〜©日本ピンサロ研究会

ヘルス「大和屋 梅田店」(梅田)

by Marty氏


 皆様、こんにちは。Martyです。
 大阪、梅田のホテヘルのリポートです。

【調査対象】
業態:ホテルヘルス(無店舗型受付所営業)
名称:大和屋 梅田店
HP:http://www.clubpassion1.com/Y_umeda/
スマホ:http://www.clubpassion1.com/Y_umeda/sp/
住所:大阪市北区兎我野町13-13 久富トガノレジャービル4F
電話:06-6363-5531
費用:120分 入会金500円+パネル指名料1,000円+30,000円+別途ホテル代5,000円=36,500円

【調査結果】
ビジュアル ★★★☆☆
 地味で普通ですが、不倫をしている感がとてもあります。

スタイル ★★★☆☆
 少し、ぽっちゃりさんで、抱き心地はとても良かった。

サービス ★★★☆☆
 まだ、入店して間もないとのことで、これから技術は身につけていくでありましょう。気さくな雰囲気や、一生懸命に尽くしてくれたところが良かった。

総合 ★★★★☆
 相性がよかったのかな。再訪します。

【調査経過】
《受付》
 この店は以前から気になっており、訪問しました。エレベーターに乗り込むと同士が3名。全員が4階で降りました。
 エレベーターを降りると、居酒屋のような、元気な店員さんの声が響きます。少し圧倒されつつ前に進みます。
 「大和屋」か「ギャルズパッション」かを聞かれました。エレベーターを降りて手前にあるのがギャルズパッションで、奥に大和屋だったと記憶しております。
 大和屋と答えると受付順の番号札を渡され待合室へ通されます。
 待合室は一人がけのイスが(9席だったか12席だったか曖昧ですが)あり、テレビを見ながら受付を待ちました。
 番号を呼ばれ受付です。まずは会員登録から。会員IDとパスワードをそれぞれ数字4桁で決めます。受付の方によると、生年月日を西暦で4桁と月日を4桁で決める方が多いと言っていただきましたが、自分のものではない生年月日で登録しました。
 受付ではパネルを4〜5枚並べていただき、パネルごとに待ち時間をすべて教えてくれ、対応は良かったです。並べられたパネルには、ホームページ上で気になっている方もおり、とても悩みましたが、店員さんは無理に押してくることはしませんでした。その中に新人さんがおり、雰囲気も好みでしたので、その方に決め、また待合室で待ちます。
 番号を呼ばれて待合室を出ます。エレベーター前で嬢が待っていました。

《ホテル》
 ホテル代が5,000円だったことを考えると、値段には少し見合ってないかな。支払時に高くてびっくりしました。

《女の子》
 パネルには顔は出していませんが、パネルの印象よりふくよかです。でも許容範囲です。嬢は「パネルの印象と違っていてゴメンナサイ」と。何度か、そのように言われたのでしょうか。僕は心の中で思っていても、口には出しません。態度には出るかもしれませんが。本当になれていないようで、店から渡された地図を見ながら、迷いつつホテルに到着です。
 トークをしての印象は、性格的にも温厚で控えめ、また抱き心地が良く、自分には好みでした。

《サービス》
 少し長めのトークで打ち解けてから、お風呂へ。アシスト有で脱衣、洗体も丁寧でした。

 その後もベッドにて、イチャイチャしながらトークしつつ、当方からの攻めでスタートです。お仕事感がなく、不倫しているような背徳感を覚えつつ攻めました。何度か気持ちよくなっていただきましたが、その押し殺した喘ぎ声などにもっともっと攻めたくなりましたが、さすがに攻守交代。
 こちらのポイントを探しながら、丁寧に攻めていただきました。それも愛おしく感じてしまい、またイチャイチャ。
 あっという間にタイマーがなり、嬢は慌てて、それでも気持ちよくなってほしいとのことで、しかし時間がないため、こちらからハンドジョブを申し出てフィニッシュです。

《店舗総評》
★★★★☆
 最初の挨拶から、受付時のパネル毎の待ち時間のお知らせなど、お店の対応はとても良かったと思います。パネルでの印象から遠くは外れていない印象です。おそらく、ど真ん中を要求したら、外角低めにボールが来て、結果オーライのような感じです。僕は再訪ありです。また、在籍は多そうで、別の方での再訪もありかと思います。

 第1教育中隊 北海道地区教育隊 調査員補 Marty (H25.09.24)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, toto氏(H17.04.02), イングランド氏(H18.09.20), ソルティー氏(H21.09.27), まっつー氏(H22.01.08), アローゼン氏(H24.11.28), みやぢ氏(H25.09.18) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜