〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「イタリアンポパイ」(栄町)

by ウォーレン氏


 こんにちは。すすきの帰りの非会員・ウォーレンです。このところ栄町の未レポ店への突撃情報が続いてますね。そこでワタクシもこの流れに乗るべく、未レポ店(たぶん)に戦いを挑んで参りました。今回の相手はこちらです。

【店名】イタリアンポパイ
【HP】http://www.italian-popeye.com/
【調査日時】10月上旬 19時頃
【コース】50分 総額15,000円
※他に40分、60分コース、早朝割引(40分)あり。詳しくはHPをご覧ください。

 当店は千葉駅前大通りを直進し、富士見東電前の交差点を左折。モノレールの下をくぐってすぐのところにあります。ただこの通りは交通量も人通りも多め。恥ずかしいので辺りを伺いながらの入店となりました。

 中に入ると20代の若い男性店員が1人、とりあえず写真を見せてもらいます。出て来た写真は4枚。うち2枚は顔全体にモザイク、1枚は後ろ姿と解読不能。また唯一の顔出しがやけによく見えA評価。なんか流れ的に怪しい。ここで敬遠・満塁策(=撤退)を考えましたが、やはりここはレポート最優先という結論に達し、勝負を選択。ただ判断材料が乏しかったのでその顔出し姫に決定。15,000円を払い、待合室に通されます。
 待合室は古ぼけた洋館の風情。傍らには暖炉のオブジェがあります。さらに部屋の一角には本棚があり、マンガがタップリ。なんか栄町のソープって、マンガが豊富な気がするな、と思いながらトイレを借ります。
 トイレは広々としていて比較的キレイです。一応リフォーム済みのようですね。
 その後10分程でご案内となりエレベータ前へ。中でご対面となりました。その相手とは・・・

 歳は30前後。やっぱりパネマジでした、しかも9割引(!!!)。ほぼ別人です。といっても歳相応の一般的なルックスですが・・・。あまりの衝撃に動揺しながら2人でエレベータに乗って部屋へ向かいますが、このエレベータがメチャメチャボロい。ムダに揺れるのでヒヤヒヤさせられます。
 そしてエレベータを降り、戦いの場へ。広さは十分すぎるほど。15〜6畳あります。ただ全体的に痛んでます。

 まずフルアシストで服を脱がせてもらいバスルームへ。体を洗われ、湯舟につかります。そして混浴→潜望鏡へ。なかなかよろしいんじゃないでしょうか。
 続いてMット。まずうつぶせから。一般的によく行われるワザ(スイマセン、名前がよくわかりません)を披露していただき仰向けに。ここでも一般的によく行われるワザ(重ね重ねスイマセン、名前がよくわかりません)を披露。そのままG着→騎乗位で○入。ただ締まりが弱く、ワタクシとしては時間がかかりましたが、なんとかフィニィッシュとなりました。
 その後シャワーでローションを落としてもらった後湯舟へ。ここで残っているローションを姫がタオルできれいに落としてくれました。いやー介護されてるみたいでした(苦笑)

そして最後に服を着せてもらい、エレベータで1階までお見送りして頂きました。

評価です(A〜E)
《店員》B 丁寧な応対でした。
《建物》E 痛んでます。
《部屋》D 随分前にリフォームした感じ。痛みが目立ち出してます。トイレの方がキレイかも。
《姫》 C パネルが良すぎるためダメージ大だが、一般的なルックス。
《テク》C 普通。ただ気配りのできる姫でした。

《勝敗(最終評価)》
 敗戦投手

※備考
勝利投手=また行きたい(同じ姫に)
セーブ=また行きたい(同じ店に)
敗戦投手=もう行かない

通算成績 1勝7敗3セーブ

 時間と金額を考えれば妥当なラインといえると思います。ただ大半のパネルは全く顔が分からない状況。ルックス重視の方にはオススメできませんね。
 また建物の痛みが結構キテます。なにせ1番キレイに感じたのがトイレでしたから・・・。

 この不景気の最中、このクオリティ(ソフト、ハード両面)で経営が成り立っているのは、やはり大通りに面した立地的な部分が大きいのかなあと思ってしまいました。再訪するにはちょっと・・・。

長文、駄文失礼致しました。

 (H20.12.29)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ハマー氏(H20.12.24) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜