〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「もえたん」(那覇)

by ベリンダ氏


 皆様こんにちは、ベリンダです。

 前夜祭に引き続き、那覇合同当日も3次会まで飲み続けました。やっぱり泡盛美味いっすね♪皆さんと別れてホテルへ戻った頃には、とっくに日付変更線を越えていました。間もなく、深夜の調査です。

◆店名:もえたん
◆業種:デリヘル
◆場所:那覇
◆HP:http://hptop.jp/moetan/
◆日時:H30年5月中旬 深夜
◆費用:100分 16,000円(メルマガ会員100分15,000円+指名料1,000円)

 懇親会前に予約を済ませておりました。対応はまあ普通でしょうか。後で気付きましたが、前日に調査した『Love & Peace』の系列店のようです。いつも通りの準備を済ませて、嬢を迎えに行きました。

 いざ、ごたいめ〜ん!

 期待通り、とても可愛らしいお顔のお嬢さんです。ぽちゃ店なので体型はまあ大きいですが、とにかく顔が可愛いのでそれでOK。やけに恥ずかしがっている様子に、胸がキュンキュンさせられます。

 何度も「ヤバイ・・・イケメンで緊張する」などと嬉しい言葉を発しながら顔を隠してしまう嬢、部屋へ入ると背を向けてお店へ連絡しています。料金を支払ってから隣に座った嬢の頭を撫でてあげると、満更ではなさそう。シャワー中も終始恥ずかしがっていましたが、良い雰囲気のままベッドインしました。

 可愛らしい嬢なので、何度もDKをしてから攻めていきます。反応は良好で、声もかなり自分好み。息子はすぐにギンギンです。嬢はそんな息子をスリスリしながら気持ち良さそうな表情をしており、時折切なそうな瞳でこちらを見てくるのが堪りません。

 適当なところで攻守交替すると、やや直球ながら一生懸命さの伝わるサービスで、精神的にとても満たされます。しばらくして口が離れると、「本当はオプションだけどこれ使って欲しい・・・♪」と電マを懇願され、使ってみるとしばらくして昇天してしまいました。

 我に返って「恥ずかしい・・・」と呟く嬢の唇を塞ぎ、正常位スマタになります。とにかく男心をくすぐる反応が可愛く、ギュッと密着したまま1回目の放出。我慢できずに連戦で2回戦へ入ると、「こっちの方が恥ずかしくないから」と騎乗位になって動く嬢。逆に可愛い顔がよく見えます(笑)相変わらず可愛らしい反応を存分に楽しみ、正常位スマタに変わって2回目の放出です。

 まだまだ恥ずかしそうにしている嬢と会話しながら休憩して、残り時間を確認しつつ3回戦へ。ローションを投入し、正常位スマタとなります。少しずつ慣れてきたのか、時折隠語を発しながら感じてくれる姿に、こちらのテンションも最高潮。酔いもあって時間はかかってしまいましたが、なんとか3回目の放出を果たしました。

 最後は何度かコールが鳴っていましたので、時間がありません。嬢はシャワーをスキップし、急いで身支度を整えています。ギリギリまで頑張ってくれただけでなく、余裕がない中でも嬉しい言葉を掛け続けてくれた嬢に心からの御礼をして、最後は熱いHug&Kiss。別れを惜しみ合い、再会を約束してお別れとなりました。

 さて、採点(5点満点)です。

◆店
設備:‐(ビジネスホテルです)
店員:3(まあ普通)

◆嬢
容姿:3(はにかんだ笑顔がとても可愛い)
接客:5(良い意味での素人感)
技術:3(一生懸命さが伝わります)

◆総合:4(無傷の3連勝!!!)

 とても新鮮で、充実した100分間でした。次は違った一面が見れるはずなので、近くに住んでいたら裏を返すと思います。鬼門と思われた那覇デリですが、初日に引き続きの大当たり。まあ、今回は比較的得意なぽちゃ店ですけどね(笑)3戦連続の地元嬢だったことも、勝因の1つになったと思います。

 翌朝は早めに目覚め、レポの下書きをしながら今日の予定を検討。メンズエステでも行って、山羊料理で締めるか・・・。考えているうちに、同宿の風船からお誘いを頂戴しました。せっかくなのでご一緒させてもらうことにして、勝太郎さん、日村さんと4人で国際通りへ移動。適当に入ったお店でランチを食べ、喫茶店で一服してからタクシーに乗り込みました。

 辻で調査されるお二人とは途中で別れ、勝太郎さんと私は空港へ。ラウンジに同行させてもらい、ギリギリまでビールを楽しみます。2時間半と長めのフライトでしたが、機内で会務報告やレポートを書いているうちに羽田へ到着。無事、日が暮れる前に帰宅しました。

 那覇合同調査に参加された皆様、そして前夜祭を含めお付き合い下さった皆様、その節はお世話になりました。とても楽しかったです。主務の勝太郎さんを始め、運転して下さった弥生さんや会長にも深く御礼申し上げます。いつかまた、沖縄で会いましょう!

 以上、ベリンダがお届けしました。

 東日本本部長補佐 ベリンダ (H30.06.14)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜