〜©日本ピンサロ研究会〜

イメクラ「きゃんぱす日記」(五反田)

by ランポー氏


 はじめまして非会員のランポーです。いつも参考にするだけでは申し訳ないので、久々に当りを引いた記念に初レポを投稿させていただきます。
 仕事進行が他部署引継ぎ待ちとなり時間が空いたため昼食を兼ねて五反田へ出撃。駅前で昼食を済ませ、いつも通っているお店に突撃です。


調査店舗 五反田 きゃんぱす日記 
HP   http://gotanda.tv/
調査日時 10月初旬某日 13時過ぎ 
調査費用 24,000円(60分・ホテル・オプション・指名料含む)
場所&システム HP参照願います 
 HPで出勤状況を確認、若葉マーク狙いでお店に突撃、いつも通り店員の丁寧な応対を受けながら写真を確認。ボカシなし写真で狙っていた姫ルックスB−クラスという事がここで判明、しかし自分の第六感が逝けと強く反応し反射的に指名。痴漢コースとコスチュームを選び、オプションの口内発射を指定、支払いを済ませ待合室に案内されます。ここで備え付けのサーバーから冷水を一杯いただいたところでご案内となりました。
 いつものとおり注意事項を確認とホテル代補助として2000円キャッシュバックしてもらい、3件隣のホテルへチェックインするよう指示されホテルに向かいます。この際ホテルで使うようにとソープとイソジン入りの金魚袋?(金魚すくいですくった金魚を入れる透明な袋)をぶら下げていくのですが、コレかなり人目が気になる!短くても非常に長く感じる移動です。

 ホテル受付で指定された偽名でチェックイン、部屋に着いたら指定された客番号と姫名と部屋番号を電話で店に連絡。タオル腰巻状態で姫の到着を待ちます。
 5分ほどで部屋のドアがノックされ、ドア越しに伝票を姫に渡し自分はシャワーに、姫は着替えとプレーの準備に入ります。シャワーを浴び終わり部屋に戻ると、そこには電車内サウンドのテープが流れ,姫はドアに引っ掛けたつり革にアイマスクをしてぶら下がっております。最初馴れない頃は笑いを堪えるのが大変な浮き上がった光景ですが、今なら完全にイメージプレイの中にトリップ出来るまでに自分を追い込むことが出来るようになりました。

 さあ、これからプレイ開始です!姫の背後からそっと近づき満員電車で密着する感じでお尻からサワサワとタッチして行きます。姫も出勤2日目ながら身を捩りながら魔の手から逃れようとするナカナカ演技で気分を盛り上げてくれます。
 しばらくお尻の感触を楽しんだ後は痴漢モードから変体親父モードへシフト、スカートの中へ手を入れパンツの上から中へと姫の下半身を堪能、姫も驚くほどの勢いでヌメリを下の口から次々と溢れさせ、挿入した指を締め上げていきます。これ、これです!攻め派の自分にとっては極上の当り姫を引き当てたと確信した瞬間です。
 ここからはベットに移動して、アイマスクを取ってご対面、会話もままならぬまま求められるまま攻めまくりS上位S股で1回目を発射、しかし姫のあまに溢れ続ける本気っぷりにそのまま駆り立てられるように攻めを続行、姫も自分も額に汗しながら絡み合います。ここでオプションの口内発射を頼んだ事を思い出ししばし攻守交替。しかし経験浅くペース配分もままならない姫なので(この勢いで何回戦もしたら身が持たないはず・・・)正直期待していなかったんですが、これがまた黒帯級の舌使と長年連れ添って自分のペースを完全に把握されているような緩急で,果てる直前のイィ所を持続させてくれます。このままでは精力使い果たしてしまう不安が頭をよぎり、またもやS上位S股に移行(ワンパターンすんません)2発目を発射して終了。プレイに没頭しすぎ時間が押してしまい,シャワーも丁寧に洗ってもらったものの、あまりトークする間もなく解散となりました。

 いや〜体の相性が合うってこんな感じなんでしょうね、精力使い果たした感はルックス満足度の遥か上を行く!今回は久々の大当たりでした〜。

姫 ★★★★★
 ルックスはこの店の平均だと下のほう、しかし攻め派の同士には絶対の自信を持ってお勧め出来ます。Fテクも申し分なしです。

店員 ★★★★★
 本日の方はマニュアル的ではなく丁寧にかつ心配りも良く出来ていました。しかし時間と日によって元気が良いだけで何も聞いちゃいない対応する方もいます注意されたし。

設備 ★★☆☆☆
 可も泣く不可もないチョイ設備が古めのホテルです。拘り派には店向かいの作り込みばっちりレンタルルームがお勧め!夜間利用で案内されます。

総合 ★★★☆☆
 価格相応に在籍姫のルックス、スタイルの平均値も高く都内を代表するイメクラ系列店と思います。

 (H20.10.18)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, Grundschule氏(H18.04.03), アードバーク氏(H19.05.01), ハッピーターン氏(H20.02.10), 岩盤息子氏(H20.05.17), u1氏(H20.09.06) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜