〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「ティンカーベル」(吉原)

by エロ大納言氏


 エロ大納言でございます。

 7月中旬の平日のことでした。同僚らと飲んでいると、いつものように、おにゃにょこと交わりたくなりました。 タクシーに飛び乗り、吉原へ突撃です。

吉原ティンカーベル
HP:http://www.y-tink.net/
携帯:http://www.y-tink.net/i/
平日夜
80分 30000円 フリー

 結構遅い時間だったため、吉原自体、店の看板がちらほら点いているぐらいでした。このお店は知人の薦めで選びました。入店すると他に客はおらず。
 トイレを借りましたが、汚くもなく特別綺麗でもなく普通でした。
 2枚のパネルから嬢を選びます。こっちしか無いでしょうというパネルが2枚。当然そちらを選び、総額を支払ってご案内を待ちます。その間にアンケートを書きます。マット中心、ベッド中心などなど。
 待合室はまあまあの広さ。10分ぐらい待たされてからご案内です。 嬢はエレベーター内で出迎えてくれていました。

第一印象
パネマジ率-30%
年齢 公称+6〜8歳で三十路前半か。
しかしながら顔はまあまあ。

 世間話をしつつ、希望した飲み物をグラスに注いで貰います。
 お互いセルフで服を脱ぎながら、なんとなく出身地の話に。すると、彼女は東日本大震災の被災地に近いエリアの出身でした。でも、大きな被害はなかったとのことです。
 脱ぎ脱ぎしてみてガッカリしたのは、乳の小ささと、経産婦を思わせる乳首。 赤ちゃんが吸いやすいように丸くて長くなってしまった乳首。エロ大納言は見逃しません。

 椅子に座るよう指示をされ、体を洗われます。一応全身を擦られ、アナルを軽く洗われただけだったので、アナル舐めがないことを覚りました。
 そして、湯に浸かると歯ブラシタイム。その間にマットの用意がなされ、嬢も風呂に入ってきます。
 残念ながら潜望鏡はありませんでした。 しかしながら、ここで気を落としてはいけません。これからマットタイムです。
 マットが大好きな小生は、ワクワクしながらマットに寝そべります。テクはいまいち。聞けば最近までデリにいたとのこと。またしてもガッカリ。一応、表と裏面のサービスをされ、風呂の中でお互いのローションを流しっこします。
 そしていよいよベッドへ。 フレンチチッスから、乳首舐め、玉舐め、生フェラーリをされます。頃合いを見計らった嬢が、ゴムを探しているようですが、見つからないみたいです。すると嬢からN○外○しの提案が。
 病気をビビりましたが、ここは逝かねばと、マソコに顔を近づけクリを舐めてビックリ!潤滑油が仕込んであり、不味いこと不味いこと(汗)
 気を取り直して正常位で○ン。あっという間に絶頂を迎え、竿を嬢の腹の上に引き出して、自身の腹と嬢の腹で挟み、ピストンして腹に大放出。
 ティシュで処理後、シャワーで全身を洗ってくれました。この最後のシャワーが、一番丁寧なプレーに感じたのはなぜでしょう。

 着替えながら名刺を頂き、エレベーターで下まで送ってくれました。
 上がり部屋は待合室と一緒でした。

5段階評価
店 3
 可もなく不可もなく。

店員 3
 まあまあでしょう。

嬢 3
 もう少しサービス精神が欲しい。DKが無く潜望鏡も無かった。おまけに処理は自分優先。ただし、年齢の割にスタイルはまあまあ。

コスト 2,5
 一回戦では高い。

 吉原に思うこと。
 15年ほどまえ、吉原をよく利用しておりましたが、当時は今よりも若い嬢が多かった気がします。今はだいだい30代〜みたいな感があります。
 最近箱ヘルにしてもソープにしても、若く可愛い嬢は少ない気がしてなりません。昔は若い嬢が多かったと思うのは私の記憶違いで、以前からこんなものだったのでしょうか。

 以上、止めどない内容になってしまい、申し訳ございませんでした。

 (H23.08.02)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, イケマン氏(H19.03.20), torico氏(H22.10.06) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜