〜©日本ピンサロ研究会〜

監査報告
ヘルス「宝石箱」(すすきの)

by KEN氏


 皆様,こんばんは。アンディ"KEN"ガルシアでございます。
 今回は,札幌を訪問した際のレポート1/2となります。

 今回は,改正さんが,北海道の新会員,佐藤ショージさんとお会いするという事で,わたくしも召集命令が来ましたので,札幌に行ってまいりました。
 当日は航空機で札幌入り,それも朝の早い便だったので,前日東京に逗留しての札幌入りです。
 機内に入り,眠くてボケーっとしていたら,予約をしていない事に気が付きました。その日は恐らく給料日最初の週末,混雑が予想されたので,出発前に予約しようと思っていたのですが,うっかり忘れて機上の人です。慌てて,機内から電話予約します(笑)去年の10月から,ドアが閉まるまでは携帯電話の使用がOKになったのが幸いでした。
 当日は雪の影響で滑走路が一時的に閉鎖し,1時間遅れての到着となりました。札幌駅では既に次郎三郎さんが待機していてくれていて,到着を出迎えていただきました。ありがとうございます。
 二人で土鍋ハンバーグで昼食を摂り,ホテルにチェックイン,わたくしは時間になったので,お店に移動しました。
 今回のお店は。。。

【調査対象】
業態:ファッションヘルス(店舗型)
名称:宝石箱
HP:http://www.housekibako.jp/
スマホ:http://www.housekibako.jp/smt/
携帯:http://www.housekibako.jp/mobile/
住所:札幌市中央区南5条西5丁目コスモビルB1〜4F
電話:011-520-1677
費用:80分21,000円,指名料3,000円,計24,000円

【調査結果】
ビジュアル ★★★★☆
 妖艶な印象です。

スタイル ★★★★★
 素晴らしいスタイルです。

サービス ★★★★★
 非常に満足のいくものです。

総合 ★★★★★
 来るたびに濃厚になっていきます。

【調査経過】
《場所》
 住所を参考にしてください。

《受付》
 電話での受付対応は,以前より丁寧になった印象です。以前は電話で予約すると,1時間前の連絡だったのですが,30分前の連絡に変わったようです。
 店舗に到着し,予約している旨伝えると「○○様ですね,お待ちしておりました」こちらが名前を言わずとも,しっかり認識しています。わたしは道外の人間なので,覚えられているわけがないので,予約時間の関係で,わたくしと判断したのでしょう,それでも悪い気分はしないものです。接客レベルは確実に上げっているように思われました。
 いつものごとく,店舗に入り,脱靴の上,待合室に通されます。
 待合室では予定時間より30分以上待たされました。聞けば仕方ない事情だったのですが,案内時に「大変お待たせして申し訳ありませんでした。ご案内になります」と一言お詫びの言葉があったのは高評価です。当たり前と言えば当たり前ですが,この当たり前が出来ないのがこの業界のウンザリする特徴ですから。

《設備》
 待合室は,個室になっており,他のお客さんとバッティングする事はないので,非常に落ち着けます。個室は座り心地のいいソファーと,小型液晶テレビがありますが,ほかは何も無いので,長時間の待ちには,若干退屈するかもしれません。
 部屋については,概ね20uくらいでしょうか,小奇麗にされています。2人掛けソファーがあり,ベッドはシングルサイズです。
 バスタオルはピンクとベージュの2種類が存在し,ベージュが客用らしいです。こちらには,お店のロゴが入っていました。変なところに金を掛けていますね。

《女の子》
 今回のX嬢は,大変申し訳ないですが,リピート嬢です。非常に妖艶な雰囲気をもっており,チョイ悪社長の愛人タイプでしょうか,男好きのする顔立ちです。
 ボディは非常に細身で,胸もそこそこのボリューム,かなり素晴らしい体形だと思います。今回気が付いたのは肌がすべすべな事,愛撫する振りをして,思わず,頬を擦り擦りしてしまいました。

《サービス》
 トークをしていると,いきなりキスをしてきました。耳元で「もう我慢できない,早く頂戴」って。。。これは新規ではなかなか出てこない,リピータなるが故の気安さから来る言葉でしょう。
 そのままベッドに移動してプレイを開始します。当然のごとく,わたくしから攻撃開始です。
 前回以上に自然体で反応してくれます。回を重ねるごとに,恋人チックな接客が増して行く嬢です。
 全身あちこちリップで攻めていくと悶絶して身を捩ります。もちろん,アナルや足や手の指を丹念に舐める事も忘れません。クリを口で丹念に攻撃し,指をホールの浅めの部分をゆっくりかき回すと,液体があふれ出てきました。もう,ローションは必要ありません。
 そのまま正常位スマタに移行します。キスをすると情熱的に舌を絡めてくれます。わたくしはキスがないとスマタでは逝けません。と言うか,キスをすると快感の度合いが急速にアップして,すぐ逝ってしまいます。そのため発砲のコントロールに最近はキスを利用しております(笑)
 わたくしの頬を両手でさすりながら,X嬢は何か切ない目で見つめてきます。こういう頭で感じる快感は最高に喜びを高めてくれます。
 そのまま正常位スマタで40分以上頑張って,キスをしつつ,お互いに抱きしめあって,発砲させて頂きました。
 ふと考えると,フロントからのインターフォンも,タイマーもなっていません。時計を見ると,既に100分近くが経過していました。。。

 プレイが終わって帰るとき,出口に軽くキスをしてお別れしました。
 従業員氏は出口できちっと立って,靴べらを手にお出迎え,接客姿勢は従前同様,やはりしっかりしておりました。

《店舗総評》
 ★★★★
 プリンセスグループも少し疲弊し始めているかもしれませんね。前回よりも嬢の質が低下しているような印象を受けました。夢の扉が閉店してしまったのも,もしかしたら,グループ自体が若干弱体化してきているのかもしれません。
 それでも,シティーボーイズビルやシティーガールズビルに多くある,クソ店舗などと比較すれば,はるかに雲の上の存在である事は間違いありません。
 道外の人間で,すすきのの事情にあまり明るくないので外したくない,ボッタくりにあいたくないような方には,料金が高めですが,安心して利用できるお店だと思います。

 

《その後》
 終わって次郎三郎さん,改正さんと合流します。そして次郎さんが一言
「会長は自分の自慢話はするけど,人の自慢話は,もういいですとか言って聞かないよな」
と苦笑いしておりました。
 もう十分マンゾクしたので,今日の調査はこれでいいかな。。。と思ったのですが,札幌まで来て,これでは話しにならないので,やはり未レポを一つくらいはという事で未レポに行ったのですが。。。さらなる高みの境地に達するとは,思いもしませんでした。それはまた別レポで。

 日本ピンサロ研究会 会長 KEN (H24.05.02)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, フェルメール氏(H19.01.02), ナベリョー氏(H20.02.18)(H22.11.13), KEN氏(H20.04.09)(H23.10.02), 伊勢屋氏(H21.07.31), 滑々饅頭蟹氏(H23.11.12) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜