〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「雫」(すすきの)

by 風船工場長氏


 日ピン研をご覧の皆様、いつも大変お世話になっております。
 東京南支部 錦糸町事務所長の風船工場長でございます。

 加齢臭の予防として、塩サウナで頭皮をゴシゴシした後、暫くそのままにして(サウナに入って)たら、汗が目に入りました。イテェです。汗も垂れてくることに気が付くべきでした。
 その勢いで、デコにも塩を塗りました。再び痛いおバカです。

 すすきのツアー2012第2段2/2のレポであります。お時間に余裕のある方は、ご覧下さい。

第68回レポ
場所:すすきの
店名:雫(しずく)
業種:箱ヘル
HP:http://www.lipgroup.jp/
HP:http://www.lipgroup.jp/mobile/
費用:60分14K(フリー)
時期:4月初旬、昼過ぎ

判定:5点満点
店舗:5(立派な作りです)
店員:4(出てくるまで、遅かった点は減点)
お嬢:5(カワユス)
技術:5(女の子も、下半身は別人格)
CP:5(素晴らしい)
満足度:5(地元なら必ず通います)

タイトル:コデライク

(プロローグ)
 サフロ(スパ)を出て、伝説のヘルス『アクアマリン』に向かいました。日曜定休を知らずに。
 作戦A(アルファ)は、失敗。最近は、その次、作戦B(ブラボー)を考えています。
 今回訪れたのは、雫。以前から、気になっていたお店で、すすきのでは珍しくまるごと一棟が、当該店舗です。どんだけデカイ「雫」なんだか(笑)
 しかも、少し前に出たサフロの横っちょでした。

(入店〜)
 たまたまだと思いますが、店員さんがフロントに居ません&出てきませんでした。とりあえず、状況を聞いてみたいので「すみませ〜ん」と、奥に向かって声をかけ、少し経ってからの店員さんがご登場。フツーなら帰っています。
 フリーでの待ち時間、30分を了解し待つこととしました。そして、ほぼ時間どおりのご案内でした。プラス20分は覚悟していましたから、あたり前なことなのですが評価できます。
 1階が、待合室で2階〜がプレイルームになっているようでした。

(ご対面〜)
 階段をあがると、嬢が待っていました。
 会長から聞いた「コデライク」をしたい程の絶好球です。説明すると長くなってしまうので、お時間のある方はググったり、出来ましたらYouTubeをご覧下さい。
 具体的には、お天気キャスターの高○侑○さんに似ています。歯並びの悪い○見○里さんです。サービス地雷でも構いません!何故、こんなにもカワユスな女の子が、風俗で働いているのか。疑問に思えて仕方がありませんが、聞かないのがマナー。
 室内は、シャワーなのを控除すれば、ショボいラブホより立派です。

(プレイ詳細)
 一服後、初めてのチュー。君とチュー。そして、着ている物を脱がしあいました。ここらへんは、教育されてる空気を感じました。
 シャワーで、洗体。他愛ない話をしながら、今日何回目の洗体なのかを数えてみました。
1.朝のシャワー
2.朝のソープ
3.サフロ(スパ)
4.今
いい加減、フヤケそうです。
 話の脱線、すみません。
 そんなことを考えていたら、シャワーブースで、愚息を口に含む等サービス精神も素晴らしいです。

(プレイ詳細2)
 さぁベッドです。平静を装っていますが、燃えてます。絶対に、昇天させます!
 92で、昇天しているような感じはしますが、ピュピュっと何か吹き出てきました。そう、潮です。恥ずかしながら、初めて本物を見ました。
 ここで、攻守交代しますが、程なく69。また嬢のピュピュっとが来ました。このまま発射でも良かったのですが、馬スマをお願いし少しして発射。5時間前に発射したのですが、高まっていたので思った以上に早く果ててしまいました。

(エピローグ)
 エロス「道」の一つとして、男と女がそれぞれを求め合い高め合うというのがあると思います。裏を返すのは確定ですが、思った以上の名店に、他の嬢も気になります。
 某ソープのオキニが、樽になってきたので今回の嬢とチェンジでしょうかねぇ。
 それにしても、タッ○VIP以来の感動。あっコチラも「すすきの」でしたね。性(聖)地すすきの恐るべしです。

 以上、駄文長文、ご覧下さいまして、ありがとうございました。

 東京南支部 錦糸町事務所長 風船工場長 (H24.04.28)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 赤カブト氏(H18.11.10), ナベリョー氏(H22.11.03), 招き猫氏(H22.11.23)(H23.01.11)(H23.07.17), ピヨピヨ氏(H23.01.03)(H23.02.08)(H23.05.08), ナナシー氏(H23.01.04), 金田舞治朗氏(H23.05.09), まな氏(H23.05.30) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜