〜©日本ピンサロ研究会〜

ピンサロ「キャンドル 本館」(五香)

by おはぎ氏


 日本ピンサロ研究会をご覧のみなさまおはようございます。
 千葉支部のおはぎと申します。

 本年より千葉支部に配属になり、日頃お世話になっている研究会に微力ながら、貢献したいと思い立っての今回の調査です。
 千葉支部管内の松戸エリアで未レポもしくは最終掲載から時間が経過しているお店をリストアップすると,松戸駅近辺には見つからず、今回のお店に突入するに至りました。
 本日はこちらです。↓

【業種】ピンサロ
【店名】キャンドル 本館
【場所】五香(松戸市常盤平5−11−9)
【電話】047−389−0509
【URL】http://www.can-doll.com/
【料金】
 55分 6000円(エコ割)
 3回転(25分+15分+15分)
 フリー 
【日時】1月中旬 平日 15時ぐらい

 はじめに、五香ってどこ?という方も多いはずです。五香は松戸駅より新京成電鉄で15分位のところにあります。私、出身は松戸ではないので、松戸って広いですね。
 この日は完全にこのお店に逝くと決めていましたので、五香の駅に降りると本当にこんなところにピンサロがあるのかという駅でした。
 場所ですが西口を降りて右手に進み線路沿いの道ではなく、次の宝くじ売り場のところを右です。一見見落としますので注意してください。

 初めてのお店はドキドキしますね。扉を開けると、既レポにある「マダム」登場。デリヘル以外の女性店員氏は初めてなので緊張します。レポを見て女性店員氏が受付することを知っていたので、そこまで驚きませんでしたが、初めて来る方は驚く方もいると思います。
 接客は非常に丁寧。高圧的なところは一切ありません。他の業種でも十分通用するレベル。
 初めての旨を伝えると料金表を基に丁寧な料金説明。今回は調査目的なので3回転を選びます。お金を支払い、お釣りをもらうとき,お札を綺麗に揃えて返してくれました。

 支払い終わると、早速席に案内されます。2.5人がけのソファーでタオルが敷いてあります。
 非常に店内の装飾が面白いです。かつ、古いながらも清潔感があります。
 ちなみに飲み物が、結構な種類から選べます。ランチもやっているそうです(笑)
 ソファーは普通ですが前のシートとの間隔が広い。私も背が低い法ではないのですが、快適でした。うまく説明できないのですが、モニター(8インチ)ぐらいのものがあって、見たこともないAVが流れています。店内は明るめで遮蔽率は皆無です。私の他に同士が1名ハッスル中でした。
 そして、たばこを1本吸い終わったところで、一人目の嬢登場。スイマセン、年齢不詳です。顔はC−スタイルポチャです。愛想なし。名前も名乗りません。あいさつもなしです。
 無言で下をフキフキされ「立ってください」と一言。私は「!!!!」すると嬢は「初めてですか?最初立って舐めるので」
 私が立ち上がると、2,3階チロチロ舐めて終わり。感じの良い嬢なら、このサービスいいのですが、この嬢に関しては無意味ですね。立つのが面倒なだけです。この嬢が25分キツイなあと3回転を後悔した私。単調なフェラをぼーとただ時間がすぎるのを待ちタイムアップ。当然不発。

 続いて2人目。20代のロリ系のポチャを超えたポチャです。ニコニコと愛想がいいです。
 サービスもなかなかのテクニシャン。全く手を使いません。最後、嬢がすごい体勢でのフェラで無事発射。完全にお仕事系でしたが、いい仕事してくれました。

 最後3人目。
 アラフォーのポチャ。トークも抜群。ノリノリです。サービスも抜群。この嬢に最初ついて欲しかった(T_T)2人目で発射しているので、不発でしたがフリーなのに楽しませてくれました。

 発射もできたし、この値段ですから十分楽しめたと思います。
 再訪はというと・・・迷います。このお店ルックス重視の方には厳しいでしょう。お近くにお住まいの方でサービス重視の方は、お店の居心地もいいので楽しめると思います。土地柄で指名により嬢のサービスが激変する可能性があると思います。

 このレポが皆様のお店選択の役に立てば幸いです。
 最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 千葉支部 松戸事務所長 おはぎ (H26.02.05)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, TT氏(H11.09.11), SeeD氏(H17.01.28)(H17.06.06)(H19.11.07), モサドん氏(H18.04.12), ケロッピ氏(H19.08.11), 花より団子氏(H20.02.28), 青い鳥氏(H20.04.16)(H20.11.12)(H21.02.08)(H21.07.24), まー坊氏(H20.12.14), タラコ氏(H20.12.27), 特攻maaasa氏(H21.07.21), くりりん氏(H22.02.06) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜