〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「素人妻御奉仕倶楽部 千葉駅前店」(千葉)

by ライスシャワー氏


 こん〇〇わ。調査部のライスシャワーです。
 今回は、千葉合同に参加のレポになります。

 去年より参加を表明して当日を迎えました。人妻、聖水で検索すると愛の人妻、千葉魅惑の人妻、素人妻御奉仕倶楽部が、ヒットして各店メルマガ登録して料金や姫の出勤等を加味するとこちらになりました。

【店名】素人妻御奉仕倶楽部
【場所】栄町駅付近
【料金】新規割引で、90分15,4k、後メルマガで10分延長
【HP】http://www.hips-chiba.jp/
【モバイル】http://www.hips-chiba.jp/s/

 早く予約をしないとと思い,各店のHPを覗くと千葉の人妻店の在籍数の少なさに驚き,尚且つ昼間よりも夜の方が多くて,東京とは真逆です。その中で,スレンダーで写メ日記もそこそこの姫にたどり着き,3日前に電話すると希望の時間より30分程後の枠をゲットして当日を迎えました。

 いつもより少しずれ込みソッコーで着替えてメトロ駅に着き、ぴんさんに連絡して千葉を目指します。途中、前線基地の連絡を受け,3時前に千葉駅に着きました。土地勘もなくスマホ頼りに目指しますが、だいぶ遠回りしたみたいで、15分程かかり店の中に入ると,ぴんさんとベリンダさんがおられ,他の方は、調査中との事で、ベリンダさんも挨拶もそこそこに,戦場へ向かわれました。私も一杯だけ頂き10分程してぴんさんに教えて頂いたホテルガーランドに向かいました。

 途中でソープランドのボーイに教えてもらい着いてみるも満室で、悩んでいると受付で今、清掃中でキングサイズベットの高い部屋が空くとの事で、他を探しても分からないので、了承して一服しながら待つこと5分で呼ばれて,4500円を支払い,鍵を頂きエレベーターで7Fに上がり,部屋に入ると広くて綺麗で、度々利用している鶯谷よりも安いのにグレードも高く,テンション↑紹介して頂いたぴんさん有り難うございます。
 予約時間数分前だったので、すかさず店に連絡をしすると,5分位で伺うとの事で,AVを見ながら待つと,時間通りにチャイムが鳴りました。
 ドアを開けるとそこには毎日チャリンコで駆け回っている主婦みたいな服装で、下膨れしたムーミンの様な顔のアラフォーの女性が立っていました。今日の負け戦を確信して,中に迎い入れました。

 ソファーに座り良く見ると表記年齢よりも10歳程年上で、尚且つ横に大きいです。姫からお風呂入りますか?と聞かれてハイと答えると風呂場に行ったので、その間にセルフで脱衣してタバコに火をつけて待ちます。
 姫が戻り脱衣していくと,やはりデ〇に近いポチャで、段腹に帝〇切開の縫い傷が有りゴールド負けが確定しました。
 シャワーで身体全体を綺麗にして頂き聖水をお願いする気持ちも萎えて,拭いてもらいベットに行き姫を待ちます。

 ベットで仰向けになっていると下着着用した姫が、覆い被さりDKからスタートです!乳首は感じますか?と聞かれて頷くと執拗に舌と指で刺激してきたので、myJr.も硬直してきたので、パイ〇リからフェラーリに移行しますが、これが栄町ソープ出身者と思わせる程上手く,逝きそうになったので,攻守交代してパイ〇ツから舐めてプッシー&クリを舐めてから,大好きなア〇ルを舐め様とするとこれがイボ〇で×
 再び仰向けになって発射する事だけを考え,DKしながらローション投入しての手コキで、目を瞑りオキニの事を瞑想して,込み上げてきたので、そそくさと発射しました。
 後処理をして頂きシャワーに行きお風呂に浸かりながらイソうがいをしてから洗体して頂き拭いてもらい,着衣してタバコ2本吸いながら一昔前の風俗の話しをして,本日終了!100分のところ75分の逆時短でホテルを後にして,前線基地に向かいました。

 それでは評価させて頂きます。

【店受付】85点 店名も名乗り割引にも普通に対応して頂きました。
【店舗】ホテルにて割愛です。
【姫容姿】30点 写メ日記のシャープなマスクどうやってこうなるのでしょう?こちらのお店はデ〇に近いポチャをスレンダーと言うのでしょうか?また私自身はこの体型には耐久性が有りません。段腹+ブラッディクロスには参りました。イボ〇もペケでした。
【姫サービス】85点 人妻デリならば、これ位と思います。フェラーリは秀逸でした。
【CP】60点 今回は対戦相手がペケでしたが、料金的には不もなく可もなくな感じでした。

 今回は遅れての合同参加になりましたが、楽しい時間を過ごして、またデリでの対応をご教授頂き有り難うございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 以上いつもながら,超長文及び駄文似て失礼致します。

 調査部 広域調査課 特務調査班長 ライスシャワー (H29.03.18)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜