〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「レンタル他人妻」(四日市)

by かづ氏


 広域調査課・監査班長、かづです。
 四日市単独調査レポ1/1、「これが噂に聞くメンヘラ嬢か」です。

 当地であそんだのは2年前。以来、年に2回ほど、再訪の予定ができてはキャンセルを繰り返し、久しぶりの訪問となった。前回あそんだときによかった(けど結果暴発)Hさんをと思い、サイトを見ると消えている。よくあることと見送ればそれっきりなのだが、思い立ってあるスジで調べたところ、同市内の他店にいることがわかり、楽しみにしていた・・・のだが、当日はお休み。ざんねん。
 昼間の用事が終わり、同行者と魚介を堪能した後、別行動に。さてと、めぼしいデリ店を検索するも、じつは数日前から見ているのだが、一昨年の既レポ2店、これはという嬢が見当たらない。未レポのH店で光る人妻を見つけ、架電するも3時間待ち。もう1店の未レポ、実は上記のH姫が在籍する当該店。

店名:レンタル他人妻
場所:東海・四日市
業種:デリバリーヘルス(無店舗型・デリヘル)
HP:ぴゅあらば
電話:090-3158-6969
営業時間:12:00〜04:00
日時:3月上旬、週末、深夜
今回費用:60分14,000円(タイプ合せで指名料なし。通常13,000円+ビジホ1,000円)
通常:13k@60m、14k@75m、19k@90m、25k@120m、31k@150m、37k@180m。指名1k、市内交通費なし。

《受付》
 中年な男性某ぃ氏が、恥ずかしげに店名を名乗ります。『Hさんは休みだよね』と念のため。すまなそうに「そうなんです。今なら4人ほどいけますが」。拙『30代で、太くない方は』と聞くと、某「ちょうどひとり」、拙『60分でいくら?』、上記を確認して発注。ホテル名と部屋番号を告げ、15分で行きますと。

《ご対面》
 20分ほどでノック。「かづさんですね」とにこやかに入室。細面の美人さん。webでは顔暈しですが、ルックスイメージ、ボディスペックからご本人で、逆パネマジ10%。30s半ばよりは上と思われますが、小柄なスタイルも若々しく、愛嬌の良さもあってアタリを確信します、この時は。
 入室の電話の後、事務ごと。手土産とPETのお茶をさしあげて和みますが、会話を始めると違和感が。キャッチボールをしているようで、投げた球が10個になって返ってきたり(それはいい)、中に同じ球が3回あったり、相槌を打ったのに90度向こうに返されたり、、、気は許してくれたようで、嬢自身のこともよく話しますが、たまに滑舌がおかしいので、もしや華系かとも思いましたが、これは早とちりで、関西大都市から来た(でデリしてた)が、生まれは別の県とのこと。
 出稼ぎを続けていて、「旅行は好きやけん」このあとは各地(の風俗店)を回り、「来年はオリンピック見に行く」んだと。繋がっているようで、話は拡散。大都市では「自己中の客も多くて、途中でお店に電話することも多かった」とか。ムム、これは最近、研究部長のノートで読んだ「いわゆるメンヘラ風俗嬢」では、と思い当ります。

《プレイ》
 ころあいで、嬢からお誘いでシャワーへ。お互いセルフで脱衣し、湯を張っておいたのと、歯磨きの跡をみつけてお礼を言われます。シャワーでは前面主体で洗体してくれ、とくべつプレイはなし。拭きあげはセルフ。
 ベッドへ移り、D-kissからスタート。「どっちからはじめる?」ときかれれば、拙からの攻めターン。聞けば備蓄を優しく、奥は痛いので、外を優しくされるとよくなるとのこと。ちょっと攻め手に困る言い訳パターンではありますが、じっさいに攻めてみると、さほど嫌がりはしません。無味無臭なので92してみると、声は上がりますが「あー、あー、あー」「キモチぃー」と素っ気ない。
 あまり面白くもないので攻守交代してもらうと、速攻で笛羅。浅深、強弱、はあるものの、ポイントを探るでもなく、テクとしては単調。それでも熱心に続けてはくれますが、相性的に合わないせいか、徹夜だったので疲れてたか、酒を飲みすぎてたせいか、いまひとつ芯が入りません。引き寄せて69いや、普段なら攻めてる間にギンなんですけど。
 あまりに健気に続けてくれるので、須磨を提案すると、「まだ起ってないよ」といいながらもローション投入し、機上位でスリスリしてくれ、下から美乳を掴むと顔をゆがめる様に、ようやく反応もあったので、体を入れ替えて純生成城位須磨でガシガシと擦ると、昂ぶるものの、「あー、あー、キモチぃー」と醒める声。昇りつめる感が来ないのを、嬢も察して、「キスで手古希してあげようか」との提案に、この体調では自力では難しいかと同意。ローション手古希で発車させてもらいました。
「はい、おわり。よかったね」と、そりゃそうではあるが、何か納得いかない。。。
 後シャワーでは、再び前面主体での洗体。拭きあげはセルフ。
 部屋に戻って身支度すると、手土産を「いただくわ」と開けてパクパクパクと完食。まあいいんだけど、『一緒に』とかなくても。やはり嬢のほうも、うすーく自己中。  時間になり、明るくばいばい。

《評価》
嬢Aさん HP公称3o歳、推定+2歳 手目測:T155-85D-58-86
ルックス:8/10(細面の小顔美人型、。尾Nm千子似かも)
スタイル:8/10(アラ40には見えないスレンダー。微乳・クビレ・微尻。脚もキレイ)
性格・雰囲気:4/10(明るく、気遣いもあるよう。が、会話がなにしろ、、、)
サービス:7/10(今回は、拙の体調不十分のせいかと。献身的に攻めてはくれた)
テク:6/10(笛羅はかなり単調。須磨受けは上々)
で、トータル66/100p。

店舗:-(無店舗デリ)
対応:4/5(指名料なしでタイプあわせ。時間管理等、問題なし)
ホテル:-(ビジネスホテル)

《総評》
 サービスとしては、しっかり健気にこなしてくれました。ひとえに、拙の体調不十分からの不満足。
 と言い切るのもちょっとひっかかる会話でした。知見も経験もあまりない(ほぼ初めて)ので、なんとも言えませんが、人見知りではない(少なくとも表面上は)ものの、もし否定的なことを言えば(拙がそれをすることはまずないですが)、キレるんじゃないかと感じました。
 webに登録は残っていますが、すでに次の地に旅立ったようで、2度と会うことはないと思います。
 店舗は、今年になってオープンしたよう。時間管理は上々、価格提示もクリア、魅力的な画像の嬢も複数いるので、次回以降も候補店です。まずはH姫と再会を期します。

 以上、かづ#134でした。

 調査部 広域調査課 監査班長 かづ (H31.03.02)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜