〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「湯房 源氏」(曙町)

by チローの大器氏


 みなさんこんばんは!今回で二回目の投稿となります「チローの大器」でございます。
 今回はレポ数の少ない地元のお店に突入したのでご報告させていただきます。

《お店データ》
店名:源氏
 http://www.yokohama-soap.com/2004/shop_page/genji.htm
種別:ソープ
価格:9995円(50分)より

《第1章》
 8月の某日、度重なる残業に心身ともに疲弊していたので、癒しを求めて夜中の23時半頃、福富町を徘徊しはじめました。次の給料日まであと二週間もあったので高級店は言うまでもなく、大衆店にいくのも抵抗があったので仕方なく曙町の源氏に行くことにしました。

《第2章》
 店の前に差し掛かると店員に呼び止められ、「待ってました」とばかりに初入店!!(多分声を掛けられなかったら素通りしていたはず…)さて、めでたく入店し写真を見て選ぼうと思ったら、選ぶまでもなく既に相手決まっていたかのように、ご対面させられました。

《姫データ》
名前:Mさん
年齢:45歳以上…。
体系:中年体型
点数:聞かないで

《第3章》
 〜ん、なわけで自分より確実に一回り以上年上のオバちゃまを相手にしなくてはならなくなった僕の心境は…。
 とは言え薄給の身の上で一万円を捨てるのはもったいないのでとりあえずキスしなけりゃ一応入れられる穴はあるわけだし…ってことで、とりあえず運に身を任せることにしました。
 ただ、やはり随所にオバちゃまっぽさがあるためオバちゃまの裸を見ても勃起する気配はなく、見るに見かねたオバちゃまが熟練したバッキュームフェラテクで半ダチ状態にしてくれたので一応○体しました。
 ピストンやグラインドをしてみるも、やはりキモチ良くありません。やはり熟女テクをもってしても僕の遅濡の壁を越えられないようです。こんな状況に見るに見かねて(本日二回目)、「多分イケないと思うよ!このままじゃ!」とりあえず手でしてあげるからイッちゃって!?」といい放たれました。
 しかし、流石はベテラン!!見切りが早い!!そう感じたので穴から半ダチのままの肉棒を抜きとり、着けていたゴムを外して、ローション手コキで一応フィニッシュしました。

《採点》
値段:安いです。
店員:オバちゃまをつけてくれたので…マイナス一億点
姫質:選べなかったので不明
満足度:できるか!?(#`ε´#)ボケ!!

 (H17.09.30)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に,裏鉢氏(H16.10.10) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜