〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「FOURNINE」(雄琴)

by yuchy氏


 非会員のyuchyです。
 10年ほど前には嫁の目を盗んで結構な回数金津園の¥グループの最高峰En(当時)に通ったりしていたのですが,金が続かなくなったことと,5年前に大病を患ったこともあって,風俗から遠のいていました。

 既レポの通り,広島市内のデリエステから風俗の解禁をし,このたび関西の出張を機会にソープへの登楼を決めました。フォーナイン(おごと温泉)か英國屋(金津園)のどちらかにしようと,リサーチ開始。

 調査(店への電話)によるとフォーナインは日ピンのレポート通り,入会金10K+85K身分証明書提示,服装はジャケット着用で下は襟付きのシャツ(ポロシャツかワイシャツ),靴はスニーカーはお断り,と一通り話した後で「当店は完全S着用となっておりますのでご了承ください」ということでした。また入店時間は6時台か8時台など決まっていて,実際の入室時間は8時の場合8時半から9時の間になるとのこと。

 英國屋は以前通っていた時とは総額が10Kほど上がって100K。入店時間はご指定の時間でOKとのこと。

 ここで悩みます。英國屋だとだいたいどんな感じかは分かっている。○Sというのも問題はない,ただ,今回の出張先が大阪市内ということで時間と金の制約がある(その日の終電までには宿泊先に帰着することは可能)。フォーナインは初めて。時間的にも金額的にもやや余裕がある。しかし英國屋とほぼ同額(ただ入会金をのぞけば85K)でS着というハンディは埋められるのだろうか。

 結論は前日まで持ち越しました。資金的なこと,時間的な余裕等考慮してフォーナインに決定。

 英國屋にはキャンセルの電話を入れ,フォーナインへ前日の確認電話。電話の応対で「フォーナインの○○です」と受付担当者の名前を名乗ったのには感心。きちんとした応対は期待感を高めます。

PC:http://www.9999club.com/
携帯:http://www.9999club.com/m/

 前日に確認の電話。予約時間までの時間つぶしに近くの「あがりゃんせ」を利用することを告げ,いったん駅に帰りますか?と聞くと,「あがりゃんせ」でいいですよ,という答えでした。

 当日は1時間半前に携帯に着信があり,そこで予約時間より早く入ることができることを提案されたのですが,時間通りに入ることを告げて,その時間に玄関前で待っていることを確認。「あがりゃんせ」で期待に胸をふくらませつつ汗を流し,マッサージ機で体をほぐして軽食をとって,7時50分に着替えを済ませて送迎車を待ちました。8時に到着した送迎車はセンチュリーでした。やはり目立ちます。周りには誰もいませんでした。運転手がドアを開け閉めして乗車のサポートをします。これもさすが高級店。

 店の敷地に入るときも門があります。車を降りると駐車場にはポルシェが駐車してあり,洗車をしていました。他にも何台か駐車していましたが,さすがにポルシェを乗り付ける客が。

 店内に入り,アンケートに記入,身分証明書として免許証のコピーを取って総額を支払い,ほどなくキャストとのご対面。そしてキャストに手を引かれて部屋へ。

 エレベータに乗ると,キャストの体が自分から離れて,手はつないだままだけど体はドアの方に向きました。そして2階まで,部屋までそのまま入りました。

 部屋に入ると,座って三つ指ついて挨拶の後キャストの体が近づいてきて,いよいよかと身構えると,唇だけ合わせて,すぐに脱衣のアシストに。私の服を脱がせると,自分は上着だけ脱いで,即即にはいります。キャストを抱けたのもこの時だけでこの後最後までキャストと唇を合わせることはありませんでした。

 Fの間も下着を着けたまま。少しでも盛り上がりたいとブラを外してソフトタッチに入ると,ほどなくして胸を押さえて逃げる仕草。「ごめん,苦手なの」と一言。もうここからは私のテンションが急激にダウンし,最後まで盛り上がることはありませんでした。

 ベッドに行ってもパンティは脱がず,ゴムをつけてリップサービス。添い寝すらせずに,体の横に座って,私が触れられるのはパンティ越しの股間だけでした。

 延々とリップサービスだけを続けるキャストが「まだ○れないの」と聞いてきたのですが,この一連のことでそんな気分にならず「最後だけでいいよ」と言って,風呂に入ることにしますが,キャストはこの時に風呂に湯をため始めます。段取りが悪いな,と思いつつ,湯がたまるまでトークタイム。
 浴槽でも体を合わせたりKをしたりはなく,向かい合ったまま,ただ彼女がサービスで湯にワインを注いでくれました。

 いすでも,いわゆる体を使って洗うことはしますが,腕や足を股間に挟んだり,指すら壺洗いをすることはなく,それはマットでも続きました。マットではローションがついた状態で手コキを始めたので,慌ててストップをかけました。そのあとはリンパマッサージを受けました。

 風呂上がりでも普通に拭いてタオルを巻いて終了。

 最後のベッドでも体を合わせたりKをしたりすることはなく,あろうことか,ローションを目の前で仕込む始末。最後はゴムリップでフィニッシュでした。フィニッシュ後も「お清め」はなく,さびしく自分で出てくる余りをタオルで拭いました。最後はアシスト付きで着衣でした。

 時間中,キャストの唇が私の唇に触れたのは1回,舌は一切触れず。キャストの「観音様」を拝むことは一度もありませんでした。85Kを払ってデリエステのサービスを受けたことになります。

 今まで高級店と言われる店で遊んできて,今回は一番悲しい気持ちになりました。キャストも「うまくできなくてごめんなさい」と謝罪をされました。が,あとでこの方の在籍日数が1年近くになることが判明しました。

 上がり部屋でキャストと別れた後,スタッフから感想を聞かれたので「よほど相性が悪かったのでしょう。」と部屋の中のことをいろいろと話したところ,電車を一本遅らせて下さいと頼まれしばらく事情を聞かれました。そのあと上司の人と話をしたようで,上司(入ったときにコーディネーターの名刺を渡された人)が来て,詳しく話しを聞いた後,何度も謝罪の言葉をいただき,「次回があるのなら予約の時に私にお申し付け下さい。便宜を図らせていただきます」といわれました。ただ,HPに明記してある「お約束」のことは結局出ませんでした。

 今回のキャストの方はこの店に1年以上在籍されているそうで,結構入れ替わりが激しいと思われるこの店ではベテランの方でしょう。他の方のクレームもないそうですから,今回のようなサービスはレアケースだったのでしょう。でなければこの人のサービスをもう一回受けに行こうと思う人はどMとしか思えません。

採点です
店構え・・・4.5 実に高級感があふれていて贅沢な気分が味わえる
スタッフの接客・・・クレームへの対処以外は4.0 丁寧な接客キャストについては上記の通り,採点不能。

 入会金10Kの会員制倶楽部,というコンセプトから考えると,こういったクレームに真摯に対応するのだろうか。

 高額店でも油断大敵,という勉強をしたyuchyでした。

 おごとプチ知識
 おごとのソープ街(ゴールデンゲート,シルクロードゲート,川筋通り)を車で通るときは必ずハザードランプをつけて通ること。さもないと各店の前にいる客引きが車の前にまで飛び出して来て車を止めるらしい。フォーナインの送迎車もハザードをつけていたので運転手に指摘すると,そういう答えでした。

 (H23.11.21)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ナイト内藤氏(H20.09.11), マール氏(H21.09.28), ひこわん氏(H22.06.05), 禿山氏(H22.07.20) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜