〜©日本ピンサロ研究会〜

調査報告「体験レポート統計(H30年)」

by 勝太郎氏


 明けましておめでとうございます。本年も会員諸氏並びに読者の皆様にとって、より良い風俗ライフを送ることができることを祈念しております。また、ご自身の身体あっての遊びです。健康に留意して調査活動に勤しんでいただければ幸いです。
 日本ピンサロ研究会は、昨年20周年を迎えました。これもひとえに皆様の投稿と日々更新されている会長の尽力あってこそ継続できるものであり、敬意を込めて掲載レポートの統計をまとめました。
 なお、2017年の上半期までは、調査部中央情報課より体験レポート統計をお届けしておりましたが、今回から事務局より報告いたします。

1.掲載概況

掲載総数国内レポート海外レポート会務報告研究ノート等投稿者数
20184,0833,73714412478544
20173,7353,43912011066554
20163,7243,45411910744589

 過去3年の掲載数です。2018年は、前年対比348件増となりました。投稿者数が減少しているものの総投稿数は大幅に増えたという状況です。
 投稿者544名の内訳は、前年対比増となった方416名、減となった方93名、前年同数35名でした。増のうち、2018年にデビューされた方は306名でした。また、2017年に投稿があった方で2018年ゼロとなった方は317名でした。
 国内レポートの内訳は、東日本本部1,907件、西日本本部1,830件と東高西低という傾向になりました。

2.支部別掲載件数

順位支部2018年2017年2016年順位支部2018年2017年2016年
1大阪支部491405364 16東北支部769973
2九州北支部354267369 17東京西支部689345
3愛知支部332334286 18栃木支部677174
4東京北支部311290250 18茨城支部677034
5北海道支部270268315 20中国支部6671118
6神奈川東支部266215326 21静岡支部571951
7東京中央支部181212245 22神奈川西支部405238
8東京南支部162155131 22岩手支部404939
9海外本部144120119 22甲信越支部402619
10九州南支部142118128 25青森支部393834
11埼玉支部1308271 26北陸支部342120
12千葉支部1277074 27近畿支部335961
13兵庫支部11711188 28群馬支部232640
14四国支部978849 29京都支部223239
15東海支部859873

 大阪支部が連覇達成です。上位10支部は安定して多数のレポートが掲載されています。都市部は強いということが窺えます。増加で注目すべきは、埼玉支部、千葉支部でしょうか。
 埼玉支部は、大宮が復活の気配を見せています。ソープを中心に前年14件から大きく増加しています。古参会員のSWEETY氏が支部長になられて復活されたことも増加の一因と思われます。
 千葉支部は、J・J氏、SDS.S氏、マツキヨ氏の加入が大きな要因だと思います。他にもシミパン支部長を始め、主要メンバーが揃っています。栄町は寂れてきた状況はありますが、栄町合同調査や船橋でも懇親会が合わせて6回行われ、千葉再生の一助となりました。
 また、S氏が活動を休止している静岡支部は、6月の浜松・静岡懇親会を機に、ホイホイ氏、風間真氏、まさかり氏が加入され、2017年の最下位から21位と大きく順位を上げました。
 減少で懸念されるのは、中国支部です。広島の件数が減少しているのも一因ですが、2016年の14地域から、2018年は5地域に減少したことも影響があったと思われます。
 ちなみに、2018年を都道府県単位で見ると、1位東京都(722件)、2位大阪府(491件)、3位愛知県(332件)、4位神奈川県(306件)、5位北海道(270件)となりました。

3.地域別掲載件数(29位まで)

順位地域2018年2017年2016年順位地域2018年2017年2016年
1梅田17611981 16宇都宮574743
2中洲15076165 18水戸503520
3吉原14912580 19函館495237
4すすきの121149188 19広島495175
5堀之内1194484 19札幌494049
6那覇976182 22仙台455451
7熊本938868 22谷町452617
8池袋8595118 22大宮451422
9大塚785547 25難波423531
10名古屋777262 26新宿395563
11栄町752527 27京橋383323
12日本橋648593 27383119
13福原636538 29名駅377456
14タイ・バンコク623417 29五反田375940
15曙町6191124 29錦糸町372530
16金津園576047 29納屋橋372219

 昨年3位の梅田が1位となり、すすきのが首位陥落です。梅田については、他にも要因はありますが、会員の中で人気店であるヒーローズ&ホテ全が単純に2017年の2倍となったことが要因の一つと言えるでしょう。大阪支部定例会もレポート増加の後押しをしています。
 吉原が2016年までは減少傾向が著しかったのですが、V字回復。他には、中洲、堀之内、栄町、那覇が大きく増えております。吉原、栄町、那覇については合同調査開催の効果があったでしょうか。堀之内については、大きく増えているのですが、2018年119件のうち、58件が1番サード俺氏ですので、同氏が出現しなかったらと考えると前年並みだったのかなという状況でした。
 減少の著しい地域は、曙町が2016年の124件から、61件と半減。表からは圏外になりましたが、鶯谷が2016年の70件から36件と大幅な減少となりました。

 また、当会は「日本ピンサロ研究会」と日本を冠しておりますが、海外本部がありますので国別に分類してみました。

順位地域2018年2017年2016年順位地域2018年2017年2016年
1タイ653520 9ロシア201
2ドイツ223330 9メキシコ200
3インドネシア13183 9スペイン210
3中共・マカオ1353 13マレーシア102
5中華民国677 13オーストラリア104
6中共・香港423 13オーストリア100
6フィリピン4211 13イギリス100
8韓国326 13パラオ100
9ラオス212 13ミャンマー122

 2018年にレポートが掲載された国をベースにしております。2016年、2017年にレポートが掲載され、2018年に無かった国は、アメリカ、ベトナム、中共、ニュージーランド、ベルギー、カンボジア、シンガポール、キューバ、スイス、オランダ、ブラジル、コスタリカ、コロンビア、エクアドルです。
 こうして見ると、タイが大きく件数を伸ばしています。2015年から4年連続のバンコク合同調査開催がようやく実を結んだ気がします。これも、まるひ29海外本部長の功績と言えるでしょう。また、国のバリエーションが増えるかどうかも、まるひ29氏の肩にかかっているかも知れません。

4.業種別掲載件数(2018年のみ)

順位業種件数順位業種件数
1デリヘル1,04928.1 10NHヘルス250.7
2ヘルス90924.3 11イメクラ120.3
3ソープ90224.1 12ビデオパブ70.2
4ピンサロ3489.3 13ビデオBOX40.1
5セクキャバ2085.6 13ストリップ40.1
6エステ972.6 15SMクラブ30.1
7小料理等691.8 16ドールデリ20.1
8デリエステ591.6 16ショーパブ20.1
9オナクラ361.0 18覗き部屋10.0

 国内レポートを業種別に集計しました。ヘルスは、箱ヘル及びホテヘル(店舗受付型)の合計です。小料理等については、言わずもがなですが、飛田新地やかんなみ街、スナック等の業態の合計となります。
 こうして見ると、日本ならではの選択肢の多さと言えます。海外を見てもこれだけ細分化された性風俗の業種はないでしょう。また、2017年の数字が無く比較できないので、増減が分かりませんが、デリヘルの増加、箱風俗の減少は時代の趨勢から仕方ないことかも知れません。
 なお、当会の名称にちなむピンサロは4位で9.3%となりました。この結果から、風俗研究会とかデリヘル研究会の方が適当ではないかという声があるかも知れませんが、当会HPのメッセージにこのような記載があります。(以下原文ママ)

【提言3】
日本「風俗」研究会の方が分かりやすいと思いますが?

たしかにうちのコンテンツの内容を見ていると風俗全般に渡っています。実際に「風俗」研究会の方がわかりやすいですよね。しかし,風俗の基本はピンサロであると思っています。それにピンサロ研究会という名称は「アジ」があると思いますし,これだけは守っていきたい・・・です。発足当初の名称をあえて使用したい,そう思っています。

5.店舗別掲載件数(2018年のみ10位まで)

順位店名場所件数業種
1ヒーローズ梅田24ホテヘル
2LUXURY堀之内16ソープ
3ホテルだョ!全員集合梅田15ホテヘル
3ラブ&ピース大宮15ソープ
5ラブ&ピース蕨店14ソープ
5THE RICH栄町14ソープ
5SELECTION堀之内14ソープ
5ドール中洲14ヘルス
52980円中洲14ヘルス
10CELEB堀之内13ソープ

 激安vsソープという感じですね。

6.投稿者別掲載件数(30位まで)

順位投稿者2018年2017年2016年順位投稿者2018年2017年2016年
1先走り二等兵氏12611158 14ホロホロ氏4870
21番サード俺氏11800 17マーシー氏4594111
3日村京介氏102127132 18たいらの漬盛氏442621
4筒井氏9064101 19不死鳥氏422929
5風船工場長氏825450 20とも氏404234
6勝太郎氏805660 21ぴんてーぷ氏375041
7かづ氏62620 21ヤン氏374265
8J・J氏5800 21ばーじる氏37281
9ベリンダ氏578882 21sin氏37416
9改正遺失物法氏576570 25ゆうすけ氏363442
11ミニクロ氏534031 25はまバブル氏363028
12弥生庁長官氏514541 27ゴンチ氏35136
13アローゼン氏494732 28ヤマヤマ氏325233
14古賀氏484815 29米研ぎ水車氏29300
14えせ男爵氏484247 30SDS.D氏2890

 会長のレポート掲載数については、当会の最高機密事項になりますので、この表には含まれておりません。どうしても会長の掲載数が知りたい方は、合同調査等で聞いてみてください。ひょっとすると口を滑らせるかも知れません。
 そんなワケで、先走り二等兵氏が堂々の1位です。しかも昨年に続いて、100件超えとなりました。また、3位に甘んじましたが、日村京介氏は、4年連続100件超えという偉業を成し遂げました。

 ここで、唐突ですが、事務局長Presents ”日ピンAWARD2018”開催です!(非公認のため事務局長の独断と偏見によります)

【最優秀賞-MVP-】
 受賞者は、日村京介氏、先走り二等兵氏です。
 両名は、件数もトップクラスですが、合同調査、懇親会にも多数参加され、2018年の当会の活動に大きく貢献されました。
 また、日村京介氏のレポートは、BOOWYの歌詞に乗せて軽快なタッチで書かれていて、ファンが多いことも受賞理由であります。一方、先走り二等兵氏は、愛知を中心にアグレッシブな調査をされた他、地域の風俗概況等の研究ノートを14件も報告されるなど、活発な活動をされました。

【最優秀新人賞】
 受賞者は、J・J氏です。
 件数もさることながら、東京、千葉の合同調査、懇親会に積極的に参加され、千葉栄町合同調査では、主務のぴんてーぷ氏を補佐され、翌日の合同調査もアテンドしていただきました。今後の活躍が期待される方です。

【特別功労賞】
 受賞者は、ゆうすけメンバーです。
 大阪を預かる男と自称し、大阪支部のV2に貢献されたばかりでなく、大阪を訪れる会員さんの迎撃を多数していただきました。また、大阪定例会の執行部として、大阪近郊の会員諸氏の信頼を集めています。しかし、メンバー化したゆうすけ氏を介助する不死鳥氏の貢献も見逃せません。影の功労賞は不死鳥氏かも知れません。最後に一言、「預けてねーよ!」(このツッコミが嬉しいらしいです)

 以上、日ピンAWARD2018でした。

 下の表は、個人別掲載件数を7つに区分した、それぞれの人数です。

100件以上99〜75件74〜50件49〜25件24〜10件9〜5件4〜1件
2018435256276369
2017328235661401
2016327176881411

 1年は、52週しかありません。週イチで調査したとしても50件前後になるので、普通に考えれば、週イチでも多いのだと思います。上の表に示すとおり、ここ3年、50件以上の投稿者は、12名ほどです。率にして、2.2%でしかありません。件数が多いのは凄いと思いますが、それよりも月イチでも年イチでもいいので、息の長い活動をしていただければいいのかなと、上の表を見て率直に思いました。
 また、「1.掲載概況」に書きましたが、306名がデビューして、317名が引退又は休止しています。新陳代謝と言えるかも知れませんが、それぞれ事情があるとはいえ、風俗好き同志として寂しさを覚えます。

7.まとめ
 西日本本部御用納式の事前調査後、らきさんと日本橋のたこ焼き屋でプレ飲みしていた時に統計をやると言うと、にこやかに「数字だけでなく考察を楽しみにしてますよ」とプレッシャーをかけていただきましたので、少し頑張りました。
 本集計は、ランキング形式でまとめましたが、競争を煽るつもりはありませんし、妙な使命感を持ってもらいたいということではありません。あくまでも結果として「ああそうなんだ」程度に見てください。レポートのための調査は本末転倒だと思いますし、調査には貴重な費用と時間がかかります。遊べる時に遊びたいから遊ぶ、そして余裕があればレポートを書く。そんな風に考えていただけたらと思います。
 今後とも、よろしくお願いします。

 事務局長 勝太郎 (H31.01.07)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜