〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「ウフフな40。ムフフな50。。」(曙町)

by ひかる氏


 ど〜も、ひかるです。東京出張レポ7/7です。
 池袋「性の伝道師」で一戦終え、会長に連絡をとり合流することになりました。白色の某高級車で現れた会長ですが、相変わらず堅気の者には見えません。風の噂によると、夜の街を愛車で走っていると見たこともない客引き達が「お疲れ様です!」とお辞儀してくるとかw全く頼もしい限りです。
 で、案内してもらった先は横浜市中区曙町。ほんと、どこ見てもヘルスだらけですね。で、どこ行くかな〜なんて話をしている時に不覚にも僕が「変わったお店がいいですね〜」なんて言ってしまったがために、会長が「そういえば、最近できた店があんだよ」と案内してくれたお店です。

【ウフフな40ムフフな50】
詳細はコチラ
HP:http://www.yk-okusama.com/
HP:http://www.yk-okusama.com/i/
今回の費用:50分16500円(50分15500円+指名料2000円−メンバー割引1000円)

【お店・店員】
 こちらはハレ系のお店で、名前からも察しのつくとおり熟女店となります。当初、熟女店ということで一歩引いていたのですが、「まぁ、パネル見るだけだから」ということで入店。お店のコンセプトから人妻が多いためか、夜のいい時間帯な割に出勤は少なく5人でした。で、パネルをパッと見たときに「これは!」という嬢がいたので、コチラのお店で遊ぶことにしました。
 店員氏の接客は丁寧でした。しかし、他のハレ系より若干落ちるかな?それでもやはり丁寧な部類に入ると思います。
 A嬢を指名することにしますが、少し待ち時間があるということでいったん店外へ。こちらではなかなかお目にかかれない現場を目撃後、会長にご飯をご馳走していただいて(ほんと、ありがとうございました)お店に戻りました。

 待合室は清潔な印象で、ソファーがコの字型に並べられていますが、キャパは8人程度でしょう。こちらは漫画が150〜200冊はあり、待ち時間も苦にならないと思います。また、浄水器やお絞りなんかもありました。壁にはパネルが40枚弱貼られていましたが、全体的なレベルはいかにハレ系とはいえ、やはり熟女系だけあって「これはないな」というパネルが多かったです。
 その他変わったことといえば任意の事前アンケートがあり、こちらはプレイに対する要望を書くようですが、私は書きませんでした。
 待っている間に同士が何人か入ってきましたが、やはり人妻系、根強い需要があるようです。

 プレイルームは中にシャワールームがあり、少し狭めです。シャワーは「狭い電話ボックス」みたいなタイプです。嬢が少しポッチャリだったのもありますが、かなり狭く窮屈でした。で、入口のドアが鏡になっていたので、マジックミラーなのでしょう。ちなみに外から見るとラミネートされた部屋番号が貼ってあるのですが、剥がすか捲るかして中が確認できるのではないでしょうか。

【女の子】
 某お笑い芸人に激似で、かなり口臭い・・・。今日すでに1回抜いていたこともあり、かなりテンション下がりました。翌々日、たまたま録画していたアメトークの梨大好き芸人を見て思いましたが、いや、ほんと似すぎだろ・・・。しかし、救いだったのがオバサン臭さがほとんどない、ということでした。よくある草臥れた感がほとんどないんです。そしてムッチムチのエロボディは興奮を誘います。
 少しお話をしてシャワーへ。やはり狭いですね。口臭がキツイと厳しいものがあります。
 しかし、ベッドへ行ってからは自ら「欲求不満もあってこの仕事をしている」と言うだけあって激しかったです。この嬢は攻めより受けの方が断然良いですね。人妻ならではのエロっぷりを存分に見せてくれ、本日2回目の大量発射となりました。
 で、待合室でアンケートを書かされたのですが、よく頑張ってくれたので高得点を記入して店を後にしました。

【感想】
 思ったよりは楽しく遊べました。しかし、パネルを全体的に見て、やはりビジュアルに期待するのはいかにハレ系とはいえ、少々厳しいかと思います。その分、しっかりとしたサービスに期待です。なお、ハレ系は基本的に指入れNGだったと思いますが、こちらのお店では基本プレイに含まれていました(ただし、優しくという注意はあり)。
 お店の対応はやはり良く、お店も綺麗だったので、やはり初心者でも安心して遊べるお店という印象です。

 これで東京出張レポは終了です。今回は仕事での上京で、職業と仕事の性質上、全く予定が決まらず慌しい調査となりましたが、次に東京に行く際は関東の会員の方達ともご一緒させて頂けたらと思います。最後になりましたが、お忙しい中、急なお願いに付き合って下さった会長には感謝です。ありがとうございました。

 中国支部長 ひかる (H22.11.18)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜