〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「アメリカ屋」(那覇)

by ベリンダ氏


 皆様こんにちは、ベリンダです。

 那覇合同当日、目覚めたら既に10時過ぎ(汗)幼馴染のゆうすけメンバーと飲むと、どうしても飲み過ぎてしまいます・・・。時間もないので、う●こを済ませて重たい身体をシャワーで起こし、タクシーで辻へ。那覇らしく、ランチはステーキです。アホな私にとっては、数時間ぶりのステーキでした。

 お腹を満たした後は、何気に楽しみにしていた辺野古ツアーへ出発。現地へ到着すると、30人ほどの抗議部隊がカヤックか何かで妨害しに行くところでした。御苦労なことですねぇ。キャンプ・シュワブ周辺に巣食うプロ市民も、報道で見るよりはずっと小規模に感じました。何事も、自分の目で見ることが大切ですね。

 そうして夕方前には辻へ戻り、いよいよ調査の時間。未レポ一掃のため某本部長に強制参加させられたあみだくじでは、『プロポーション オキナワ』を引いていました。しかし、4日前に予約した嬢が一方的にキャンセル、3日前に予約確定した別の嬢は出勤表から消え、店からは何の連絡もありません。ク●過ぎてやってられるか!と思い、完全ノープランで当日を迎えました。

 そんな中、あみだくじ参加のゆうすけメンバーが、アナル君を満足させると言って職務放棄です・・・orzこの責任は、幼馴染の私が果たすしかないでしょう。今回調査したのは、こちらのお店です。

◆店名:アメリカ屋
◆業種:ソープ
◆場所:那覇 辻
◆HP:ありません
◆日時:H30年5月中旬 夕方
◆費用:60分 15,000円(フリー)

 ともさんが「写真は見れますか?」と店員氏に確認したところ、「地元の娘ばかりなんでありません」との回答でした。まあ、そうでしょうね。今はHPもないですし。付いて来て下さった皆様とはここでお別れとなり、店員氏の先導で店内へ。

店「20分待ってくれたら綺麗な娘付けますから」
ベ「はい」

 たった一言、短く言葉を交わして待合室へ通されます。しばらくすると「どうぞ」と言ってよく冷えた烏龍茶(缶)を出してくれました。料金やコースの説明は一切ありません。でも、今日はBBAとネタ調査な心積もりなんで気になりません。むしろ、ネタが増えたとニヤニヤしてしまいます(笑)

 通された待合室は10人くらいのキャパで、そこそこ広め。目の前に置いてあった雑誌を手に取ったら、熟女モノしかありませんでした。もはや完全なとも物件です・・・。BBA登場の予感しかしません。そして、20分ほど経った頃・・・。

 コツ・・・コツ・・・・。

 いやいやいや!これはさすがにアカンやつ・・・(*_*)

 杖を付いた熟女マダムが、廊下を歩いてきます。さすがに通り過ぎるだろうと思っていたら、突然立ち止まりました。これは・・・凄い調査だ・・・。いや、介護だ!!(・_・;

マ「お兄ちゃん!案内ね〜」
ベ「・・・えっ?」
マ「私じゃないわよ〜(笑)安心して!」
ベ「ハイ・・・(汗)」

 マダムの手招きに応じて待合室を出ます。一言二言会話を交わし、ふと右手を見ると嬢が待っておりました。

 いざ、ごたいめ〜ん!

 あれ・・・?予想以上にまともなビジュアルの、40代前半くらい?のお姉さまです。友人の嫁(沖縄出身)に似ています。ややぽっちゃりしているものの、顔はたしかに綺麗な方ですし、肌もモチモチして綺麗。ボリューミーなおぱーいも、ほとんど垂れていませんでした。地元嬢ですし、もうこれだけで満足です。

マ「どう?綺麗でしょ〜?」
ベ「いや〜、お姉さんには負けますね(笑)」
マ「あっはっは!お兄ちゃんうまいこと言うわね〜!じゃあ、楽しんでらっしゃい!」
ベ「は〜い」

 マダムのファインプレーで掴みはバッチリ!嬢と顔を見合わせ、笑いながら2Fの「ロサンゼルス」へ入ります。後で聞いたところによると、全部で5部屋あるそうで、昼夜で入れ替えはあるものの、部屋は基本的に固定だそうです。

 ドリンクをもらってママ(=熟女マダム)のことなどを話した後、お互いセルフ脱衣。スケベ椅子に座って洗ってもらい、湯船で混浴となります。潜望鏡のサービスを受けた後、お決まりの「マットかベッドどっちが良い?」の確認では、マットを選択。準備をしている間も会話が絶えません。

 準備ができたところでマットへ移り、うつ伏せでヌルヌル、仰向けでヌルヌル。ちょうど良い肉感で気持ち良いです。G着して騎乗位で突き上げると、演技とも本気とも取れる反応が返ってきました。そのうち嬢から体位の確認があり、タオルを引いて正常位となります。喘ぎ声に本気っぽさを感じ始めたタイミングで、1回目の放出となりました。

 しばらく余韻を楽しんで、シャワーで流してもらいます。一旦湯船に浸かり、嬢がローションを落とすのを待ってから本格的な洗体です。手付きが妙に気持ち良く、次第に息子がオッキし始めました(汗)

ベ「そーいえば、コースは50分?」
嬢「60分で15,000円」
ベ「・・・2発出さんと損や!(>_<)」

 思わず心の声が出そうになりました(笑)セルフで拭き上げてからベッドに戻っても、息子はもう1戦交えたいと主張しています。嬢もそれに気付いたようで、タオルの上からサワサワし始めました。

嬢「もう1回できるの?正味10分くらいだけど平気?」
ベ「うん。ママとなら難しいかもだけど(笑)」
嬢「あははは!でも、お兄さんママに気に入られてると思うな〜。普段案内なんてしないから」
ベ「じゃあ次はママを指名するか!」
嬢「それ、ちょっと覗いてみたい(笑)」

 そんな会話をしながら、指示に従ってベッドへ寝転がり、攻めてもらってから正常位です。ここで初めてKissをしたんですが、ちゃんと応えてくれました。少しずつ腰の動きを激しくしていくと、だんだん表情が険しくなり、明らかに本気の声に変わります。しばらく反応を楽しみ、2回目の放出です。

 もう一度洗ってもらってから身支度を整え、部屋を出る前に料金の精算です。総額を嬢に支払うのって、珍しいですよね。最後は、他の部屋を覗いたりしながら店内を案内してもらい、入口まで戻って退店です。店主も笑顔で「ありがとうございました」と御礼してくれました。子供にも好かれるようですし、基本的に感じの良い方ですね。

 さて、採点(5点満点)です。

◆店
設備:3(古いが広い)
店員:5(アットホームで大好きです)

◆嬢
容姿:2(年齢を考えれば上々)
接客:4(ノリが良い)
技術:4(年の功でしょうか)

◆総合:4(地元民に愛されるお店)

 嬢曰く、20年選手の嬢もいるようです。お客さんも、長年通う常連さんが多いのだとか。まあ、ビジュアルや年齢には期待できないでしょう。でも、そこには人の温かさがあり、「明るく・楽しく・元気よく♪」を体現している嬢がいます。私は気に入りました。また調査するかと言われたら、それはまた別のお話ですが・・・(笑)

 ネタ店に入ったつもりが、妙にホッコリしました。良い気分でお店を出て、辻エリアを軽く散歩。再びお店の前を通ると、水巻きをしていた店主に笑顔で御礼されました。やはり、いい人です。その後、調査を終えたcassisさんと合流し、風船さんを出迎えに『amazing』へ。こちらの店員氏も良い人で、友人を待っていると言ったら、待合室で待たせてくれました。タクシーも呼んでもらい、3人でホテルへ帰還です。

 その後の懇親会は、なんと18名での大宴会。東西問わずこれだけの人数が沖縄に集まるって、凄いことですよね!さすがは勝太郎さんです。私が主務なら集まりません(笑)時間までしっかり飲んで、存分に沖縄料理を堪能。吉原ツアーへ向かう皆さんと別れました。

 残った私と九州北&広島コンビ(takaさん古賀さん弥生さんノスさん)は、松山の客引きの協力を得て、ゆうすけメンバーのスマホ捜索を開始。残念ながら見付かりはしませんでしたが、親身に接してくれた山口出身の客引きに感謝して、彼の案内でキャバへ。付いた嬢が絶妙な配分で泡盛の水割りを作ってくれるので、1setで10杯以上もおかわりしてしまいました(笑)

 3次会は、takaさん&ノスさんと3人で居酒屋へ。飲み直しをしていたら、メンバーと日村さんが吉原ツアーから戻って来られました。そうして5人で談笑しているうちに、デリの予約時間が迫ります。後ろ髪を引かれながらも、皆さんと別れてホテルへ戻るのでした。

 以上、ベリンダがお届けしました。

 東日本本部長補佐 ベリンダ (H30.06.13)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜