〜©日本ピンサロ研究会〜

イメクラ「熊本ハレンチ女学園」(熊本)Ver.4

by 呼塚の男氏


 おはようございます、呼塚の男です。

 「2010年夏の九州大遠征5/7編」

 前日は大分で痛い目に遭ってしまった私は、その日は大分にて宿泊し、翌日バスで熊本にやってきました。すぐさま熊本のハレンチ女学園へと向かいました。朝早い時間は値段が安いので、いつも口開けの時間に行く事にしてます。

熊本のハレンチ 熊本ハレンチ女学園 電話:096-324-1195


10時開店〜24時ラスト
       40分   50分  60分   70分
10時〜11時 7800円 10800円 13800円 16800円
11時〜15時 8800円 11800円 14800円 17800円
15時〜24時 9800円 12800円 15800円 18800円
入会金0円、指名料2000円(お試し割引あり)、ポイントカードシステムあり(割引あり)

公式HP:http://www.km-harejo.com/
公式携帯サイト:http://www.km-harejo.com/i/

住所:熊本市下通り2-1-19熊本楽園ビル2F
場所:熊本交通センターから、アーケードの方向に7分ほど歩き、風俗街の中ほどのビル2階

※今回はポイントカード割引を適用し、1000円引きの12800円/60分でした

 〜入店〜
 平日の10時半頃でした。事前にsinさんに聞いたところ、「熊本のハレンチは今全然お客さんが入っていない。下手したら経営自体がヤバい」などという話を聞いたのですが、そんな事はありませんでした。待合室には10人近い人間が待っていて、私も受付から待たされました。少し待って案内され、ポイントカードが一杯になって、常連カードとの交換をする事になりました。そのまま割引も適用となり、結果60分12800円でのご案内です。

 〜女の子〜
 少し待ってご案内となり、カーテンの向こう側に居た娘は・・・香里奈似の美人さんでした。年齢も若く、肌のハリツヤも良い感じ。こりゃあ当たり!でした。またかなりスレンダーな娘でした。スカート丈の長い制服を着てもらっているので、一見すると中学生!?なんて感じにも見えます。

 〜部屋〜
 部屋はそれほど広くは無い部屋ですが、部屋にシャワーが着いているのでシャワー部屋へと移動する手間が省けます。清潔感のある部屋で好感が持てますね。

 〜プレイ開始〜
 今回は60分もあるのでゆっくりできます。早速制服を着せたままプレイに入ります。放課後の教室、赤点を取ったなどと言って生徒を一人居残りさせます。そんな生徒に先生が”禁断の告白”をすると、そんな生徒も先生の事を好きで・・・なんていかにもなストーリーで、プレイは始まりました。「先生・・・」なんて甘い言葉で囁いてくる彼女に、もう爆発しそうでした。

 ベッドに腰掛けてスカートを捲り、下着を露出させて恥ずかしがらせてみたり、指入れはできないけれど舌入れは出来るぞとばかりにチロチロ舐めてみたり、最終的にはフェラで発射となりました。素股しておけばよかった・・・なんてちょっと思いましたが、満足でした。

 やっぱり制服娘はイイ!でもお腹空いたぞと思いながら評価です。

お店の評価(100点満点評価)
値段:50点、システム的には値上がりして微妙。
部屋等:70点、部屋は綺麗でイイ感じです。
受付店員:70点、問題のない接客です。

女の子の評価(100点満点評価)
容姿:80点、個人的に痩せすぎな気がしますが、若くて◎!!
接客:80点、接客もシナリオに付き合ってくれて◎!!
技術:70点、私が攻める事が多かったですが、悪くないです。

総合評価:70点
 やっぱりハレンチ、姫質の高さもさることながら、受付から部屋から何から何まで洗練されています。この店が”初心者から中級者まで”万人に受けるお店であるというのもうなづけます。ただし、上級者になってくるとこのお店、余りにマニュアルチックであり、意外と制約も多いので敬遠する人もいます。その点は割り切る必要があるかもしれません。

 〜その後〜
 久しぶりのハレンチで毒を抜いてから、今度は腹ごしらえ、更にスーパー銭湯でマッタリしました。そして夜になったら・・・次回へと続きます。

 以上、呼塚レポ「2010年夏の九州大遠征5/7」編をお送りしました。

 特殊強襲調査隊 C(チャーリー)中隊長 呼塚の男 (H22.10.19)

トップページへ

総務部から補足事項
本レポートの寄稿者,呼塚の男氏が運営しているサイト「続,呼塚の男オフィシャルサイト」も是非お立ち寄り下さい。

調査部から補足事項
本店舗は他に, 呼塚の男氏(H17.09.18)(H19.08.10)(H20.09.29), KEN氏(H20.05.21), セバスチャン氏(H22.04.23) がレポートしております。


〜©日本ピンサロ研究会〜