけ???という感じです。私も大分、立川に来る事はご無沙汰であったのですが、随分と寂しくなってしまったもんです。それでも東京西では有数の風俗街ではありますが・・・。

 集合時間になり、調査隊を編成。まずは立川風俗ビルを散策します。写真レベルはそこそこ良い様ですね。。。。ピンサロやホテヘルよりもデリヘルのパイが多いので、皆さんそちらの方に興味があるようですが、それでも当会の勇猛果敢な人たちは突撃いたしました。

 懇親会では楽しくお話をして、散会となりました。やはり、趣味趣向が似ている人たちとの会話は本当に楽しいですね。そういえば、今回は立川に泊まった人も大勢いたようです。レポに期待がもてますね!

 それでは参加者の紹介です。今回は総勢13名の参加でした。

勝太郎氏
 当日は立川とは予想がつかない場所からの前乗り・・・。頭の中が ??? です。少し行動がアグレッシブになってきた模様。当日は会長と同じくホテル宿泊の為、デリを発注しておりましたが、結果はいかがでしたでしょうか?今年は去年以上に暴れそうな予感です。

フェルメール氏
 懇親会からの参加でしたが、やはり店舗型及び怪しいお店といえばこの人でしょう。懇親会では合同調査場所案を何点か出していましたが、今年は色々な場所で合同が開けそうですね。今年もフェルメールさんが縦横無尽に動いていく様な気がします。

ワンセブン氏
 やはり・・・というか確信していましたが、今回も激安店を調査しておりました。容姿は微妙でも大満足するのが私とワンセブンさんです。しかし、ワンセブンさんのような趣向の会員が多いのも当会なんですよね。レポが楽しみです!

ティラミス☆彡氏
 東日本移籍してきました若侍です。九州でその勇猛果敢ぶりを発揮していましたので、東日本でも期待ですね。今年は東日本の若きエースとして大いにご活躍されると思います。

おはぎ氏
 立川にて一番危険なお店に突入していました。どこ行くか?聞いた後の満面の笑みでのお店の説明は,まさに武者でございました。結果はやっぱりね、でしたが、それでも楽しんで調査をしているあたりが良いですね。レポが楽しみです!

アローゼン氏
 東京西マイスター。実は立川の調査店舗場所が全然わからなかったのですが、アローゼンさんが全て把握していました。東京西に対しての愛情も深く、今後さらにご活躍しそうです。今年は大ブレークの予感!?

Cassis氏
 とある人に東京南で合同を!と言われておりましたが、今年は幹事を行いそうですね。東日本きってのホープは今年 大化けするかもしれません。今年は東京は大いに熱くなりそうです!

袋小路炉賛人氏
 当日はロリ系の女の子を調査おり、顔はOKでしたが、サービス地雷だったようで・・・炉賛人さんが決めたあとにドロリな子がいて、写真見学に行って後悔していた様です。ロリといえば炉賛人さんという時代が来るかもしれません。

日村京介氏
 よく名前を氷●と間違えてしまいます。まぁ、間違えても良いか。意外にアグレッシブという事とアブノーマルという事が分かりましたので、東日本のアブノーマル店は調査してもらえそうです。(してもらえるかな??)

ベリンダ氏
 意外に若いので驚きました。当会で青年部を作ろうという話になりましたので、前向きに検討したいと思います。でも、青年ではなく、性年部ですね。
 当日は解散後にキャバクラやらピンサロを調査した模様。私よりもよっぽどアグレッシブですね。。。

Naoto氏
 初めまして!でしたが、非常に温かそうな雰囲気を持っていながら、実はエロ親父ですね。そりゃ当然です。当会の会員ですから。ルーキーイヤー、ご活躍されると思います!

KEN会長
 当日は立川に宿泊して、未レポのデリヘルをどんどんと撃破した様です。結果も概ね良好の様で・・・つまらないですね。今回も当方の情けない対応を見て、眉間にシワが寄っているのでございました。

 そして、有言不実行 へたれ本部長のGONです。
 立川で行いながら、立川の地理を全く把握しておらず、アローゼンさんにお任せするなど、今回も主務としての体たらく振りを発揮しておりました。

 今年は3ヶ月毎に合同を開こうと考えております、東日本の発展に少しでも力添えしたいと思います。

 以上、立川合同調査会務報告書でございました。

 東日本本部長 GON (H26.03.19)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜