〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「ラズベリードール」(すすきの)

by KEN氏


 皆様,こんばんは。アンディ"KEN"ガルシアでございます。
 今回は,すすきの合同調査の際のレポート,2/6となります。

 某店でなかなかの当たりを引いて,皆さんと合流し,飲み会と言うことなのですが。。。なんと携帯が一台見当たりません。そのため,みなさんと合流するどころではなく,あちこち探し回る嵌めになってしまいました。
 仕方ないので,ドコモに行って使用中止の処置を執ることにしたのですが,一応念のため,ホテルに戻り,自室に入ると,なんとデスクの目立つ位置に携帯が鎮座しております。。。思い込みとは恐ろしいもの,失くしたと慌てていたため,目の前のものが見えなくなっていたようでした。
 安堵しながら,前乗りの皆様と合流し,飲み会を実施いたしました。わたくしはその最中に予約を完結,そして中座して,お店に向かいました。

【調査対象】
業態:ファッションヘルス(店舗型)
名称:ラズベリードール
HP:http://www.yesgrp.com/
スマホ:http://www.yesgrp.com/sp/
携帯:http://www.yesgrp.com/i/
住所:札幌市中央区南5西5サンドゥビル4F
電話:011-520-6119
費用:70分18500円(80分)+指名料2000円=計20500円

【調査結果】
ビジュアル ★★★★☆
 パネルと遜色ありません。可愛いです。

スタイル ★★★★☆彡
 細身で胸も小振り,スタイルは○です。

サービス ★★★☆☆
 サービスは普通かもしれませんが,テンションが低いのが少し×。

総合 ★★☆☆☆
 嬢のテンションの低さに引きづられ,不発で終了。

【調査経過】
《場所》
 サイト内の地図を参照してください。

《受付》
 飲み会の最中に電話にて予約いたしました。
 時間になり,飲み会から離脱し,お店にGO,予約である旨を告げて,待合室に通されます。待合室で受付を終了,従業員氏の対応は流石にYES,丁寧でした。

《設備》
 待合室は,カウンター形式で6名程度のキャパ,ドリンクのサービスもあったように記憶しております。書籍類は50冊程度,少し少なめですね。
 プレイルームは,すすきのでは少し狭い印象か。ハマヘルなどよりはよっぽど広いので,無問題です。

《女の子》
 注意事項の告知を受け,嬢とご対面です。なかなか可愛いです。パネルどおりで文句ありません。
 ボディも細くて,胸もほどほどの小ささで,個人的には完璧に近いレベルかもしれません。
 問題は,テンションが低い事でしょうか。。。メイドなのにテンション低いです。なんだかこちらまで,言葉が少なくなっていきます。。。

《サービス》
 おもむろにメイド服を脱ぎだすX嬢,わたくしも釣られて脱衣をしました。
 シャワールームでも,あまり会話が無く,X嬢のテンションは低いままです。。。困りました。
 ベッドに移動してプレイの開始,もちろんわたくしから先攻ですが。。。案の定といいましょうか,反応はかなり鈍いです。そんなにわたくしが嫌いなのでしょうか。まぁこの可愛さで,わたくしのようなオヤジに裸を晒すのはしんどいとは思いますが。。。メイドさん,頑張ってくれよ,マジでさ。。。
 攻守交替して攻めて頂きます。もちろん,キスはございません。Fも口3,手7くらいの割合です。当然の事ながら,わたくしの愚息はドンドン小さくなっていきます。。。おかしい。。。などとつぶやいておりますが,おかしいのは貴女ではないですか???と言いたいのを堪えて,もう少し口でやってみてと言うと,口内炎だかなんだかで,口が痛いと言ってきます。いやいや,痛いのはわたくしの心と財布でございます。
 あああぁぁぁ。。。YESのメイド店で地雷か。。。予想だにしない展開に,わたくしの愚息は二度と復活しませんでした。

 せっかく札幌を好きになってきたのに。。。またまた,過去の札幌の地雷スパイラルの記憶が蘇ってきました。まさかそれがその通りになるとは,このときは予想だにしておりませんでしたが。。。

《店舗総評》
 ★★★
 X嬢については,ビジュアル◎,サービス×と大変残念な結果でしたが,パネルの信用性自体は,そこそこ高いものと思います。またYESはポイントが全国全店舗共通と言うところがありがたいですね。
 メイドさんを楽しむお店なのでしょが,嬢が少し成り切っていない印象を受けました。他のYES系店舗でも感じるのですが,YESはイメクラ型の店舗のコンセプト力が少し低い印象を受けます。
 個人的には次はないですが,メイド好きな方には,十分アリなお店だと思います。

 日本ピンサロ研究会 会長 KEN (H24.06.16)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 赤カブト氏(H19.01.05), doM氏(H19.02.21), フェルメール氏(H19.06.02)(H19.06.10), ぱぐたろう氏(H20.07.23), 雷太氏(H21.02.25), すすきの研修生氏(H21.12.19), 招き猫氏(H22.05.17), ピヨピヨ氏(H23.01.10)(H23.01.19)(H23.01.30)(H23.03.13) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜