〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「ホットポイントヴィラ」(熊本)

by かづ氏


 DELTAFORCE、Charlie-7小隊長、日和見・出張あそび人、かづです。
 この日は、熊本での初おあそび。熊本単独調査レポ1/3、「蕩ける愛人との逢瀬」です。

 急にきた熊本出張の命。アポの都合で、市内移動後、時間があることが判明。前日、検索して箱ならここ、出勤予定から嬢の候補を3人ほどに絞り、当日、羽田空港の搭乗待合いから架電。

店名:ホットポイント・ヴィラ
場所:九州北・熊本
業種:ファッションヘルス(トクヨク・店舗型ヘルス)
HP:http://www.hotpoint-villa.cc/(PC)
参考:https://hkvs.mobi/sp_index.php/(携帯、スマホ。出勤情報などはこちら)
電話:096-351-7500
営業時間:9:00-24:00
日時:11月中旬、平日、昼どき。
今回費用:60分18,000円(50分16,000円+指名料2,000円のところ、イベントで+10分)
通常:40分13k、50分16k、60分19k、70分22k、90分26.5k、110分40k(ビジター)。メンバーは各1k引き。指名料2kから。

《受付まで》
 店名、氏名を名乗る若いにいちゃんの声。指名を聞かれて第一候補、xx時45分でとは言うと、xx+1時出ご案内可能ですと。50分コース指定すると、電話予約では+10分で総額18,000円ですと。ならば某サイトの50分フリー15,000円よりいいので、それで承知。バスで市内に入った頃、確認を入れると、予定通りにお越しくださいと。
 早い昼食とも思ったが、まだ開店前の店がほとんどで、30分前に入店。受付は予約の名前で通り、提示総額を払って、グループのメンバーカード、ポイントカードをもらい、待合いに。棒ィ氏、ご案内時間を確認してきますという間に、トイレを借り、壁のパネルを見回していると、あれ、指名嬢、上位ランカーじゃん。と15分前に「ご案内できます」。

《嬢印象》
 カーテンをくぐると、にこやかに待つ嬢。HP画では、叶m香か藤W紀kかというキレイ系ルックスに惹かれて指名したが、標記身長ではアンバランスと思っていたところ、小ぶりにつり合ったルックスとスタイル。パネルと比べるなら、別人に見えるほど、全体の雰囲気が違う。年齢も標記よりやや高めな感じだが、かえってストライクゾーンに近い。これでトップランカーということは、リピート人気が絶大なサービスかと、期待度up。

《プレイ》
 大きなバッグに気づいた嬢「ご出張?」、拙『今着いた』。置いたバッグから、はじめましてのお土産をわたすと、包装の隅々まで見て「東京のだぁ」と歓喜。首に巻きついての濃ゆーいkiss。ジャケット、スラックス、シャツとアシストで脱がしてくれ、それぞれ丁寧に吊ってくれます。
 嬢はふわりとしたシャツを脱いでしまったので、あわてて部羅、スカート、藩邸と外してさしあげます。スレンダーなボディは、アラ40というよりむしろ幼さもあり、唇から首、肩へとkissを這わせると甘い声が漏れます。抱きしめるとしなだれてくるので、そっとベッドへ押し倒して見ると受けてくれるので、そのまま即プレイ突入です。
 といっても、しばらくはたっぷりとkiss。そろりと手を下へ這わせれば、すでにしっとりとしたそこはイイところを教えてくれ、敢えて『どこがイイの?』と聞いても「んっ」と言うだけで恥ずかしがって答えてはくれません。そそるなぁ、この反応。となれば確信をもって92から、蕾、中、外と交互に、また同時に指舌攻めすれば,嬢「そこ、いい、だめ、いっしょ、だめぇ」拙『だめなの?』嬢「いいの、きもちいいのぉ」。急がずゆっくり昇っては降り、休んでは走り、やがて熱い目で見つめてくれるのを合図に、一気に攻めると、体を弾ませて逝ってくれ「何度もかるく逝ったの」。
 深いkissでしばし余韻「逝きすぎてうごけない」。おもむろに上になるとかなりHな備蓄舐め、からもっとHな笛羅。もう縦横無尽、先奥、浅深、強弱自在。なんども引止め、そのたび妖艶な笑みで、突き倒されて笛羅、と69を繰り返します。頃合と須磨の提案を受けてくれ、添えられた手をおずおずと握ると頷いてくれたので、純生成城位須磨になり、何度か微修正で「あ、そこ」と双方合意の位置関係で、手を握り合い、首に腕を絡め、脚ロックまでされて大量発車となりました。

 さっと紙で処理した後、添い寝で息を入れるとインターフォンが鳴り、聞けば10分前とのこと。『シャワーしないではじめちゃったね』と言うと恥ずかしそうに「だって」、とシャワーにしてもらいます。対面でやさしく手洗いされ、「どうぞ」とバスを勧められ、そして混浴で軽く抱き合い、ゆるく撫で合い。この間も数分おきにコールがなりますが、意に介さぬ嬢。しっかり拭きあげてくれ、拙は午後に備えてスーツにネクタイに着替え。もちろん一枚ずつ、熟練の愛人のような嬢のアシストで。「カード持っていける?」『もちろん』。濃い熱いメッセいっぱいのカードもらい、ドアノブに手を掛け、振り返ってのkissで「いってらっしゃい」。

《評価》
姫Hさん HP公称3x歳、推定+5から8 手目測:T155-83C-56-85
ルックス:8/10(キレイ系オネエサン美女のつもりが、優しい人妻系。三倉k奈似かな)
スタイル:9/10(キレイ美女じゃないが、それなりスレンダー、小ぶりと好み。抱き甲斐芳し)
性格・雰囲気:10/10(笑顔、会話、癒し、イヤラし。プレイがどうのより、気遣い120%)
サービス:10/10(NGなし。D-kiss。受け上手だが攻めも自在。なにより癒し度120%)
テク:10/10(笛羅、須磨も文句ないんだが、どのテクがどうのというんじゃなく、蕩け)、で94p。

店舗:3/5(ビルの1F受付。ソープ街からちょっとはずれ、やや人通りもある)
店内:4/5(待合いはゆったり10人可。トイレも広くて快適)
ルーム:5/5(元ソープかと思うほどの広さ。マットありだし。バスタブがあるのはうれしい)
対応:4/5(早くついたら早い開始。事後、簡単にインタビューもあり)

《総評》
 結果的に即キス、即プレイになりました。しかもサービスというより、愛人感覚です。この流れがこの嬢の本領なのかはわかりませんが、いずれにしろリピ人気なのは納得です。HP画のルックスに惹かれたのですが、そんなものは吹っ飛んでしまう、気遣いと癒しとイヤラしです。
 なかなか来る機会のない地ですが、次があれば、拙もリピ確実です。

 以上、かづ#116でした。

 特殊強襲調査隊 C中隊 第7小隊長 かづ (H30.12.01)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 弥生庁長官氏(H28.08.06), えせ男爵氏(H30.09.22), マインツ岡崎氏(H30.10.23) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜