〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「華」(那覇)

by 風船工場長氏


 日ピン研をご覧の皆様、こんにちは。いつも大変お世話になっております。総務部の風船工場長でございます。

 当会初の那覇合同調査が、勝太郎さん指揮の下、開催されました。ご参集の皆さん、お疲れ様でした。その際に調査したレポ2/3となります。いつもお目汚しでございますが、ご覧下さい。

第353回レポ
場所:那覇市
店名:華
業種:デリヘル
HP:http://hptop.jp/club_hana/
費用:60分13K(ヘブン割引料金摘要)
時期:平成30年皐月

判定
店舗:略(デリヘルだもの)
店員:4(丁寧な応対です)
お嬢:3(エド・は○みさん似)
技術:4(ザ・熟女の技量)
CP:3(フツー)
満足度:3(非うちなーちゅのため)

タイトル:連戦大和んちゅ

(プロローグ)
 勝太郎さんお手配の、美味しく楽しい懇親会が、終わりました。通常、散会となるのですが、事前に勝太郎さんから、オプショナルナイトツアー(大人の社会科見学A、吉原探訪)のご提案があり、私も参加することにしました。
 吉原は、結果として復活してないことの確認に終わりましたが、それはそれで意義があったと思います。

(プロローグ2)
 吉原が復活してたら、突撃、それは惨劇?喜劇?!ヒ○キ(故人)感激と目論んでいたので、夜のデリヘル調査を予約せずでありました。
 吉原からの帰路、宿の場所で、強面軍団号に交ぜていただき、那覇市へ戻りました。様々なお手配をされた勝太郎さんに、レポでお応えするため、もう1件調査せねばと思ったです。

(予約電話〜)
 未レポのデリヘルに2軒連絡したのですが、2軒とも出ません。う〜ん、何だかなぁ。諦めかけていたら、当該店舗を発見。「未レポ」という私の誤った思い込みで架電。特に店員氏の「お任せ下さい」という言葉に、安心し,お嬢さんのご到着を待ちました。ご到着が深夜だったので泊まった宿の都合により、1階まで迎えに逝きました。

(選定理由)
 調査日前日まで、未レポでした。当日ヤンさんが、調査されていることに気が付きませんでした。ヤンさん、サーセン。

(ご対面〜)
 私は、ついに目も悪くなってきたのでしょうか。スレンダーを頼んだのに、ふっくらとした女性がブーブーから出てきました。
 簡単に挨拶を済ませ、熟女の癒しに期待しながら、部屋に帰還。最短時間で商談成立となりました。
 すぐにシャワーとなりましたが、お嬢さんは意外なことに恥ずかしがっていましたので、室内の照度を落とし互いにセルフで脱衣。じじいとしては、「風呂場が明るいじゃんか」と、思っていたです。シャワーはフツーで特筆することはナッシング〜でした。

(プレイ)
 お嬢さんは、ご奉仕好きのご様子で、じじいは「なすがまま」となりました。これが、シャワーだと「なすがママンシャワー」になるのかも知れません。改正さん、私はママンシャワーが良く判っていないのに、サーセン。ディスっている気持ちは、微塵もございません。改正さん、今度ママンが如何なるモノなのかをおせーて下さい。

(プレイ2)
 じじいは、なすがママン。高まってきましたので素股を所望。徐々にエドさんの、グーグーグーなグラインドが、グー×「いっぱい」になってきました。ナッシングーさんが、あ…エドさんが、艶っぽくなってきたので、ジョー山吹色から教わったノーガード戦法な私も、遅ればせながら燃え高ぶってきて、発射となりました。本日2回目の発射でしたが、大量です。サーセン。おっつぁん(非おんつぁんさん)、おっつぁんよ〜。

(1,000発への道)
 今回の発射回数、1回。千発まで残り864。今年の目標まで、51/100。

(エピローグ)
 沖縄のデリは…というオコエを聞いていたのですが、思ったよりもルイルイでした。サーセン。思っていたよりも、当該店舗は良かったです。ヤンさんが、まさかのやんちゃをされたと拝聴しておりましたので、ヤンさんのレポも楽しみにいたしております。

 ではでは、最後にお約束の川柳でございます。

グーグーと 那覇決戦は エドさんと

 長文、駄文にも拘わらず、最後までご覧下さいまして、誠にありがとうございました。

 総務部長 風船工場長 (H30.06.12)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ヤン氏(H30.05.30) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜