〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「勃起中毒」(五反田)

by 金太氏


 お久しぶりです。金太です。
 以前、愛知の豊橋を中心にレポを何件か書いていたのですが、給料の減額…オキニちゃんの退店…新たな趣味の開拓…など,色々あってここしばらく風俗から足が遠ざかっていました。しかしこの度、現在の私の性癖にド真ん中ストライクな未レポ店を開拓してしまったので、2年半ぶりにレポを投稿させて頂きます。よろしくお願いします。

【店名】勃起中毒
【業種】デリバリーヘルス
【拠点】東京都品川区五反田
【営業時間】11:00〜23:00
【TEL】03-6417-4190
【HP】http://www.bokkichudoku.com/
【スマホ】http://www.bokkichudoku.com/s/
【システム】指名料は無料。多数のコース・オプション有。詳しくはHPを。
【調査日時】2013年11月、12月
【調査料金】
 1回目…22,000円(Bコース2時間・初回)+5,500円(ホテル代)=27,500円
 2回目…24,000円(Cコース2時間・会員)+5,500円(ホテル代)=29,500円

 このお店は、同店のプレイを再現したAV作品によって知りました。「抜く」ことより「焦らす」ことにコンセプトを置いたお店です。特に、客が男性用エロビキニを着用してプレイできるコースが売りのようです。料金が安めな分、姫への責めは不可なお店ですが、M男の私には問題ナッシングです。
 というわけで、エロビキニを美しく履くために陰毛を剃り落し、はるばる愛知の片田舎から花の都大東京に行って参りました…2回も。

【電話&ホテル入店】
 電話の店員さんは2回とも同じ方でしたが丁寧な応対でした。1回目のときはおすすめのラブホテルを教えて下さいました。
 1時間前にお店に確認の電話を入れ、五反田駅西口にあるホテルに入店します。入室して再びお店に電話をして部屋番号を伝えて切ると、部屋の電話がプルプル鳴りました。出ると相手は先ほどの店員さんで「入室の確認ができました。料金は姫の分かりやすいところに置いて下さい」と言われます。さらに「”ノーマルなプレイスタート”がいいか”痴女的なプレイスタート”がいいか」と聞かれます。
 「痴女的スタート」とは姫が痴女のように部屋に乱入してきていきなりプレイスタートになるシステムのようです。まだまだ未熟者の私は2回とも「ノーマル」を選びました。

【プレイ(1回目)】
 初回はビキニを着用でき、指技のみのBコースを選びました。
 姫は「速球派のS」といった感じでした。部屋に入るなりいきなりオラオラァと言葉責めを浴びせてきました。ちょっとビクついていると、姫は4つのビキニをバッグから取り出し「好きなのを1つ選んで」と言います。私はヒモのようなTバックビキニをチョイスしました。
 すぐに全裸にされそのビキニを履かされ、その上から言葉責めをされながらツンツンサワサワされます。「あぁん…何だか直接触られるより気持ちいぃかも…」…すぐにガマン汁のシミが「ジワ〜」っと拡がっていきました。 「ちょっと〜もうこんなに濡らしちゃって〜」と姫。
 その後は、ベッドに腰掛け…四つん這い…仰向け…いろんな体制でビキニ越にイジりまくられ、言葉責めを浴び続け、男のクセにァンァンと喘ぎ続け、さらにはローションを投入され、最後はビキニの中で手コキされ大量放出しました。2時間ほぼずっと焦らし続けられたため、非常に体力を消耗しており放出後しばらく動けませんでした。まさに「骨抜き」といった感じでした。

【プレイ(2回目)】
 2回目はビキニ着用+パンフェラ有りのCコースにしました。
 姫は「技巧派のS」といった感じでした。ビキニは今回はスタンダードなTバックビキニをチョイスしました。1回目のときと同じように、
 いろんな体制で言葉責めを浴 びながら指で足で唇でイジリ倒され、ビキニを濡らしまくって、最後はそのビキニを脱ぎ、やはり手コキで大量放出しました。このCコースは着用したビキニをお持ち帰りできるそうなので、一応もらっておきました。

【まとめ】
 2回ともタイプの違う姫でしたが、お2方ともまさに演技派、これぞ「プロ」といった感じでした。
 また、「姫に直接料金を支払わない」「姫はお店に入室確認の電話をかけない」「痴女的スタート」などのシステムも、客にAVの中のような世界にドッブリ浸って欲しいというお店側の意識の表れだと思います。「姫は服を脱がない」「姫へのタッチは不可」「通常のフェラはなく抜くときはパンフェラor手コキ」など色々制約も多く、好みは分かれるお店かもしれませんが、私のように「焦らしプレイ」や「ビキニ着用プレイ」が好きで、AVの中のM男優の気分を味わいたい方は満足できると思います。ただ、私の場合、東京まで遠いのが難点ですが…。

 以上、相も変わらずに変態ドMな金太でした。

 (H26.01.31)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜