〜©日本ピンサロ研究会〜

ソープ「金の扉」(武雄温泉)

by 肉丸氏


 ども 肉丸です。

 さて 今回珍しい場所に立ち寄ることが出来たので、レポさせていただきます。

佐賀県 武雄温泉
「金の扉」
TEL 0954-23-8359
料金 60分18000円 延長最大30分 10分につき1000円 指名料 無料
延長が30分を超えると 1時間料金が追加されると姫が申しておりました。
つまり追加18000円がプラスされます。

今回90分 計21000円

 さて、前回の中洲の姫に情報を得て、佐賀県に武雄温泉なるものがあり、そこにはソープがあるらしいとの情報をゲットしたので休日を利用して武雄温泉に。
 ここ、ニッピンの佐賀県えろきよ氏のレポにもあるように、武雄温泉(たけおおんせん)と、嬉野温泉(うれしのおんせん)にもソープ街があるとの情報も姫からゲットしておいたのは いうまでもありませんw
 えろきよ氏のレポにもあるように愛敬町には 何軒かピンサロがあるようでしたが、せっかくこっちまで来たのだから、温泉もはいるかぁ・・・ってな狙いもありつつ、嬉野温泉よりは近い 武雄温泉(佐賀駅から25キロほど)まで足を伸ばしました。

 駅の近所に滞在してるため とりあえず電車でいってもいーのですが、なにせここの電車は終電は23時。一時間に多くて4本(特急2本 普通2本)ぐらいしかなく、電車の本数の少ない時には30分〜1時間は駅で待たねばならず、とてもじゃないけど足としては使いづらいので、今回は車で移動しました。
 佐賀駅から車で移動すること約1時間。別に混んでませんし、一本道のうえ信号も少ないのですが まわりがみんなぴっちり法定速度を守るため、20キロほどしか離れていないにもかかわらず、1時間も要したわけで・・・・w

 とりあえず武雄温泉駅についたのはナビの力ですが・・・さて ここからどうしたもんか?自分は通行人に「ソープランドってどこですか?」って聞けるほど豪快な人でもないので、どうしよーかなぁ?って考えること2分。ソープの近くには必ず飲み屋があるはずだ!しかも温泉町なんだから、かならず近所に温泉が密集してるはずっ!ってことで ナビで適当に駅近くで目標をしぼり・・・・ それっぽい箇所を3箇所ほど抜粋。

 1箇所目はずれwしかし雰囲気は見当はずれな感じでもなかったので、この路線に若干期待をよせて 第二ポイントへ。
 途中で竜宮城の様な、温泉宿を発見wどうも そのあたりが駅側のメインの温泉地帯のようです。
 と そこからちょっと離れたところに 商店街らしきものを発見。まぁ さびれまくってますが、道路が石畳なので商店街の名残なのでしょう(現地の人ほんとすんません汗)俺は車で行きましたが、駅から徒歩でも商店街までまっすぐ歩いてくれば10分もあればつく場所です。
 そこに おお!ネオンの看板を発見!しかも なんか怪しいですw
 まちがいないっ!と確信を持った俺ですが、いかんせんその辺一帯は駐車場がないw宿専用だったり、月ぎめだったり。山とかあって案外のんびりした風景にもかかわらず、コインパーキングの様なものが見当たらないw
 っと、その辺をぐるぐるまわり、ようやくコインパーキングを発見w車を突っ込んでおきます。そしてその怪しげな場所に戻るも・・・・えーっとぉ?2軒しかないんですがw隣り合わせに二軒のみ!w
 んー 選べるだけましなのか・・・それともどっちも地雷なのか・・・w

 今回 俺が行った店「金の扉」そのとなりの「アリス」この2軒しかございませんw
 姫の話では武雄温泉には他の場所に二軒の全部で四軒のソープがあるらしいですが・・・w

 ここの両店舗とも駐車場は完備ですw狙いを定めていく場合には駐車場の心配はいらないみたいですwが 俺は今回狙いを定めて来たわけではないので、突っ込む勇気はございませんw最悪逃げるのを想定しておりますので、車はやっぱりコインパーキングに入れておいて正解だなっと思ったしだいですw
 まぁそんな心配は要らぬ心配でして、両店舗とも悪徳ではなく、むしろ優良店だと思いますw

 さて とりあえず二軒しかないし、昼間だからか呼び込みもしてないので、とりあえずなんとなく「金の扉」に入ります。アリスさんにはお客の車がまったく無かったのでw金の扉からの帰り道には数台並んでましたがwでもその時は無難にお客の車のあるほうに入りますwまぁどのみち二軒しかないんだから料金設定も同じだろうし、どっちでも同じ。もしかしたら兄弟店の可能性も大だろうなっと思ってはいったのですが、料金設定は同じらしいのですが、兄弟店では無いみたいです(姫談)。

 さて、入り口は中の見えない自動ドア。とりあえず前に立てば開きます(あたりまえ)w
 開いてすぐに真正面がカウンター。意外にも歳の頃は40前後、爽やかな男前の店員氏が料金案内をしてくれます。「指名とか写真とか顔みせ(中洲ではあるらしい)とか無いのか?」と聞くと、「そういう類のものは一切ありませんが、気に入らなければキャンセルも可能です。いい娘つけますよ」との事なので、その言葉を信じるしかありません。二軒しかないので(くどいw)どっちの店のシステムも同じだろうってことで 料金も案外リーズナブルだし、とりあえず18000円渡します。

 カウンターの隣が待合室。ちょっとしたスナックみたいなつくりになってます。テーブル席が3つほど。各4人は座れます。カウンターもあり、カウンターには10人は座れます。広さは約15畳〜20畳。広いですw置きタバコもありました。待つこと5分。タバコ一本吸い終わるかどうかでご案内。

 階段の手前で姫が三つ指ついてお出迎えです。
 年齢見た目30前後、中肉中背。見た目問題なし。話のおもしろい姫で、よくしゃべります。
「あー これはしゃべり好き地雷か?」
っと不安がよぎりますが・・とりあえず階段を上がってトイレを拝借。設備は古いですが綺麗です。ちゃんと掃除されてました。

 さて、そのままお部屋にご案内。部屋はトイレ同様、設備は古いが掃除が出来てます。広さは風呂場をあわせて10畳程度。結構広いほうじゃないでしょうか?別に嫌な感じはしません。俺がトイレに行ってる間に、もうすでに風呂の湯を出してたらしく、ある程度溜まってます。
 とりあえず飲み物といわれましたので、喉も渇いていたのと久しぶりの休みだったのでビールを選択。そのまま風呂が溜まるまでしばし談笑。この姫、もともとスナックにも居たらしく、話は上手です。ビールも入り、まるでスナック気分です。あーやっぱりこのまま終わるか?と思いきや、ある程度でじゃぁお風呂へと先導されます。
 全身くまなく足の指の間まで洗ってもらいます。九州はどこでもそうなんでしょうか?チアガールの持ってるポンポンみたいなやつでちゃんと洗ってくれますwこの姫はお尻の方までちゃんと洗ってくれましたw
 洗い流したら湯船に先導されます。ここで歯磨き。終わったらちゃんと潜望鏡がついてました。その間もよくしゃべりますが、仕事はちゃんとこなしてますw
 そのままマットへ。まずは うつぶせから全身リップ。お尻まで丹念です。おっぱいの柔らかい姫でしたので、足の裏に当てられると非常に気持ちよかったです。次は表向けに。全身ちゃんとぼでぃでマッサージしてもらい、Fに。硬くなったところで、これまた俺がやばかったので、やばい宣言してGつけて姫が上にて○体。そこで一発終了。

 さて 軽く洗い流してもらって、マットの後片付け。ここでまたビールをもらいタバコを吸います。
「後10分だけどどうする?」と姫。
「んじゃとりあえず延長で」と俺。
「珍しい」と姫w
どうもここは年配の人が多いらしく、意外ときっちり60分で上がるらしく、延長なんてないんだそうですw
 んでまた 談笑しながら 今度はベッドで2回戦に。気づけば なんだかんだ話しながらだったから、20分ほど○体していたみたいで、時間が無いと言われますwので、姫が上でスパートをかけます。で終了。口は達者ですが、この姫きっちり仕事はこなしますw

 そのあと「ち○こ洗おうね♪」と言われざっと流してもらって、延長料金の3000円を姫に渡して、割引券も兼ねた名刺を貰って、玄関まで見送られてのばいばいです。次回からは7:00まで2000円引きだそうですが、7:00って朝か?っとふと思ったんですが・・・んなわきゃねーわなっと・・・どうかな?w

 以下総評です

〇設備:★★★☆☆
 古い感じはするけど、ちゃんと掃除してます。

〇店員:★★★☆☆
 ごくごく一般的なレベルの接客態度。可も無く不可もなく。

〇料金:★★★★★
 90分で21000円は安くないっすかね?これ。

〇姫:★★★★★
  しゃべりも楽しかったし、ちゃんと仕事もしてましたし。自分的には やせすぎた今風の女の子が苦手なので中肉でビジュアルに難がなかったのでとりあえず高得点w

〇総評:★★★★☆
 意外や意外。安いし、ちゃんとしたサービスも期待できるしで、いいんじゃないっすか?ここ。ただ残念なのはこれで温泉ならよかった。って、んな店ないかw 

 はじめ、見た目の印象から若干心配してたんですが、入ってみれば、安いしちゃんとしてました。今回の姫がアットホームな姫だったため和やかに過ごせました。ただGつきなので生派の人は残念かもです。姫によって違うのかもしれませんが、俺はG付のが安心できるのでこのシステムの方が好みですね。ちゃんと2回戦できましたし、ビールも二本いただきましたw
 ただ、料金体系が似てるのはこの地域4店舗のうちのここの2店舗だけで、残りの2店舗は今回の値段とは若干値段が違うようです。(姫談)行く前にご確認ください。また、まだ未レポなのですが、嬉野温泉の方が10店舗以上と規模は大きいようです。(姫談)

 (H18.09.14)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜