〜日本ピンサロ研究会〜

ピンサロ「娘の部屋」(甲府)

by るねぱぱ氏


 9/21(火) 山梨サロン雷撃作戦E号

 夜の7時を過ぎてから、ホテルの人に繁華街の場所を聞いてさっそく出かける事にした。
 甲府市の繁華街は春日アベニューという通り沿いに広がっている。タイやフィリピンパブ、韓国式エステはあるものの、かんじんなピンクスポットは一軒もない。仕方がないので客待ちしているタクシーの運転手に聞くと、もう一つ奥の通りにソープやピンクがあるとの事。路地を通って移動すると、ソープが4軒、サロンが1軒あった。
 ソープのほうは60分20K、「娘のへや」というサロンは生尺で40分8K。他の店も覗いてみたかったので移動。路地に「ハニーハント」という店があるものの、まだ営業していない。他の路地に入ってみると、2階に「リッチドール」というサロンが。扉が閉まっていたのでノックすると、扉が開き客引き登場。サービス内容を確認すると8Kで生尺。後は女の子と直接交渉というややこしいものだった。ところが20歳の女の子のうち、ひとりが生休、もうひとりが体調不良でお休み。23歳の女の子は9時にならないと出勤しないらしい。「2時間も待てない」そう言うと、「知り合いのお店に女の子がいるかどうか聞いてみるから」そう言って携帯電話をかける。
 連れていかれたのは先程の「娘の部屋」。2階に上がり、料金を聞くと、14Kで大人のお付き合いができる事が判明。客引きは「うちは若い女の子ばかりだから」と誇らしげに言う。地方都市でこういう台詞を聞き、幾度となく悲惨な目に遭っているから信用できない。

 ウーロン茶を飲んで待っていると背後から声が。振り向くと20歳前後の若くてBBクラスの女の子がパンティの上に白のワイシャツ姿でスマイル。

 さて、プレイルームだが、パーテーションに仕切られた1畳ほどの部屋が4つ並んでいる。布団が敷きっぱなしになっていて、まるでちょんの間のよう。以前は3つあったのだが、2時間待ちするお客さんが出るようにな?4つに増設したらしい。
 全裸になり、布団の上に寝る。姫も全裸になる。推定Dカップのオッパイににんまり。ペニスをシュッ、シュッと霧吹きのようなモノで拭かれ。おしぼりでくるまれる。どうやらそれが消毒剤のようだ。
 姫はサオの根元とタマタマを丁寧に拭くと、生フェラ開始。これが豪快そのもので、物凄い勢いで啜る。どちらかというとねっとり系のフェラが好きな小生としてはちょっとがっかり。しかしあまり執拗に啜るので暴発寸前に。ここから反撃。
 Dキス、乳首舐め。あんあん喘ぎ、感度良好。クリちゃんを舐め、指マン。Gスポ擦る。あんまり気持ち良さそうだったので、特殊スマタに移行し、舌を絡めつつ発射。後始末してもらいつつ西川口の事を話すと「そんなに安いの?」と驚愕の面持ち。首都圏は競争が厳しいんだよと話すと、姫は納得した様子。

 一杯やるべく客引きに近くの居酒屋に連れていってもらう。やがて醜悪な面相をしたオトコが大量のきのこを持って遊びに来た。話してみると、なんと「ハニーハント」の客引き。この界隈に4軒、大人のお付き合いができる店がある事を教えてくれる。更に、バイパスのあたりに、同様なお店が相当数ある事も教えてくれた。次回チャレンジしたい。ちなみにオトコが帰った後でママが「ハニーハント」はおばちゃんばかりで、「娘のへや」や「リッチドール」は若いコしかいないと教えてくれた。ソープも若いコは少ないらしい。

ギャル質★★★「接客したコの他にもうひとり見たが、なかなかイケてた」
サービス★★★★「けっこうラブラブモードで楽しかったよん」
部屋「ちょんの間以下」
総合評価★★★「山梨でこのレベルと金額ならOKでしょう」

 埼玉支部 調査員 るねぱぱ (H16.09.25)

トップページへ

〜日本ピンサロ研究会〜