〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「葛西メルヘン」(葛西)Ver.7

by 東海道新幹線マン氏


寄稿No.86

 「東海道新幹線マン」です。
 このお店は、オキニがいたので(現在もいる)比較的よく利用していました。また、オキニ嬢が辞めても、お店が「次の嬢」を付けてくれたりして、何度となく利用し、満足度も安定的に高かったのですが、、、、。

日時:3月下旬夜
場所:東京葛西ビジH
お店:葛西メルヘン
種類:デリヘル
料金:90m.27k(リピの嬢)
http://marchen-dc.com/
http://marchen-dc.com/i/

 リピの嬢(オキニ)を電話で予約して、常宿のHTに入って、嬢を待ちます。勝手知ったる嬢なので、来室から一連の所作は流れるように進んで行きます。安心感はありますが、残念ながらドキドキ感はありません。
 最初の頃は、嬢のサービスも至れり尽くせりの感じで、たちまちオキニになり、楽しく遊んでくれていました。しかしながら、回を重ねるにつれて、粗略感が出てくるようになり、小生も「河岸」を変えようかと思うことも多くなってはいますが、何と申しましょうか、「ナニ」の相性が良いということもあって、ズルズルと続いているという中での今回…です。
 他店にも何ヶ所かにオキニがいて、それぞれのパターンの「お遊び」を重ねていますが、サービス的には今日の嬢がワースト「1」なんですが、もともとテクがなくてワーストというのではなくて、手抜きやサービスのショートカットをするようになってからワーストになったのですが、、、しかしながら小生の「風活」は、この嬢を軸に回っているのです、、まったく不可解にも、、。
 ビジュアル的にも、年令的にも触感的にも、全オキニの中で決して上位ではなく、サービスにいたってはぶっち切りのワーストなんですが、、。
 軸になる根拠は「物理的な相性」の良さということになります。悩ましい日々が、しばらくは続きそうなので、サービス的にもメンタル的にも物理的にも今日の嬢に取って替われるエースオキニ探索活動も続けるつもりです。

 さて評価ですが、
 小生、既レポをご参照下さい。なお、このお店はイベント的なものもないし、常連客優遇らしきものもありません、、、、サイトの「本日の出勤」もけっこう出たらめなのでアテにはなりません、、、、等々を付記しておきます。

 以上、第86回レポでした。

 (H24.05.27)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ダンディライオン氏(H21.07.30), 東海道新幹線マン氏(H21.10.31)(H21.11.08)(H22.02.07)(H22.11.14)(H22.11.21)(H23.09.18) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜